ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「公認会計士」誕生70年

alt

税理士との違いは

公認会計士と混同しがちなのが税理士。実は独占業務が異なり、すみ分けができている。公認会計士の独占業務は監査業務だが、税理士のそれは税務業務。納税者に代わっての税務申告、税務書類の作成・提出の代行、税務相談などをメーンとする。いわゆる節税の相談は税理士の独占業務にあたる。立ち位置でみれば、税理士が依頼者の立場から、公認会計士は中立的な立場から業務を行う。

経理業務の記帳代行は公認会計士、税理士のいずれも行える。弁護士または公認会計士の資格を持っていれば、日本税理士連合会に届け出て税理士に登録できる。

M&Aで欠くことのできない財務デューデリジェンス。一般に公認会計士が駆り出されるが、案件によっては税務の専門家の税理士との連携プレーがしばしばだ。

会計士の総本山・日本公認会計士協会(東京・九段南)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

公認会計士がどぶろくの店開業 日本酒振興を旗印に(下)

公認会計士がどぶろくの店開業 日本酒振興を旗印に(下)

2018/07/04

公認会計士の宮井敏臣さんは、当面公認会計士と杜氏兼居酒屋経営者の二足のわらじを履き続けるが、仕事の比重は徐々に日本酒に移し、今後は多店舗展開に加えてカジュアルな日本酒バルの業態を開発し「どぶろくの店のFC展開を目指す」と意気込む。