人気アプリ開発者の鶏肋さんのコラムです。今回は「Perl(パール)」というプログラミング言語について解説していただきました。

## Perlの特徴

### ウェブサービスの開発に適したスクリプト言語である

Perlは、以前ご紹介したRubyやPython、PHPと同じ「スクリプト言語」に分類されます。スクリプト言語の定義は曖昧ですが、「短いプログラムを簡単に書ける」とひとまずは考えて頂いてよいと思います。

初心者が入門しやすい言語の一つであるほかに、RubyやPython、PHPのようにウェブサービスの開発によく用いられる言語です。

各言語の登場時期は以下の通りで、上述の言語の中ではPerlが歴史的にはもっとも古い言語です。一方でPython・Ruby・PHPは、Perlの影響を受けて作られた言語であり、ある意味Perlを改良した特徴を持っているといえます。

○主なスクリプト言語の開発年表

言語名開発者
1987年Perlラリー・ウォール
1990年Python(→記事はこちらグイド・ヴァンロッサム
1993年Ruby(→記事はこちらまつもとゆきひろ
1995年Java(→記事はこちらサン・マイクロシステムズ
1995年PHP(→記事はこちらラスマス・ラードフ

2015年に「Perl 6(パールシックス)」がリリースされましたが、それまでのPerl (Perl 5以前)とは互換性のない別言語ですので注意しましょう。Perl 6は、残念ながらさほど普及していないようです(2018年現在)。

後発の言語に大きな影響を与えたPerlですが、近年ではウェブ開発での利用率が下がっています。Perlの人気が低下した理由とは、何でしょうか?