M&Aを行えば現金が手元に残る

 M&Aを行えば手元に残るのは現金です。現金は配ってしまえばいいので、もめごとになりにくいのです。会社譲渡により10億円手に入ったなら、それをみんなで分けてしまえばいいのです。会社の経営は、譲渡先のやる気のある上場企業などにまかせてしまった方が、ふさわしくない人が経営者になるより持続的な成長が望める場合も少なくありません。M&Aであれば、従業員の雇用も保証されます。成長のチャンスが大きくなるのであれば、従業員の意欲も高まり誰も不幸にならないわけです。

 私のクライアントの中にもM&Aにより会社を譲渡したオーナー経営者が多数います。その声を聞くと、後悔している人はいません。個人保証から解放されてほっとしている人が多い。さらに、子どもや家族が相続でいがみあうこともなく、手元に現金を残すこともできます。まさにハッピーリタイアをしている人は少なくありません。勿論、会社は継続発展しています。

回答者:税理士・本郷 尚/編集:M&A Online編集部

関連記事
■第1回:そろそろ事業承継や相続のことを考えたほうがいい?
■第2回:息子に会社を譲る以外にどんな方法がありますか。
■第3回:相続税を節税するために、利益を減らして自社の株価を下げる対策をしたほうがいい?

著書紹介『こころの相続 幸せをつかむ45話』(言視舎刊)

相続は子の権利ではなく、親からのギフト――。実際のケースを多数見てきた本郷氏が読む者に語りかける相続のツボ。相続に直面した家族に何が起こり、どう決断し、その後の人生をどのように歩んでいったのか? テクニックに頼る相続本とは違い、「自分だけではなく家族も幸せになる」アイデアを満載した一冊。
著書概要・購入はこちらから http://www.tactnet.com/publication/book35.html