おすすめ本のニュース記事一覧

何をもって買収を「成功」と判断するのか「海外企業買収失敗の本質」

何をもって買収を「成功」と判断するのか「海外企業買収失敗の本質」

もはや海外企業とのクロスボーダー(海外)M&Aは珍しくなくなった。それでも「日本企業は海外企業の買収が下手」と言われるのはなぜか?著者は「日本人は交渉が苦手」などという抽象的な評価ではなく、具体的な事例をもとにして失敗の要因を明らかにしていく。

記事を読む
【著者登場】『M&A会計の実務』 竹村純也さんに聞く

【著者登場】『M&A会計の実務』 竹村純也さんに聞く

大手書店にはM&Aの専門書が入門書から実務書、学術書まで所狭しと並びぶ。そんな中、2月に出版された一冊が『M&A会計の実務』(税務経理協会刊)。仰星監査法人社員(パートナー)で公認会計士の竹村純也さんに執筆の動機や仕事への思いを聞いた。

記事を読む
「日本買い 外資系M&Aの真実」|編集部おすすめの1冊

「日本買い 外資系M&Aの真実」|編集部おすすめの1冊

米投資銀行の「モルガン・スタンレー」、米電機メーカーの「GE」、欧州投資ファンドの「ペルミラ」に在籍した加藤有治氏が、「日本買い」の仕事に携わった約20年間分の知識やノウハウをまとめた。加藤有治著「日本買い 外資系M&Aの真実」

記事を読む
【初心者におすすめ】M&Aについて学べるマンガはコレだ!

【初心者におすすめ】M&Aについて学べるマンガはコレだ!

「M&A」という言葉が世間に浸透してきた昨今。とはいえ、「M&Aって難しそう」「M&Aは自分には関係ないこと」と思っている人はまだまだ多いはず。そこで、そんな人たちにぜひ読んでみてほしい、M&Aを題材にしたマンガを紹介する。

記事を読む
大前研一の「100日」で結果を出すM&A入門

大前研一の「100日」で結果を出すM&A入門

大前研一氏は、買収後100日以内に教育や組織改革などを済ませないと自分たちの考えるM&Aを実現するのが難しくなると強調する。そして買収後の経営を自分たちでやる自信がないのであれば「買収など行わないほうがいい」ときっぱりと言い切る。

記事を読む
「バリュエーションの教科書 企業価値・M&Aの本質と実務」

「バリュエーションの教科書 企業価値・M&Aの本質と実務」

30年にわたって企業価値算定にかかわってきた著者は「バリュエーションは簡単な公式に美しく収斂する。それさえ理解すれば経営者や実務家として十分」と主張する。

記事を読む
同期に差をつけよう!新社会人におススメ 経営・経済分野のマンガ ベスト5選

同期に差をつけよう!新社会人におススメ 経営・経済分野のマンガ ベスト5選

難しい本はちょっと・・・という人も、マンガなら気軽に楽しめるという人も多いはず。M&A Online編集部が経済・経営分野のベスト5作品をピックアップしてみました。

記事を読む
著者 有森隆が語る『海外大型M&A 大失敗の内幕』の最新事情

著者 有森隆が語る『海外大型M&A 大失敗の内幕』の最新事情

海外M&Aが活発である。今回ご紹介するのは「海外大型M&A大失敗の内幕」だ。著者の有森隆氏は、M&Aに焦りは禁物と説く。

記事を読む
著者・前川修満氏が読み解く『会計士は見た!』

著者・前川修満氏が読み解く『会計士は見た!』

会計情報は、会社の真の姿を物語ります。社長のインタビューなんかよりも、よっぽど正直です。これを会計士である著者(前川修満先生)が読み解きます。

記事を読む
ファイナンスおすすめ本「コーポレートファイナンス実務の教科書」

ファイナンスおすすめ本「コーポレートファイナンス実務の教科書」

M&A Online編集部がおすすめの書籍を紹介する「編集部おすすめの1冊」。実務編と題して、今回はファイナンス分野からピックアップ。読みどころを著作者の松田千恵子先生にお聞きしました。

記事を読む
編集部おすすめの1冊「事業承継10のストーリー」

編集部おすすめの1冊「事業承継10のストーリー」

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。今回は、経営者なら誰もがいつかは向き合わなければならない、事業承継に焦点を当てた「事業承継10のストーリー」を取り上げる。

記事を読む
「ビジネスの世界で戦うならファイナンスから始めなさい。」

「ビジネスの世界で戦うならファイナンスから始めなさい。」

今回は、ファイナンスの概念を理解するのにピッタリな「ビジネスの世界で戦うならファイナンスから始めなさい。」を取り上げる。ファイナンスに苦手意識がある人にこそ、おすすめだ。

記事を読む
司馬遼太郎が新聞記者時代に綴った「ビジネスエリートの新論語」

司馬遼太郎が新聞記者時代に綴った「ビジネスエリートの新論語」

今回は司馬遼太郎が新聞記者時代に綴ったエッセイの復刊「ビジネスエリートの新論語」を取り上げます。彼が考えたサラリーマンの職業観、そして人生観とは?

記事を読む
「ゼロからの経営戦略」|編集部おすすめの1冊

「ゼロからの経営戦略」|編集部おすすめの1冊

沼上幹「ゼロからの経営戦略」では、経営学の考え方が様々な企業の実例を通じて学べる。経営者だけでなく、戦略的思考を身につけたいビジネスパーソンにおすすめの1冊だ。

記事を読む
「なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?」

「なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?」

人気アイドル乃木坂46のメンバーが複式簿記を通じて世界を変えていく物語を通じて、会計や資本主義の本質に迫る一冊だ。

記事を読む
「危機対応のプロが教える!修羅場の説明力」編集部おすすめの1冊

「危機対応のプロが教える!修羅場の説明力」編集部おすすめの1冊

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。今回取り上げるのは「危機対応のプロが教える!修羅場の説明力」。説明力を養うために必要な4つの力とは?

記事を読む
編集部おすすめの1冊「鉄客商売 JR九州大躍進の極意」

編集部おすすめの1冊「鉄客商売 JR九州大躍進の極意」

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。M&Aに関するものはもちろん、日々の仕事術や経済ニュースを読み解く知識として役立つ本も紹介する。今回取り上げるのは、唐池恒二「鉄客商売 JR九州大躍進の極意」。「ななつ星」の生みの親が歩んできたビジネス現場での笑いあり涙ありのエピソードを通して、22の学びを読者に提示する。

記事を読む
「親子経営 ダメでしょ モメてちゃ 親子だから経営力が高まる本当のこと」

「親子経営 ダメでしょ モメてちゃ 親子だから経営力が高まる本当のこと」

「親子経営 ダメでしょ モメてちゃ 親子だから経営力が高まる本当のこと」。セブン&アイ・ホールディングスやロッテ、大塚家具など、昨今話題の「お家騒動」を入り口に、親子経営の真価を問い直す1冊だ。

記事を読む
「買収効果が出る クロスボーダーM&Aの組織・人事手法」

「買収効果が出る クロスボーダーM&Aの組織・人事手法」

マーサージャパンのグローバルM&Aコンサルティング・竹田年朗氏による「買収効果が出る クロスボーダーM&Aの組織・人事手法」を取り上げる。

記事を読む
本格派国際金融小説「国家とハイエナ」|編集部おすすめの1冊

本格派国際金融小説「国家とハイエナ」|編集部おすすめの1冊

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。今回は、黒木亮による本格派国際金融小説「国家とハイエナ」を取り上げる。

記事を読む
わらしべ戦略でボーダフォンを買収した孫社長の『10倍速』目標達成術

わらしべ戦略でボーダフォンを買収した孫社長の『10倍速』目標達成術

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。今回は、さまざまな目標達成にも応用できる「孫正義社長に学んだ『10倍速』目標達成術」を取り上げる。

記事を読む