menu
Social media

ビジネス

【こっそり学ぶプログラミング言語】Android開発言語のKotlin

Cover e0a19bee b066 4fd2 9b00 ec6597f3f0e5

Androidの開発言語と買収事例

2017年5月にAndroidアプリ開発公式言語としてKotlin(コトリン)が採用され、Javaに続く公式言語となりました。KotlinはJavaに比べて書きやすくエラーを回避しやすいため、Android開発の主流がJavaからKotlinへと移りつつあります。

今回はAndroidに関する買収事例と、その開発言語であるKotlinについて説明します。

# Androidに関する買収事例

## Google(グーグル)がAndroid(アンドロイド)社を買収

Androidは、Googleが提供するスマートフォンOSとして私達の生活に溶け込んでいます。実はこのAndroid、Googleが企業買収で手に入れた技術です。2003年に設立されたAndroid社を2005年にGoogleが買収しました。Android社は、携帯電話向けソフトウェアプラットフォームを開発していた会社です。その後2008年10月にAndroid搭載端末が発売されました。これはiPhone発売(2007年6月)の1年後のことです。

## Androidアプリの買収事例

GoogleがAndroidアプリの開発会社を買収することも多いようです。いくつか例をあげます。

2013年にカーナビアプリWaze(https://www.waze.com/ja/)を9億6600万ドルで買収。Wazeはドライバー同士が渋滞情報等を共有するアプリです。最近はWazeCARPOOLという相乗り機能サービスも始めたようです。日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では人気のようです。

2013年にBump Technologiesを買収。Bump Technologiesはデータ共有アプリBump、写真共有アプリFlockを開発した会社です。スマートフォン同士をコツンとぶつけることで連絡先を交換するBumpは日本でも流行しました。しかしBump、Flockとも買収の翌年2014年サービス終了しています。

2014年Bitspinを買収。Bitspinはアラーム時計アプリTimelyの開発元です。Timelyは複数の端末でアラームを管理できるアプリです。便利さとUIの美しさで人気です。

このようにGoogleが企業買収でアプリを傘下におさめることは、多いのです。

# 開発言語はJavaからKotlinへ

##Androidの公式開発言語について

Androidの公式開発言語は2017年10月現在2つあります。それが「Java」と「Kotlin」です。Kotlinは2017年5月に公式言語となったばかりのプログラミング言語です。新しい言語ですので、プログラマーでない方には馴染みがないのではないでしょうか。

こっそり学ぶシリーズ

NEXT STORY

【まとめ】2017年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

2017年7月-9月に発表された国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c