menu
Social media

ビジネス

【キャリア】試用期間中にM&A。その時どうする?

Cover a56283bb 127b 4594 8d03 51d75290a6f3
※画像はイメージです

誌上カウンセリングPart2

Bさん 女性 20代後半 商業施設運営会社 企画

相談内容「試用期間中に会社が買収されてしまった!!」

 Bさんは、大手グループ企業の商業施設運営子会社に3カ月前に転職。テナント企画などの管理運営を担当している。試用期間が終わったばかりのある日、突然メールで「本社集合」の連絡を受ける。本社の会議室に行ってみると、全社員が集まり「会社が買収されました」と事後報告が。部長クラスも知らされなかった突然の発表にBさんは驚き、これからどうなるのか不安で、どうしてよいかわからない。

キャリア・コンサルタント(以下、CC):「会社が買収されると聞いて、どう思いましたか?」

Bさん:「とても信じられません。試用期間中にまさか会社が買収されるとは思いませんでした。転職を決めた理由のひとつに、大手グループだから安心というイメージがありましたから…。これからどうなってしまうのか…」

CC:「突然のことで不安ですよね…。Bさんのおっしゃる不安とは、どのようなものですか?」

Bさん:「そうですね…、安心して長く勤められるかどうかという点でしょうか。前職の在籍期間が短く、今度こそ長く勤めたいという気持ちが強かったので」

CC:「長く勤めることが安心につながるのですね。入社当時は長く勤めることでどうなりたかったのでしょうか?」

Bさん:「前職では業界の事情はつかめたものの、小さい会社でしたからどんな仕事もするなんでも屋だったんです。だから大手に転職し、安心して長く働ける環境下で着実にスキルを身に付けたかったのですが…。こんなことになってショックです。社長は代々親会社からの出向者が就任する決まりなのですが、買収の報告をした後、「では私はこれで」とあっさり退任され、親会社に戻られました。残された社員の多くが親会社から見捨てられたと感じているようで、社内の雰囲気も騒然としており、みな悪い方にばかり考えています」

キャリア・ライフ

NEXT STORY

【M&Aインサイト】補償条項に関する近時の動向

【M&Aインサイト】補償条項に関する近時の動向

企業買収に際し、売主・買主間で締結される株式譲渡契約については、米国におけるM&A実務等を参考にした一般的な枠組みが存在するが、近時、課税関係に配慮して補償条項を作成するという実務も定着しつつある。いくつか例をみてみよう。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344