おすすめ本のニュース記事一覧

平成史(平凡社新書)|編集部おすすめの1冊

平成史(平凡社新書)|編集部おすすめの1冊

「令和」への時代の代替わりを迎え、「平成」は後世、どのように語られるのだろうか。昭和史研究の第一人者である著者が昭和との因果関係を踏まえながら、過ぎ行く「平成」を絵解きする。

記事を読む
アパレル・サバイバル|編集部おすすめの1冊

アパレル・サバイバル|編集部おすすめの1冊

アパレル市場を一変させたゲームチェンジャーであるZOZO。本書はZOZOをはじめとするアパレル販売の「ゲームチェンジャー」を取り上げ、それらの戦略と業界・社会に与える影響を明らかにする一冊。果たして次の10年間で業界を支配するのはどこか。

記事を読む
M&A契約研究|編集部おすすめの1冊

M&A契約研究|編集部おすすめの1冊

ビジネス経済取引の中でも、その高度な専門性や複雑さ、広範さが際立つのがM&A契約だ。しかも、ビジネス環境は日々変化する。そんなM&A契約のあるべき姿とは。本書は実務家(弁護士)と研究者の計9人による座談会形式で議論する。

記事を読む
『野球が教えてくれたこと』|編集部おすすめの1冊

『野球が教えてくれたこと』|編集部おすすめの1冊

「野球を極めたければ、野球以外のことをしろ」。北海道日本ハムファイターズを率いて8年目のシーズンを戦う栗山英樹監督が中学・高校生の「君」に贈る一冊。野球から得てきた“生きるヒント”がふんだんに盛り込まれている。

記事を読む
メディア買収の野望|編集部おすすめの1冊

メディア買収の野望|編集部おすすめの1冊

実在するメディア王、マクスウェル​氏とマードック​氏をモデルにしたスリリングなM&A小説だ。物語はマクスウェル氏がモデルとなったアームストロングの自殺で始まり、マードック​氏​がモデルとなったタウンゼントがライバルの死を知るシーンで終わる。

記事を読む
親父いつ社長やめるの?| 編集部おすすめの1冊

親父いつ社長やめるの?| 編集部おすすめの1冊

著者の鈴木浩文氏は税理士。2018年に大きな制度改正があり、事業承継税制についてクライアントから相談を受けている。その中で事業承継に悩んでいる企業が多いことに気づき、一冊の書籍に分かりやすくまとめ上げた。

記事を読む
『最後の頭取』|編集部おすすめの1冊

『最後の頭取』|編集部おすすめの1冊

北海道拓殖銀行は1997年11月に都市銀行で初めて経営破綻した。巨額の不良債権を抱えて行き詰まった。その13代目にして「最後の頭取」を務めたのが著者。特別背任罪で実刑判決を受け、1年7カ月服役した。大手銀行のトップで収監された例は他にない。

記事を読む
稼げる男は食事が9割|編集部おすすめの1冊

稼げる男は食事が9割|編集部おすすめの1冊

「稼げる男」になるための食習慣とは。食にこだわり、食に投資することが稼げる男になる第一歩だと著者は断言する。ビジネスパフォーマンスを存分に発揮するにはどのような食習慣を心掛けるべきか、そのヒントが詰まっている。

記事を読む
一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?|編集部おすすめの1冊

一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?|編集部おすすめの1冊

見かけこそが人物評価を左右する?「ふくよかなボール型の体形であれば、痩(や)せている人以上にパリッとした服や動きで清潔感や躍動感を出す」など、男性の「見た目」のポイントと改善策を分かりやすくまとめている。これ1冊で「見た目」の改善は完璧だ。

記事を読む
ゴルフで覚えるドラッカー|編集部おすすめの1冊

ゴルフで覚えるドラッカー|編集部おすすめの1冊

ドラッカーの管理手法を活用してゴルフ技術を高めるという内容。25歳でゴルフを始め、インストラクターのレッスンなどを受けたものの30年以上も100が切れなかった著者が、わずか半年で80を切った手法を試してみる価値はありそうだ。

記事を読む
グループ3社を売却せよ『ザ・ゴール2』コミック版

グループ3社を売却せよ『ザ・ゴール2』コミック版

「グループ3社を売却せよ」。取締役会の決定事項が覆せない状況下、子会社担当取締役の新城吾郎がとった行動とは…。今や古典的なビジネス書に数えられる『ザ・ゴール』のコミック版。

記事を読む
『会社の相続』事業承継のトラブル解決|編集部おすすめの1冊

『会社の相続』事業承継のトラブル解決|編集部おすすめの1冊

黒字にもかかわらず廃業に追い込まれる中小企業も珍しくなくなった。今や廃業件数は倒産件数の3倍以上であり、中小企業の「死因」では最もポピュラーになっている。そこで注目されているのが「事業承継」。しかし、中小企業の事業承継には危険がいっぱいだ。

記事を読む
日本一わかりやすい海外M&A入門|編集部おすすめの1冊

日本一わかりやすい海外M&A入門|編集部おすすめの1冊

一部の大手企業は別として、多くの企業にとって海外M&Aはまれな出来事。その知識と経験は社内に蓄積されていないか、蓄積されていても少ないのが一般的だろう。そこで、おススメしたい1冊が『日本一わかりやすい海外M&A入門』だ。

記事を読む
『損をしない会社売却の教科書』|編集部おすすめの1冊

『損をしない会社売却の教科書』|編集部おすすめの1冊

中小企業のためのM&A戦略『損をしない会社売却の教科書』は、​会社を売ろうとしているオーナー経営者がどのようにすれば、失敗することなくM&Aを実現できるのか、その視点で全編が構成されている。売り手だけでなく買い手にも役立つ情報が少なくない。

記事を読む
コミック版 ドラッカーと会計の話をしよう|編集部おすすめの1冊

コミック版 ドラッカーと会計の話をしよう|編集部おすすめの1冊

「利益と儲けは違う」。機内で隣席となった老紳士からそう言われ、驚くレストラン経営者。彼は黒字なのに借金がかさみ続ける店を手放そうとしていた。老紳士は意外な人物の名前をあげる。ピーター・ドラッカー。経営学の巨人は「会計」についても語っていた。

記事を読む
『業界メガ再編で変わる10年後の日本』|編集部おすすめの1冊

『業界メガ再編で変わる10年後の日本』|編集部おすすめの1冊

タイトルの通り、「10年後」をキーワードに企業や業界がどうなっていくのか、国内のM&A(合併・買収)動向を踏まえて明らかにしたのが本書。著者は中堅・中小企業のM&A仲介最大手、日本M&Aセンターのトップコンサルタントとして活躍中。

記事を読む
『日産自動車極秘ファイル2300枚』|編集部おすすめの1冊

『日産自動車極秘ファイル2300枚』|編集部おすすめの1冊

日産自動車にはかつて「塩路天皇」と呼ばれる絶対的権力者が君臨した。経営に介入する労組のドンを打倒するために1人のサラリーマンが立ち上がった。本書は7年に及ぶ「実録戦記」。時はめぐり、新たな絶対的権力者となったゴーン前会長が会社を追われた。

記事を読む
『ポストM&A成功44の鉄則』|編集部おすすめの1冊

『ポストM&A成功44の鉄則』|編集部おすすめの1冊

失敗しないM&Aのために何が必要となるのか。著者が提唱するのが「セカンドPMI」。最初のPMIで積み残したこと、できなかったことを数年後に再度行うPMIを、独自に「セカンドPMI」と名づけた。

記事を読む
設例で学ぶオーナー系企業の事業承継・M&Aにおける法務と税務

設例で学ぶオーナー系企業の事業承継・M&Aにおける法務と税務

森・濱田松本法律事務所=MHM税理士事務所​は、事業承継やM&Aの実務書「​設例で学ぶオーナー系企業の事業承継・M&Aにおける法務と税務」を発行した。

記事を読む
『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』|編集部おすすめの1冊

『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』|編集部おすすめの1冊

4月に出版以来、増刷を重ね、年末ですでに18刷を数える。その奇抜なタイトルにくぎ付けになるに違いない。副題は「人生100年時代の個人M&A入門」。サラリーマンにとってリタイア後を見据え、会社を買うことが選択肢の一つになるのだろうか。

記事を読む
弁護士が税務調査において争点となる項目を取引の観点からまとめた書籍を発行

弁護士が税務調査において争点となる項目を取引の観点からまとめた書籍を発行

​森・濱田松本法律事務所の小山浩弁護士が税務調査において争点となる項目を取引の観点からまとめた書籍「取引の実態からみる税務調査のポイントQ&A」を発刊した。

記事を読む
元新聞記者に聞く「文章力がアップする」おすすめ本3選

元新聞記者に聞く「文章力がアップする」おすすめ本3選

「あなたの文章力、それで大丈夫ですか?」初心者ライターに物書きのプロである元新聞記者がおすすめする本がコレだ!

記事を読む
日産騒動を予見?「社長解任 権力抗争の内幕」

日産騒動を予見?「社長解任 権力抗争の内幕」

現代における“お家騒動”は企業の権力闘争にほかならない。企業はビジネスの場であると同時に、社内政治の場であるからだ。本書は有名大企業10社にスポットをあて、その権力抗争の内幕をえぐりだしている。今回の「日産騒動」の背後も何気に見えてくる。

記事を読む
チェーンストア経営者の必読書「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」

チェーンストア経営者の必読書「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」

編集部おすすめの1冊。今回は、米国在住流通コンサルタントの後藤文俊氏おすすめのチェーンストア関係者の必読書「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」を紹介します。

記事を読む
編集部おすすめの1冊「これだけ!組織再編&事業承継税制」

編集部おすすめの1冊「これだけ!組織再編&事業承継税制」

公認会計士、税理士、経理担当者にとって救いの1冊となるのが「これだけ!組織再編&事業承継税制」だ。本書の著者である公認会計士の佐藤信祐氏によると「組織再編税制のうち10%程度を理解しておけば、実務では事足りる」とのこと。

記事を読む