安倍元首相「国葬」2億円超は確実、では「社葬」はいくらかかる

alt
社葬にかかる費用はいくら?(Photo By Reuters)

安倍晋三元首相の国葬が9月27日に開かれることになった。政府は国葬にかかる経費について「物価情勢や新型コロナウイルス対策費なども勘案しながら、真に必要な経費となるよう努める」(松野博一官房長官)と述べるに留まり、予算は未確定だ。

トップ企業の社葬費用でも政治家合同葬の3分の1以下

2020年に開かれた中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬では9643万円の公費(当初予算の予備費)を含む1億9300万円がかかっており、安倍元首相の国葬では2億円を超えるのは確実だ。政界に国葬があれば経済界には社葬あり。社葬にかかる経費はどれぐらいなのか?

社葬の経費は参列者数に左右される。大企業で取引先が多ければ、それだけ大規模となり経費がかさむ。一般の社葬では参列者1人当たり1万〜2万円が相場という。500人規模の社葬ならば約500~2000万円かかる計算だ。

2013年11月に開かれた豊田英二トヨタ自動車最高顧問の「お別れの会」には、政財官界から約3100人が出席した。社葬経費は明らかにされていないが、豊田家出身者で「トヨタ中興の祖」と呼ばれた功労者だけに1人当たり2万円以上のコストをかけたのは間違いないだろう。そうなると6000万円を超えたと考えてよさそうだ。

国内トップ企業の社葬にもかかわらず、かかった経費は政治家の国葬や合同葬に比べると3分の1以下とつつましい。

NEXT STORY

「国葬」被葬者、安倍氏で4人目の山口県は3位、2位は鹿児島県、ではトップは?

「国葬」被葬者、安倍氏で4人目の山口県は3位、2位は鹿児島県、ではトップは?

2022/07/17

奈良市で凶弾に倒れた安倍晋三元首相の「国葬」が決まった。明治以降の国葬は26件(国葬に準ずる葬儀は除く)あり、戦後では安倍元首相の国葬が閑院宮載仁親王、吉田茂元首相、昭和天皇に続く4件目となる。国葬被葬者の出身都道府県はどこが多いのか?