menu
Social media

ビジネス

採用活動から推測する 合併した企業への入り時は、いつか?

Cover 18a5979d b5ea 4360 97aa 9a058c4c8fb8

今日では一定の規模の企業であれば、創業以来一度もM&Aに関係したことがない企業の方が珍しくなった。M&Aをしたばかりの会社への入社・転職を考えているという方もいるだろう。しかしM&A後に新会社が軌道に乗るまで、経営方針や業務内容、職場のルールが変わったり、異動や退職が普段より活発になるなど不安定な時期がある。会社がどのような状態にあるかを外部から正確に知ることは難しいが、企業の採用活動からある程度推測することができるので、それを紹介したい。

Aさんのケース

 メーカーの営業部に勤務するAさんは、人材紹介会社からX社を紹介された。X社は半年前に日系大手メーカー2社から類似事業が独立し対等合併してできたばかりの会社である。2社とも急激な業績悪化の中で合併前に大規模な人員整理を行っており、AさんはX社の第二創業期に参画するつもりで入社を決めた。ところがその後一年もしないうちに事業が下降し始め、大規模な人員整理が必要となった。Aさんはその対象にはならなかったが、大幅な給与カットと慣れない仕事への異動を命じられた。

 入社・転職する側から見れば、採用を行っている会社の経営状況が悪い、ということはあまり想像しないのではないだろうか。人は新天地を理想化しがちである。しかしAさんのような不幸な転職もある。

M&A後の採用パターン

 M&Aでは二社が一緒になることで機能が重複する部署が生じたり、意思決定に携わる階層が膨らんだり、人員過剰状態になる瞬間がある。そこで一時的に人員の再配置や人員整理の必要が生じることがある。企業の採用活動はこうした調整が一段落して再び成長軌道に乗った時に行われるのが普通だ。ところが中には、採用を行う一方で退職やリストラが並行して行われるケースもある。企業が採用を行う背景を知ることは、入社・転職のタイミングを知る上で重要だ。

例えば採用には次のようなパターンがある。

   ①新会社としてのアイデンティティー・企業風土をつくるための採用
   ②M&A後の事業拡大による純粋な増員
   ③欠員補充のための採用
   ④社内には必要なスキルと経験を持った社員がいないために行う採用

 上記の①では新卒や第二新卒、若手を対象とした採用が行われる。新会社へのアイデンティティーや新会社としての考え方・やり方を吸収しやすい若い社員を増やしていくことで、世代交代を進める。こうした目的の採用を行う企業は明らかに新会社としてテイクオフしたといえる。

キャリア・ライフ

NEXT STORY

 【MERCERコンサルタントコラム】 デューデリジェンス期間における人事関連タスクの重要性 グローバルM&Aコンサルティング シニア コンサルタント 木村 真子氏

【MERCERコンサルタントコラム】 デューデリジェンス期間における人事関連タスクの重要性 グローバルM&Aコンサルティング シニア コンサルタント 木村 真子氏

日 本企業によるM&Aの増加に伴い、デューデリジェンス(DD)の実施もすっかり一般的になった。DDを実施せずにM&Aに望む日本企業は まずない、といってよいだろう。一方で、組織・人事DDの重要性がまだ十分に認識されていないケースも、一部で見受けられる。本稿では、組織・人事DDの 重要性の再確認と、DDからサイニングまでの期間に実施する経営者リテンションのポイント整理についてグローバルM&Aコ...


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544