ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

この会社ってあそことは他人だったの? 「社名の空似」企業3選

alt

ジョンソン・エンド・ジョンソンとジョンソン

ジョンソン・エンド・ジョンソン(東京都千代田区)は、米ニュージャージー州ニューブランズウィックに本社を置くグローバル企業の日本法人。日本では救急絆創膏の「バンドエイド」や綿棒、最近では使い捨てコンタクトレンズ「アキュビュー」などで知られているが、医療機器では世界トップ、製薬でも同7位の巨大ヘルスケア企業である。

バンドエイド
日本では「定番」となっている両社の製品(両社ホームページより)









そのジョンソン・エンド・ジョンソンの関係会社ではないか?と思われがちなのがジョンソン(横浜市西区)。家庭用洗剤や清掃用ワックスなどを製造・販売する化学メーカーである。

実はこの両社、全くの無関係だ。ジョンソンの親会社の名称は「SC Johnson&Son, Inc. (SCジョンソン社)」。米国でも「まぎらわしい」と認知されているようで、ウィキペディア米国版の両社記事の冒頭には「Not to be confused with Johnson&Johnson(S. C. Johnson&Son)」すなわち「ジョンソン・エンド・ジョンソン(SCジョンソン社)と混同しないように」と、わざわざ明記している。

SCジョンソン社は米ウィスコンシン州ラシーンに本社を置き、「サランラップ」や「ジップロック」などのメーカーとして知られる…というと驚かれるかもしれない。それもそのはず、こうした有名商品は国内では日本法人のジョンソンではなく、最初に登場した旭化成の子会社である旭化成ホームプロダクツが販売しているからだ。ジョンソンは「カビキラー」をはじめとする洗剤や防虫剤の販売に特化している。このあたりは社名以上にややこしい。

両社の共通点は社名に創業者の名前を冠していること。ジョンソン・エンド・ジョンソンはバート・ウッド・ジョンソン、ジェームス・ウッド・ジョンソン、エドワード・ミード・ジョンソンの3兄弟が設立したのが社名の由来。一方、SCジョンソン社は、創業者であるサミュエル・カーティス・ジョンソン・シニア(Samuel Curtis Johnson, Sr.)の名を社名に採った。「SC」は「サミュエル・カーティス」の頭文字だ。

この両社、米国企業の日本法人であることや社名が似ていることから、非公式ながら交流もあるという。両社のコールセンターでは社名を取り違えて電話をかけて来た人に互いのコールセンターの電話番号を知らせるなど、ユーザー対応でも協力関係があるようだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【旭硝子】なぜ業界トップがM&Aで「ガラスの天井」に挑むのか

【旭硝子】なぜ業界トップがM&Aで「ガラスの天井」に挑むのか

2018/05/15

世界最大の板ガラスメーカー・旭硝子が積極的なM&Aに乗り出している。しかも、全くの畑違いの異業種で、だ。装置産業であるガラスメーカーだけに、得意の板ガラスへ経営資源を集中して生産量でライバルを凌駕するのが最適に思えるが、同社の選択は違った。