ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

ドコモの格安「ahamo」に乗り換えて「良い人」「悪い人」

alt

乗り換えてもメリットがないユーザー

スマホユーザーの大半は月間データ使用量が1〜3GB前後といわれる。だから「格安スマホ」と呼ばれるMVNO(仮想移動体通信事業者)は、このあたりの料金を低く抑えている。つまり平均的な格安スマホユーザーにとっては、ahamoといえど料金面でのメリットが小さい。

例えばMVNO大手の日本通信<9424>が提供する「990ジャストフィットSIM」の月額料金は通信容量1GBで990円、3GBでも1290円と、ahamoの半額以下だ。

IIJとmineoもドコモ回線の場合、音声通話とSMS(ショートメッセージサービス)が可能なプランで月額料金は3GBが1600円。音声通話とSMSを利用しないデータ通信専用SIMなら、両社とも3GBが900円で済む。

こうした平均的なデータ容量しか使わない格安スマホユーザーにとっては、20GBというahamoの通信容量は「宝の持ち腐れ」となる。低料金のMVNO契約を続ける方が得策だ。

「様子見」した方が良いユーザー

すでにahamoの先行予約は始まっているが、au(KDDI)<9433>やソフトバンク<9434>、楽天モバイルなど競合キャリア(自前の通信網を持つ通信会社)と契約しているユーザーには、しばらくの様子見を強くお勧めする。

キャリアの料金は基本的に横並びで、しかも政府が「キャリアブランドによる値下げ」を強く要請している状況下では必ず追随してくる。最低でもahamoと同等の料金と内容になるはずだ。とりわけ「通信料金の価格破壊」を提唱してきた楽天モバイルは、もっと「お得なプラン」を打ち出す可能性が高い。

ahamoのサービス開始は2021年3月なので来春以降に新規契約や新回線を追加するユーザーも、これら競合キャリアのプランが出そろうサービス開始の直前まで待った方が良いだろう。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

ドコモの格安プランはMVNOつぶしにあらず!「敵は楽天にあり」

ドコモの格安プランはMVNOつぶしにあらず!「敵は楽天にあり」

2020-12-06

NTTドコモが通信容量20GBで月額2980円という格安料金プラン「ahamo」を2021年3月から提供すると発表した。格安スマホサービスと呼ばれるMVNOよりも格安という価格破壊料金だ。ドコモの狙いは「MVNOつぶし」なのか?それとも…。

関連のM&A速報