おすすめ本のニュース記事一覧

『銀行という病』|編集部おすすめの1冊

『銀行という病』|編集部おすすめの1冊

本書の副題は「第2会社方式で事業と人生を再生する」。銀行と決別し、第2会社方式という大逆転の新手法で、事業を復活させ、自己破産からも免れた実体験をベースに、中小企業経営者に再スタートの方法をアドバイスする。

記事を読む
『事業承継プラットフォーム』|編集部おすすめの1冊

『事業承継プラットフォーム』|編集部おすすめの1冊

国内中小企業の自然消滅を救うべく、事業承継を支援するプラットフォームの必要性を訴える1冊だ。著者は投資信託委託会社​さわかみ投信が設立したYamato さわかみ事業承継機構の社長で、自社が取り組む後継者が見つからない中小企業の支援策を説く。

記事を読む
『M&Aの新たな展開』|編集部おすすめの1冊

『M&Aの新たな展開』|編集部おすすめの1冊

経済産業省が2019年6月28日に公表したM&A指針について、同指針の作成に関わった大学教授や准教授らの研究者と、法律事務所、証券会社、銀行に所属する実務家が中心となって、M&A指針の内容や影響について解説したのが本書だ。

記事を読む
2020年4月から6月に出版された「M&A関連本」

2020年4月から6月に出版された「M&A関連本」

M&Aや事業承継をテーマにした書籍の発刊が相次いでいます。2020年4-6月に出版されたM&A関連本をリストアップしました。

記事を読む
「租税弁護士が教える事業承継の法務と税務」|編集部おすすめの1冊

「租税弁護士が教える事業承継の法務と税務」|編集部おすすめの1冊

中小企業の事業承継の場面で「法務と税務のコラボレーション」が今ほど求められる時代はないという。高齢を迎えた多くの中小企業経営者にとって事業承継は差し迫った問題だ。法務と税務の双方に精通した「租税弁護士」(タックス・ロイヤー)が事例解説する。

記事を読む
ゼロからわかる事業承継・M&A90問90答|編集部おすすめの1冊

ゼロからわかる事業承継・M&A90問90答|編集部おすすめの1冊

中小企業の6割に当たる245万社の社長が、数年内に70歳の「平均引退年齢」を迎えると言われているが、その半分の127万社で後継者が決まっていない。最悪の場合、財務内容が健全にもかかわらず廃業を選択することになる。その時、何をすればいいのか?

記事を読む
病医院の引き継ぎ方・終わらせ方が気になったら最初に読む本

病医院の引き継ぎ方・終わらせ方が気になったら最初に読む本

病医院の引き継ぎ方や終わらせ方が気になりだした医師向けに、病医院の相続にかかる税金や病医院のM&A、廃業、解散などについて具体的な事例を盛り込みながら解説した。

記事を読む
『蒼いトゥーム・ストーン 企業買収小説』|編集部おすすめの1冊

『蒼いトゥーム・ストーン 企業買収小説』|編集部おすすめの1冊

舞台は関東港湾。全国の港湾利用権を一手に握る同社の前では、名だたる海運会社もひれ伏すしかない。そんなガリバー企業を一代で育て上げた実力社長が倒れる。合併、TOB、MBO…目まぐるしく展開する、あれもこれもの企業買収小説。

記事を読む
「令和元年改正対応 図解 新会社法のしくみ(第4版)」|編集部おすすめの1冊

「令和元年改正対応 図解 新会社法のしくみ(第4版)」|編集部おすすめの1冊

2019年12月に成立した「改正会社法」(令和元年改正)に対応した最新版の定番入門書。会社法全体の概要を図解を使いながら、各項目(全128)につき2ページ完結で、簡潔にポイントをまとめた。

記事を読む
ファイナンスのプロになるExcel財務モデリングの教科書Ⅰ|編集部おすすめの1冊

ファイナンスのプロになるExcel財務モデリングの教科書Ⅰ|編集部おすすめの1冊

財務モデリングをエクセルでミスなく効率的に構築できるノウハウを紹介する1冊。財務モデリングの考え方・仕組みの説明や致命的な表計算上のミスがなぜ起こるのかを説明。その上で、そうしたミスを防ぐための具体的な「お作法」を紹介する構成となっている。

記事を読む
金融機関担当者のための病医院の事業承継とM&A講座|編集部おすすめの1冊

金融機関担当者のための病医院の事業承継とM&A講座|編集部おすすめの1冊

著者は金融機関の勉強会やセミナーの講師を引き受け、税などの取り扱いや医療承継支援の具体例などを発信してきた。この講義録をベースに金融機関向けの医業承継入門書としてまとめられたのが本書。

記事を読む
高杉課長のコンサル手帖 地方銀行の新潮流|編集部おすすめの1冊

高杉課長のコンサル手帖 地方銀行の新潮流|編集部おすすめの1冊

主人公の「高杉課長」はある地方銀行の中堅行員で、現在、子会社のコンサルティング会社に出向中。銀行の取引先が抱える様々な経営の課題解決のために日々奔走している。「高杉課長」が実際に経験した出来事の中から4話を厳選し、ドラマ風につづる。

記事を読む
『M&A思考が日本を強くする』|編集部おすすめの1冊

『M&A思考が日本を強くする』|編集部おすすめの1冊

M&A仲介会社執行役員によるM&A経済再生論。第1章で低迷する日本経済の立て直しにM&Aが必要と説き、第2章では日本が1970年代からスタートアップ大国であったことを指摘。第3章では本業の情報力を駆使して業界ごとのM&A動向を解説する。

記事を読む
『中小企業再建ドクター』|編集部おすすめの1冊

『中小企業再建ドクター』|編集部おすすめの1冊

M&AとPMIを用いた中小企業の治療法や再建手法をまとめた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、業績悪化に直面する企業が相次いでいる今、多くの企業の参考になりそうだ。

記事を読む
「特殊状況下における取締役会・株主総会の実務」|編集部おすすめの1冊

「特殊状況下における取締役会・株主総会の実務」|編集部おすすめの1冊

アクティビストの登場、M&A、取締役間の内紛、不祥事発覚…。こうした「特殊状況下」における取締役会・株主総会の運営ではどういった実務対応が求められるのか。大江橋法律事務所の4人の弁護士が執筆した。

記事を読む
インドの鉄人 世界をのみ込んだ最後の買収劇|編集部おすすめの1冊

インドの鉄人 世界をのみ込んだ最後の買収劇|編集部おすすめの1冊

2006年6月に歴史的合意に達したミッタル・スチールとアルセロールの経営統合の舞台裏を明かすドキュメンタリーだ。両社の合併により誕生したアルセロール・ミッタルは、粗鋼生産量9642万トンと世界最大の鉄鋼メーカーとなった。その舞台裏はいかに。

記事を読む
M&A 買収者の見解、経営者の異論|編集部おすすめの1冊

M&A 買収者の見解、経営者の異論|編集部おすすめの1冊

数あるM&A専門書の中から、新刊を中心にM&A編集部がおすすめの1冊をピックアップ。今回は『M&A 買収者の見解、経営者の異論』。投資本に強いパンローリング社の翻訳書だ。投資家だけでなく、M&Aの実践家•プレーヤーにも大いに参考になる。

記事を読む
2020年1月から3月に出版された「M&A関連本」

2020年1月から3月に出版された「M&A関連本」

今年に入ってもM&Aや事業承継をテーマにした書籍の発刊が相次いでいます。2020年1-3月に出版されたM&A関連本をまとめました。

記事を読む
日本型ブリッツスケール・メソッド 日本M&Aセンターの経営成長戦略

日本型ブリッツスケール・メソッド 日本M&Aセンターの経営成長戦略

ブリッツスケールとは爆発的な成長という意味。日本版ブリッツスケール企業の代表例としてM&A仲介業の日本M&Aセンターを取り上げ、ブリッツスケールを支える仕組みなどを紹介している。

記事を読む
『アクティビストの衝撃』|編集部おすすめの1冊

『アクティビストの衝撃』|編集部おすすめの1冊

今、日本は第3次アクティビスト(物言う株主)ブームの中にあるという。経営改善や株主還元に向けた株主提案が活発化している。知っているようで知らないアクティビストの実態と行動パターン、そして企業の反応を豊富な実例を交えて明らかにした一冊。

記事を読む
会社は誰のものか 経済事件から考えるコーポレート・ガバナンス

会社は誰のものか 経済事件から考えるコーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの重要性が指摘されて久しいが、相変わらずガバナンス不全による企業不祥事が後を絶たない。本書ではオリンパスや東芝、日産、関西電力、SUBARUといった有名企業の不祥事を引き起こした「社内事情」について詳しく伝えている。

記事を読む
ドラッカーが教える最強の後継者の育て方|編集部おすすめの1冊

ドラッカーが教える最強の後継者の育て方|編集部おすすめの1冊

後継者の育成に何らかの課題を感じている会長や社長向けに書かれたのが本書。大企業や中小企業の経営者らの考えや行動を紹介、分析し、さらにドラッカーがそれら考えや行動についてどのように発言しているのかを示すスタイルでまとめられている。

記事を読む
『社長室の冬』|編集部おすすめの1冊

『社長室の冬』|編集部おすすめの1冊

日本の大手新聞が外資系企業に買収される。ひと昔前であれば、一笑に付されたに違いない。大型の企業買収や経営統合はニュースの主役として新聞紙上をにぎわせる。その新聞社がM&Aを伝える側から、M&Aの当事者になる…。

記事を読む
『まるわかり!M&A』日本経済新聞出版社から発売

『まるわかり!M&A』日本経済新聞出版社から発売

日経MOOK『まるわかり!M&A』は国内M&A​市場の概況、M&A​の流れ、業種別ポイントから事業承継に関する税制まで網羅的にまとめた「全方位型」の一冊。大型見開きで図を多用したレイアウトで、活字嫌いな読者にもおすすめする。

記事を読む
『ソフトバンクで占う2025年の世界』|編集部おすすめの1冊

『ソフトバンクで占う2025年の世界』|編集部おすすめの1冊

ビジョン・ファンド事業で巨額赤字を計上しながらも「潮目が変わった」と豪語するソフトバンクグループ<9984>の孫正義社長。果して彼は天才経営者なのか、それとも大ぼら吹きなのか。ソフトバンクの経営戦略を分析し、同社の将来シナリオを示す一冊だ。

記事を読む