司法書士法人・行政書士法人 星野合同事務所の記事一覧

特定建設業許可について

特定建設業許可について

今回のテーマは「建設業許可」についてです。特定建設業許可と一般建設業許可の違いは何か、どんな場合に特定建設業許可が必要なのか、よくご質問を受けますので、お答えしたいと思います。

記事を読む
【相続】預貯金は遺産分割の対象となる

【相続】預貯金は遺産分割の対象となる

平成28年12月19日に最高裁判所にて相続に関する重要な判断がなされました。それは従来の判例を変更し「預貯金も遺産分割の対象となる」としたものです。

記事を読む
賃貸借契約の更新料有効判決

賃貸借契約の更新料有効判決

平成23年7月15日、最高裁判所で「賃貸借契約の更新料支払い特約を原則として有効」とする判決が出されました。賃貸住宅に関する重要な判例になると考えられる。そこで今回は更新料有効判決の概要を確認してみたい。(この記事は2011/09/30発行時の記事です)

記事を読む
【法律とM&A】遺言能力と成年後見人・保佐人等の遺言行為

【法律とM&A】遺言能力と成年後見人・保佐人等の遺言行為

遺言能力とは、遺言をすることのできる能力のことをいい、この能力は意思能力のことを指すものと考えられている。一般の法律行為や民法では、判断能力を有しない者を保護しているが、遺言に関しては、適用されない。ここでは、成年被後見人が遺言をする場合は、どのような要件を満たす必要があるのか? 解説する。

記事を読む
【法律とM&A】「特別支配株主の株式売渡請求」

【法律とM&A】「特別支配株主の株式売渡請求」

平成26年6月20日、会社法の一部を改正する法律案が可決・成立した。その中で新たなキャッシュアウトの方法として、対象会社の承認により、少数株主から支配株主への株式売却を強制的に実行する「特別支配株主の株式売渡請求」という制度が新設された。普及がされると見込まれる新たなキャッシュアウトの方法、株式売渡請求をみてみる。

記事を読む