遺言の記事一覧

M&Aの相続対策、経営者が知っておきたい相続の実態と基本用語(続き)

M&Aの相続対策、経営者が知っておきたい相続の実態と基本用語(続き)

相続の実態や基本用語について、さらに踏み込んで説明したい。相続税対策をしっかり行うためには、相続に関する実情や用語についてしっかり理解しておく必要がある。

記事を読む
【中小企業のM&A】親族内承継も辛いよ⁉ 「お家騒動」を防ぐには早めの対策が肝心

【中小企業のM&A】親族内承継も辛いよ⁉ 「お家騒動」を防ぐには早めの対策が肝心

親族内承継のつもりだったのに、あることがきっかけで親族内承継を断念し、M&Aへ。そんなケースについての対策を過去の経験からお話ししてみます。思い当たるふしが1つでもあるようならば将来トラブルに発展する恐れもあります。その前に早めの対策を。

記事を読む
M&Aの相続対策、銀行に相談するメリットは何?

M&Aの相続対策、銀行に相談するメリットは何?

M&Aの対価として得た資金を老後資金にあてたい経営者も多いと思う。大きな資産を残すと残された家族には多額の相続税がかかる。相続税を少しでも少なくするため銀行に相談をする経営者は非常に多い。今回は銀行に相続対策を依頼するメリットを説明をする。

記事を読む
M&Aの相続対策、銀行に相談する場合のデメリットは何?

M&Aの相続対策、銀行に相談する場合のデメリットは何?

M&Aの相続税対策では、ノウハウがありそうな銀行に相談をしようと思うのではないだろうか。しかし、銀行に相続税対策の相談をすることにはデメリットもある。

記事を読む
M&Aの相続対策、子供のいない夫婦は生前に「遺言」を作成すべし

M&Aの相続対策、子供のいない夫婦は生前に「遺言」を作成すべし

会社を売却すると際、まとまった資金が手にするケースが多い。その際、子供がいる夫婦の場合と異なり、子供のいない場合、遺言を作成しておかないと相続が発生した時に想定外の事態になる可能性が高いのだ。今回は子供のいない夫婦の相続の注意点を説明する。

記事を読む
「租税弁護士が教える事業承継の法務と税務」|編集部おすすめの1冊

「租税弁護士が教える事業承継の法務と税務」|編集部おすすめの1冊

中小企業の事業承継の場面で「法務と税務のコラボレーション」が今ほど求められる時代はないという。高齢を迎えた多くの中小企業経営者にとって事業承継は差し迫った問題だ。法務と税務の双方に精通した「租税弁護士」(タックス・ロイヤー)が事例解説する。

記事を読む
「相続」を「争続」にしないために!遺言信託の活用|経営者のためのM&A出口戦略

「相続」を「争続」にしないために!遺言信託の活用|経営者のためのM&A出口戦略

M&Aを行うと、多額のお金が経営者のもとに入ってくる。しかし、自分で使い切れないほどのお金が入ってくると相続に気をつけなければならない。スムーズに相続を行うために便利な遺言信託について説明する。

記事を読む
預貯金よりも圧倒的に有利|生命保険を活用したM&A出口戦略(6)

預貯金よりも圧倒的に有利|生命保険を活用したM&A出口戦略(6)

相続税対策に生命保険を活用するメリットは主に3つある。保険金が下りるスピードが速い、死亡保険金の非課税枠、遺言の対象外という点に着目したい。生命保険には預貯金にない様々なメリットがあるのだ。

記事を読む
高杉課長のコンサル手帖 地方銀行の新潮流|編集部おすすめの1冊

高杉課長のコンサル手帖 地方銀行の新潮流|編集部おすすめの1冊

主人公の「高杉課長」はある地方銀行の中堅行員で、現在、子会社のコンサルティング会社に出向中。銀行の取引先が抱える様々な経営の課題解決のために日々奔走している。「高杉課長」が実際に経験した出来事の中から4話を厳選し、ドラマ風につづる。

記事を読む
被保険者を孫や子供にする|生命保険を活用したM&A出口戦略(4)

被保険者を孫や子供にする|生命保険を活用したM&A出口戦略(4)

M&Aの売却金をそのままにしておくと、 相続の時に多額の税金が取られることになってしまう。 生命保険を利用した相続税対策には様々なスキームがあるが、今回は「被保険者を孫や子供にするスキーム」について説明する。

記事を読む
【中小企業のM&A】弁護士・会計士・税理士など「専門家」の役割とは

【中小企業のM&A】弁護士・会計士・税理士など「専門家」の役割とは

M&Aや事業承継には様々な課題や関門がある。今回は、M&Aや事業承継を実行する際に登場する「専門家」の役割について説明したい。

記事を読む
株券発行会社において株券の提示なくして相続人による名義書換請求が認められた事例

株券発行会社において株券の提示なくして相続人による名義書換請求が認められた事例

株券を提示しなくても、実質的権利を証明することにより名義書換請求が認められた事例(2018年7月11日付東京高裁判決)を取り上げます。

記事を読む
「相続」と「贈与」の決定的な違いは?

「相続」と「贈与」の決定的な違いは?

相続対策には大きく2つあります。それは「争族対策」と「税金対策」です。さて、税制では「贈与」と「相続」を別のものとして区別して規定されている以上、この事象を全く違うこととしてとらえなければいけません。この違いはなんでしょうか?

記事を読む
リノベーションに民事信託を!

リノベーションに民事信託を!

資産管理、資産承継の手法として最近よく活用されている民事信託。今回は賃貸不動産を所有されている方に民事信託を活用してリノベーションをするスキームのご案内します。

記事を読む
【不動産登記編】法定相続情報証明制度のメリットを教えて

【不動産登記編】法定相続情報証明制度のメリットを教えて

法定相続情報証明制度の新設について、フォーサイト総合法律事務所の司法書士/行政書士 大越一毅氏が解説します。

記事を読む
【相続税】遺言執行費用は債務控除の対象とならない?

【相続税】遺言執行費用は債務控除の対象とならない?

遺言執行者に対する報酬などは相続税の債務控除の対象となるでしょうか。国税不服審判所の判断を一緒にみていきましょう。

記事を読む
【相続】遺言の種類

【相続】遺言の種類

遺言は、遺言者の最終意思を死後に実現するための大切な手続きです。遺言は大きく分けて普通方式と特別方式の遺言に分けられます。今回は普通方式の遺言(自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書)についてお話いたします。

記事を読む
【中小企業・事業承継】事業承継の失敗事例

【中小企業・事業承継】事業承継の失敗事例

社長が元気のうちには、親族みんな文句を言わないのですが、死後突然不満が爆発ということもありますので、やはり事前の対策が重要です。シリーズ事業承継の活用手法-第6回は、中堅・中小企業の事業承継の失敗事例をご紹介します。円滑な事業承継を行うためにもご一読ください。

記事を読む
【中小企業・事業承継】議決権行使信託で後継者の会社運営を円滑に!

【中小企業・事業承継】議決権行使信託で後継者の会社運営を円滑に!

事業承継に活用したい自己信託シリーズ第3回。今回は議決権行使信託について、ビジネス・ブレイン税理士事務所の畑中氏がわかりやすく解説します。

記事を読む
所在不明株主の株式売却・買い取り制度

所在不明株主の株式売却・買い取り制度

全く連絡がとれず所在が分からない株主が会社にいる場合の株式買取制度についてお話します。

記事を読む
【中小企業・事業承継】共有不動産の分散防止に有効な財産処分信託の活用

【中小企業・事業承継】共有不動産の分散防止に有効な財産処分信託の活用

事業承継に活用したい自己信託シリーズ第2回。今回は財産処分信託の活用について、ビジネス・ブレイン税理士事務所の畑中氏がわかりやすく解説します。

記事を読む
相続でこんなに出てくる手続き 銀行口座、カード解約、準確定申告etc

相続でこんなに出てくる手続き 銀行口座、カード解約、準確定申告etc

相続が発生すると何から手をければよいのかよく分からない人も多いのではないだろうか。税金問題を含め、一連の相続対策の流れをご紹介する。

記事を読む
【相続】遺言能力

【相続】遺言能力

司法書士・行政書士法人の星野合同事務所が、遺言能力について簡単にご説明します。

記事を読む
ウッカリにご注意!合併で贈与税が発生するケース

ウッカリにご注意!合併で贈与税が発生するケース

節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが合併で贈与税が発生する事例をご紹介します。合併後の純資産12億円程度の会社の場合、数千万円の贈与税がかかることも。合併交付株数にはご注意を

記事を読む
【相続】終活を考える(ライフエンディングへの備え)

【相続】終活を考える(ライフエンディングへの備え)

M&A Online編集部です。今回は相続問題「終活を考える(ライフエンディングへの備え)」がテーマです。司法書士・行政書士法人の星野合同事務所が法的観点からわかりやすく解説します。

記事を読む