SEはなんでMacユーザーが多いのか

編集者からの素朴な疑問として、「SEはなんでMacユーザーが多いのか」と聞かれました。

実は筆者は、プログラムを始めてから何度か同じ質問を受けたことがあります。みなさん気になるのでしょうね。なので今回はこの質問にお答えいたします。

プログラマーがMacを選ぶのは、プログラミングしやすい環境だから、ハードウェアが使いやすいから、iPhoneアプリ開発ができるからという理由が思い当たります。また、Macを使うプログラマーが増えると、プログラミング入門者は教えてもらいやすいのでMacを選ぶということが多いのではないでしょうか。とはいえ、最終的には用途や好みで選ぶことになり、優劣をつけられるものではなさそうです。

参考までに、IDCの調査結果によるとAppleのPCシェアは7.2%で世界4位(4Q18(2018年第4半期))。シェアトップはLenovoの24.6%です。

IDCによる世界規模の出荷台数調査
[世界のPC出荷台数、第4四半期は減少--IDCとガートナーの両調査で - ZDNet Japan]

この、プログラマーにMacユーザーが多い問題について、もう少し丁寧に説明してみます。また、Windows PC市場にてLenovoが事業買収によりシェアを大きく伸ばした事例を紹介します。

Macを使うプログラマーは本当に多いのか

統計をとったわけではないのですが、筆者の感覚としてMacを使うプログラマーは多いです。

筆者は2015年から50回以上の勉強会を主催して、1,000人以上のエンジニアとお会いしています。そこでの体感としては、先程引用したAppleの世界PCシェア7.2%という数字よりも多い割合で、プログラマーはMacを使っています。

ではIT勉強会でのMacシェアはどれほどかというと、年によって変遷があるように思います。

正しく計測したわけではありませんが、2015年はMacが多く、8割を超えていたと記憶しています。その後一時期MicrosoftのSurfaceユーザーが増えはじめました。今思うと、Windows10とSurface Pro3が出たあたりだったかもしれません。今ではMacユーザーが6割くらいでしょうか。

このように、プログラマーがプログラミングをする際はMacが多いと思います。

ただし例外があって、以下のパターンではMacは使われていないようです。

・ゲーム用デスクトップPC
・ビットコイン等の仮想通貨のマイニング
・自宅サーバー

このようにプログラマーは、プログラミング以外の用途ではMac以外のPCを使うことが多いようです。

プログラマーはなぜプログラミングの際にMacを選ぶ傾向があるのでしょうか。