ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

この会社ってあそことは他人だったの? 「社名の空似」企業3選

alt

三菱鉛筆と三菱グループ

さて、その「三菱」にも紛らわしい社名がある。大手文房具メーカーの三菱鉛筆<7976>だ。社名に「三菱」を冠しているうえに、ロゴマークも三菱グループのシンボルであるスリーダイヤを使用している。それにもかかわらず、創業時から三菱グループに属していない。

「よく三菱グループが、関係のない企業に三菱の社名とロゴの使用を許しているものだ」と不思議に思うかもしれないが、現実は逆。実は「三菱」もスリーダイヤのロゴも、三菱鉛筆の方が先に商標登録しているのだ。

三菱鉛筆は1887年に「眞崎鉛筆製造所」として東京で創業。1901年に国産初の量産型鉛筆3種類を、当時の逓信省(現・総務省、日本郵政、NTTグループ)に「局用鉛筆」として納品。これを記念して1903年に「3種」や創業家の家紋「三鱗(みつのうろこ)」などを表す三つのひし形を模した「三菱」マークを商標登録した。

三菱鉛筆
三菱グループのシンボル・スリーダイヤがあしらわれている三菱鉛筆。実は商標登録はこちらが先だった(同社ホームページより)

ちなみに三菱財閥による商標登録は10年以上後の1914年だ。その後、1918年に創業した横浜市の色鉛筆メーカー「大和鉛筆」と1925年に合併して「眞崎大和鉛筆」なった。戦後の1952年に現在の「三菱鉛筆」に社名変更している。

今でも三菱グループの企業と間違われる三菱鉛筆だが、この誤解がとんでもないトラブルを招いたことがあった。戦後の財閥解体でGHQが同社を三菱財閥系の企業だと勘違いし、「三菱」とスリーダイヤの商標の使用禁止を命じたのである。

三菱鉛筆側が「三菱財閥とは何ら関係ない」と反論して継続使用は認められたものの、商標が「非財閥」であることを社告で公告し、製品にも明記するとの条件をつけられた。そのため当時の製品には三菱財閥とは無関係であることを示す「NON財閥」「非財閥」と表記されていたという。

NEXT STORY

【旭硝子】なぜ業界トップがM&Aで「ガラスの天井」に挑むのか

【旭硝子】なぜ業界トップがM&Aで「ガラスの天井」に挑むのか

2018/05/15

世界最大の板ガラスメーカー・旭硝子が積極的なM&Aに乗り出している。しかも、全くの畑違いの異業種で、だ。装置産業であるガラスメーカーだけに、得意の板ガラスへ経営資源を集中して生産量でライバルを凌駕するのが最適に思えるが、同社の選択は違った。