ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

“大人起業家”が考える「成功するスタートアップ」 プロトスター株式会社・栗島祐介CCO

alt

日本橋を“大人起業家”の拠点に

プロトスターとしては、今後の事業展開をどのように考えているのか。「いま、街ごとつくっているんですよ」と、事業展開の1つを紹介してくれた。

「31VENTURES Clipニホンバシ」を拠点に大人起業家の街へ。

プロトスターは三井不動産<8801>が開発した「31VENTURES Clipニホンバシ」というスタートアップの拠点に本社を置いている。そこで、三井不動産の全面支援を受けて「E.A.S.T.構想」という事業を始めた。E.A.S.T.とは、「東」という意味とともに「Empowering Ambitious Startups in Tokyo」の略でもあり、日本橋をはじめとした東京の東側エリアを中心に、野心的なベンチャーを勇気づけ、力を発揮してもらうという意味が込められている。

「渋谷がサンフランシスコ・エリアなら、日本橋がニューヨーク・エリア。サンフランシスコもニューヨークも起業家・事業家の数は拮抗しています。そこで、渋谷が若手起業家の集まる街なら、日本橋は大人起業家の集まる街にしようという構想ですね。大人起業家とは、B to Bの領域で起業する産業的には古い領域の起業家。製造とか宇宙、ロボティクス、教育、不動産。そうした領域に最先端の技術を応用して起業し、産業構造を変えていけるようなミドルエイジの起業家が集積する街にしたいと考えています」

M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

エンジニア出身の起業家が陥りがちな残念なプレゼン

エンジニア出身の起業家が陥りがちな残念なプレゼン

2018/11/08

起業家のプレゼンレベルが上がっている。これは間違いなく日本のスタートアップエコ体系の確かな前進といってよいだろう。しかし今でもごくまれに残念なプレゼンと出会うことがある。彼らの共通点は・・・