ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

わらしべ戦略でボーダフォンを買収した孫社長の『10倍速』目標達成術

alt

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。M&Aに関するものはもちろん、日々の仕事術や経済ニュースを読み解く知識として役立つ本も紹介する。

 「孫正義社長に学んだ『10倍速』目標達成術」

孫正義社長に学んだ「10倍速」目標達成術

今では誰もが知る通信事業会社、ソフトバンク。だが、30数年前は、ITベンチャー企業の一つにすぎなかった。

ADSL事業への参入を足掛かりに、十数年足らずで日本を代表する企業となった急成長の裏には、孫正義社長の最短最速の目標達成術があったという。

本書は、そんなソフトバンク急成長期に孫社長の秘書・社長室長として約8年間携わった著者による1冊。自らも実践してきたという、3つの基本戦略をはじめ、その目標達成術を余すところなく紹介している。

ソフトバンクが数々のM&Aを行ってきたのも、そうした目標達成の戦略に基づいたものであることがうかがえる。

わらしべ戦略ーボーダフォン買収へ

1つ事例を紹介しよう。紹介されている目標達成の基本戦略に「わらしべ戦略」というものがある。文字どおり、わらしべ長者のように、一見すると価値のないように見える“わら”を、別の何かと交換するたびにその価値を大きくし、最終的には本当に欲しかったものを手に入れるというものだ。

ソフトバンクにとっての“わら”は、手間やコストがかかるわりに儲からないADSL事業だった。誰もがやりたがらない事業だったからこそ、競合会社も少なく、500万人の加入者を一気に獲得。その3年後には、この“わら”で固定電話事業者の日本テレコムを買収する。日本テレコムにも500万人の既存ユーザーがいたので、これで一気に顧客数は倍増したのだ。そして、その2年後、これをボーダフォン日本法人買収へとつなげていく。

「わらしべ戦略」は、直接大きな目的や目標を達成しようとするのではなく、小さな目標である中間ゴールをいくつも置いて、確実に達成していくこと。一見、回り道のように見えても、それが最速となるとは、まさに「急がば回れ」だ。

このほかに紹介されている「ナンバーワン戦略」や「くじ箱戦略」といった基本戦略は、ビジネスだけでなく、「海外で暮らしたい」「カフェを開きたい」「理想の相手と巡り会いたい」といった、さまざまな目標達成にも応用ができるという。

時間には限りがあるだけに、このノウハウは一読しておいて損はないはずだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

ソフトバンクが巨額買収に乗り切れる理由

ソフトバンクが巨額買収に乗り切れる理由

2016/11/07

ソフトバンクが3.3兆円という巨額買収によってARMホールディングスを買収しました。この買収は、IFRSを適用しているソフトバンクだからこそできる大勝負ということになります。今回は公認会計士のコラムをご紹介します。

関連のM&Aニュース