ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

“大人起業家”が考える「成功するスタートアップ」 プロトスター株式会社・栗島祐介CCO

alt

VC経験で感じた日本の起業家支援の貧弱さ

プロトスター自身も創業は2016年というから、業歴そのものは他のスタートアップ系の企業と変わりはないと言うこともできる。では、なぜ、いまこのような立ち位置にいることができるのか。

栗島氏はかつて、上場企業の創業者とともにVC(ベンチャーキャピタル)を作り、アクセラレータプログラムの運営も行っていた。その際に、起業家たちと一緒に住む等、日本中の起業家・投資家とのネットワークを構築していた。そのように、投資やベンチャーの起業・育成・連携といった対応に豊富な実績があったのである。

「その頃、日本の起業家支援は貧弱だと率直に思いました。ウェブ領域は充実してきました。ところが、産業的に困難な領域、俗にいうハードテック領域、たとえば宇宙開発やロボティクス、自動車、ファッションなどの起業家支援はホントに遅れている。ここに“尖ったコンセプト”でコミュニティをつくってみようというのが、いまの事業の発端です」

実際、やってみると、自分たち以外のプレイヤーがいない状態だった。だからだろう、しばらくすると、最先端の起業家・事業家・投資家が集まるようになった。

「国内で会えない人はほとんどいない状態です。最先端の人がすべてリアルにつながるようになりました。それをウェブ、オンラインの上に載せて展開しているのが、現在の事業(国内最大の起業家・投資家のコミュニケーションサービスStartupList)ということもできます」

栗島氏は、「現在の事業があるのも、ウェブのおかげ」と正直に語る。すべてのモノの限界費用がゼロに近づくと、ポジショニングを間違えなければ誰にもチャンスが訪れる。ネットワークが可視化できる点で、SNSの貢献も大きい。個人が受けるそれらの効果が、大手企業に張り合えるくらいの状況になっている。ほんの10年前、20年前にやっていた人海戦術での顧客開拓といったことが、太古の昔の方法だと思えるような時代になっている。

NEXT STORY

エンジニア出身の起業家が陥りがちな残念なプレゼン

エンジニア出身の起業家が陥りがちな残念なプレゼン

2018/11/08

起業家のプレゼンレベルが上がっている。これは間違いなく日本のスタートアップエコ体系の確かな前進といってよいだろう。しかし今でもごくまれに残念なプレゼンと出会うことがある。彼らの共通点は・・・