Web3.0とDAO|ブロックチェーンについて解説

alt

ビズサプリの三木です。

私は以前、日本公認会計士協会の東京会というところで、当時出始めであったブロックチェーンの研究に関わっていたことがあります。その際、ブロックチェーンは社会インフラになっていく可能性を感じる一方で、初めて耳にしたDAO(Decentralized Autonomous Organization)という考え方については「こんなの、実用できるのかなあ!?」と感じた記憶があります。

時代は変わり、ブロックチェーンは想像通り徐々に浸透し、Web3.0という新世代のインターネットが考案されつつあります。その中でDAOについても再びニュース等で耳にすることが出てきました。今日はWeb3.0やDAOについて、できるだけ簡単に考え方をご紹介していきます。

1.Web3.0とは

いま私たちが普段使っているインターネットは、Web2.0と呼ばれています。

少し前のインターネットであるWeb1.0では情報の流れが一方的(提供側はウェブサイトを作る、読み手はそれを読む)でした。それに対し、ツイッターやインスタグラムのフォロー、いいねボタン、視聴者側からの投稿やスーパーチャットの投げ銭機能など、双方向でのやり取りがなされるようになったものをWeb2.0と呼んでいます。

Web2.0は便利で楽しく、SNSを中心に新たなコミュニケーションの場として定着していますが、その裏で問題となっているのが巨大プラットフォーマーによる支配です。巨大プラットフォーマーの管理下で双方向のコミュニケーションを実現しているため、「管理者には悪意はない」「管理者はミスをしない」といったことが安全性の前提となっており、そこを担保するために膨大な法対応、セキュリティ対応を必要としています。

それだけでなく、巨大プラットフォーマーを擁した国が個人情報を独占し国際世論を動かしてしまうことや、国際課税の問題など、政治経済や安全保障の面でも課題が出てきています。

このようなWeb2.0に関わる問題意識から構想されたのがWeb3.0です。簡単に言えば特定の管理者を置かず、分散管理によって個人情報保護や情報の改ざん防止、本人確認を実現していく構想です。

そんなことが可能なのか・・・という疑問はあると思いますが、この構想に必要な技術やアイデアを与えたのがブロックチェーンです。Web3.0により個人情報の保護や改ざん防止がプラットフォーマーの手を介することなく実現できるようになることが期待されています。

三木 孝則

株式会社ビズサプリ CEO 公認会計士
学歴:1998年 東京大学経済学部経営学科卒業
職歴:1997年10月より青山監査法人に5年勤務。多様な業種(製造業、サービス業、ホテル業、保険業等)における財務諸表監査(日本基準、米国基準、IAS(現IFRS)等)を経験する。
その他、システム監査やデューデリジェンスにも従事。 その後、2003年1月から監査法人トーマツに転職し、エンタープライズリスクサービス部にて7年9カ月勤務。国内外の企業の内部監査や内部統制の導入コンサルティングやコソーシング、リスクマネジメント、システムに関わる業務改善等に主任として従事。また、一連のテーマに関する社内外のセミナー講師や機関紙の執筆等に関わる。専門家としてのコンサルテーションのみならず、複雑な環境下でのプロジェクトマネジメントや改善策の導入支援に強みを持つ。
2010年10月より独立し、株式会社ビズサプリを設立。IFRS導入支援やIPO支援等のコンサルティングを展開しつつ、現在に至る。
資格:公認会計士、公認内部監査人(CIA)、公認情報システム監査人(CISA)、TOEIC900点
著書:•統制環境読本(翔泳社)•IFRS決算書分析術(阪急コミュニケーションズ)•ビジネスモデル分析術(阪急コミュニケーションズ)


NEXT STORY

前澤(ZOZO元社長)氏が資金を提供 新しいブロックチェーンサービスの開発も

前澤(ZOZO元社長)氏が資金を提供 新しいブロックチェーンサービスの開発も

2021-08-04

ブロックチェーン関連事業を展開するHashPortは2021年8月3日、衣料品通販サイトを運営するZOZOの元社長である前澤友作氏を引受先とし、総額約4億8000万円の資金調達を実施したと発表した。