ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

難しすぎるM&Aクイズ(第2回)

alt
それほど難問でもないかな…

M&A Onlineは2015年7月のサイト開設以来、M&Aを基軸とした法務・財務などの実務情報を充実させるとともに、広範な読者ニーズに対応するため、経済・産業や企業の動きを独自の視点で発信しています。

 2020年7月に開設5周年を迎えるにあたり、日頃の感謝を込めて、「月間350万PV達成記念&サイト開設5周年記念キャンペーン」を実施中です。

M&A件数当てクイズ
応募はこちらから

キャンペーンに連動して、難しいM&Aクイズを作問してみました。今回は「株式価値評価」の分野から出題です。是非チャレンジしてみてください。

問題

株式価値評価において加重平均資本コスト(WACC)を算出する際に、マイルス・エッツェル式(ME公式)を採用する場合、
類似会社βのリレバー計算は

となる。〇か×か答えよ

(解答・解説は次ページ)

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

M&Aスキームの一つ「株式譲渡」の一般的プロセス

M&Aスキームの一つ「株式譲渡」の一般的プロセス

2020-05-07

M&Aには様々なスキーム(手法)がありますが、中小企業などのM&Aで最も多く利用されているのは、メリットが多く相性のよい「株式譲渡」です。 以下、株式譲渡を中心にM&Aの一般的なプロセスについて見ていきます。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5