おすすめ本の記事一覧

「経営者交代 ロッテ創業者はなぜ失敗したのか」|編集部おすすめの1冊

「経営者交代 ロッテ創業者はなぜ失敗したのか」|編集部おすすめの1冊

日本の大手菓子メーカーであるロッテのほか、韓国のロッテホテルやロッテ百貨店など日韓にまたがる企業グループであるロッテの創業者・重光武雄氏の事業承継にかかわる準備や抗争、結末、教訓などをまとめたのが本書だ。

記事を読む
「創世の日」|編集部おすすめの1冊

「創世の日」|編集部おすすめの1冊

M&A Online編集部が今週取り上げたのは「創世(はじまり)の日」(朝日新聞出版)。経済小説の第一人者、江上剛さんの新作だ。敗戦後、財閥解体の危機に直面した花浦財閥が舞台。当主、久兵衛が下した苦悩の決断とは。

記事を読む
「日本のマネジメント・バイアウト 機能と成果の実証分析」|編集部おすすめの1冊

「日本のマネジメント・バイアウト 機能と成果の実証分析」|編集部おすすめの1冊

「MBO」で知られるマネジメント・バイアウト、日本語では「経営陣による買収」と訳される。上場廃止を狙った非公開化型と、子会社が親会社から独立するためのダイベストメント型がある。なぜMBOを選ぶのか、そして実行後の業績はどうだったのかを探る。

記事を読む
「銀行買収 米系投資ファンドによる韓国大手行の買収と再生の内幕」|編集部おすすめの1冊

「銀行買収 米系投資ファンドによる韓国大手行の買収と再生の内幕」|編集部おすすめの1冊

タイ・バーツの急落をきっかけに発生したアジア金融危機の際に、経営が破綻した韓国第4位の銀行である韓国第一銀行を、米国の投資ファンドが買収した。この交渉過程の一部始終を描いたのが本書だ。

記事を読む
「M&A年鑑2022」がダイヤモンド社から発売へ|M&A Online編著

「M&A年鑑2022」がダイヤモンド社から発売へ|M&A Online編著

M&A Online編著によるデータブック「M&A年鑑2022」(ダイヤモンド社刊)が1月31日発売される。2021年の上場企業による877件の全M&A(適時開示ベース)を網羅し、様々な角度から解説。​ムック形式で183ページ。1760円(税込み)。

記事を読む
「バベルの塔の人々」|編集部おすすめの1冊

「バベルの塔の人々」|編集部おすすめの1冊

M&A Online編集部が今回取り上げる一冊は「バベルの塔の人々」。主人公の秋月は国内証券最大手、武蔵証券のグローバル人事部長。「武蔵証券、ウォールストリート証券の救済で名乗りか」。こうした観測記事が嵐の到来を告げることになるとは……。

記事を読む
金融庁戦記|編集部おすすめの1冊

金融庁戦記|編集部おすすめの1冊

異色の金融官僚といわれた佐々木清隆氏の企業監視官時代の活躍を追う経済犯罪ドキュメンタリー。金融不況時の大蔵省の内情やクレディ・スイスとの丁々発止のやり取り、ライブドアや村上ファンドなどの捜査などを、佐々木氏の証言を織り込みながら明らかにしていく。有名な経済事件を監視官の視点から振り返る1冊だ。

記事を読む
「バリュエーションの理論と実務」|編集部おすすめの1冊

「バリュエーションの理論と実務」|編集部おすすめの1冊

裁判などで争われるような論点を中心に、引用している理論の妥当性や、問題点を検証した「バリュエーション研究会」での議論を基に、企業価値評価の実務で争われる可能性のある論点を整理し、理論を踏まえた上で許容される範囲を示したのが本書だ。

記事を読む
「金融時事用語集(2022年版)」|編集部おすすめの1冊

「金融時事用語集(2022年版)」|編集部おすすめの1冊

M&A Online編集部が今回紹介するのは「2022年版金融時事用語集」。1990年に創刊して毎年、版を重ねている。約200用語を厳選し、このうちの約4分の1は前回版と入れ替わっている。タイムリーは金融用語を知るにはもってこいの一冊。

記事を読む
【2021年】今年発売されたM&A関連本をすべて紹介します!

【2021年】今年発売されたM&A関連本をすべて紹介します!

2021年に出版されたM&A関連や事業承継をテーマにした本をすべて紹介します。

記事を読む
「税理士のための 中小企業のM&Aサポートブック」|編集部おすすめの1冊

「税理士のための 中小企業のM&Aサポートブック」|編集部おすすめの1冊

M&Aに関わる業種と言えば、証券会社やM&A仲介業者が真っ先に思い浮かぶかもしれない。しかし、税理士や公認会計士、弁護士といった「士業」も、欠かすことができない必須のパートナーだ。とりわけ中小企業のM&Aにおいて税理士の果たす役割は大きい。

記事を読む
「SWOT分析による戦国武将の成功と失敗」|編集部おすすめの1冊

「SWOT分析による戦国武将の成功と失敗」|編集部おすすめの1冊

武田勝頼、上杉景勝、北条氏政ら戦国武将12人が行った事業承継やブランディング、人事、生存戦略などを、SWOT分析の手法を用いて、現代のビジネスで参考になるようにまとめた。

記事を読む
「権力者と愚か者 FT編集長が見た激動の15年」|編集部おすすめの1冊

「権力者と愚か者 FT編集長が見た激動の15年」|編集部おすすめの1冊

M&A Onlineが今回取り上げるのは「権力者と愚か者 FT編集長が見た激動の15年」(日本経済新聞出版刊)。英経済紙のフィナンシャル・タイムズ紙(FT)の編集長を務めた人物の回顧録。2015年にFTが日本経済新聞社に買収が決まる際の記述も興味深い。

記事を読む
「後継者不在、M&Aもうまくいかないときに」|編集部おすすめの1冊

「後継者不在、M&Aもうまくいかないときに」|編集部おすすめの1冊

国は後継者不在の中小企業を対象に事業承継がスムーズに進むよう、優遇税制や補助金制度などを設け、事業承継を後押ししているが、すべての企業で事業承継がうまく進むとは限らない。そんな企業に対する解決策を示しているのが本書だ。

記事を読む
「会社を”守る”M&A、”伸ばす”M&A」|編集部おすすめの1冊

「会社を”守る”M&A、”伸ばす”M&A」|編集部おすすめの1冊

2020年の企業倒産件数は前年比7.3%減の7773社。30年ぶりに8000件を下回った。「コロナ禍で経営環境は厳しかったのでは?」と思うかもしれない。これは国や自治体が手厚い資金繰り支援を実施したため、業績不振の企業も生き残れたからだ。

記事を読む
「日本のM&Aの歴史と未来」|編集部おすすめの1冊

「日本のM&Aの歴史と未来」|編集部おすすめの1冊

M&A関係者にとって「待望の一冊」がお目見えした。そのタイトルは「日本のM&Aの歴史と未来」。今や経営の常套手段となったM&Aだが、黎明期からの歴史を知る人はさほどいない。日本のM&Aの過去・現在・未来を俯瞰しようと試みたのが本書だ。

記事を読む
「会社を売る力 業界再編M&A最前線」|編集部おすすめの1冊

「会社を売る力 業界再編M&A最前線」|編集部おすすめの1冊

日本ではいま、多くのビジネスが「業界再編」の真っ只中にある。その中で生き残り会社を伸ばすための「攻めの経営戦略としてのM&A」に迫った一冊だ。筆者は国内最大手のM&A仲介業者である日本M&Aセンターの社員たち。それだけに説得力がある一冊だ。

記事を読む
「スモールM&Aのビジネスデューデリジェンス実務入門」|編集部おすすめの1冊

「スモールM&Aのビジネスデューデリジェンス実務入門」|編集部おすすめの1冊

M&AアドバイザーやM&Aの実務に携わる社員らを対象に、中小企業M&Aのデューデリジェンスについてまとめたのが本書。M&Aに必要な一般的な知識だけでなく、随所にノウハウが盛り込まれており、実務に携わる人たちの手引書となる。

記事を読む
「事業承継を乗り切るための組織再編・ホールディングス活用術」|編集部おすすめの1冊

「事業承継を乗り切るための組織再編・ホールディングス活用術」|編集部おすすめの1冊

今週の一冊は「事業承継を乗り切るための組織再編・ホールディングス活用術」。タイトルから想像しにくいが、実は税理士による税理士のための一冊。会計・税務や決算対策などの従来業務に加え、事業承継まで支援できる“提案型税理士”を目指すための指南書。

記事を読む
「中小企業M&A 株式譲渡の税務」|編集部おすすめの1冊

「中小企業M&A 株式譲渡の税務」|編集部おすすめの1冊

政府の中小企業M&A推進策の一つとして注目される、株式譲渡税制。以前は事業承継や企業売却で中小企業の株式を譲渡しようとする際に納付しなければならない税金が高く、中小企業M&Aの足かせになっていたとの指摘があった。そのため近年は改善が目立つ。

記事を読む
「オーナーの視点から考える事業承継型M&Aの法務・税務戦略」|編集部おすすめの1冊

「オーナーの視点から考える事業承継型M&Aの法務・税務戦略」|編集部おすすめの1冊

「事業承継を検討している経営者が法務、税務の観点から最適解を発見できることを目的にまとめられたのが本書。同時に税理士や金融機関、コンサルティング会社の担当者らにも参考になるように仕上げてある。

記事を読む
「成長戦略型段階的M&A」|編集部おすすめの1冊

「成長戦略型段階的M&A」|編集部おすすめの1冊

M&A Online編集部が取り上げる今週のおすすめの1冊は「成長戦略型段階的M&A」(幻冬舎刊)。著者の畑野幸治さんは連続起業家として知られ、M&Aによる成功体験を持つ。現在、M&A仲介のfundbook(東京都港区)を率いる。

記事を読む
最近出版された「M&A関連本」2021年7ー9月

最近出版された「M&A関連本」2021年7ー9月

コロナ禍で出版不況と言われるなかでもM&Aをテーマにした書籍の発刊が相次いでいます。最近出版(2021年7-9月)されたM&A関連本をまとめました。

記事を読む
「図解はじめての事業分離・売却」|編集部おすすめの1冊

「図解はじめての事業分離・売却」|編集部おすすめの1冊

M&Aとは企業の「合併と買収」という意味で、「買う」側の用語だ。そのため「分離と売却」という「売る」側の視点で語られることは少なかった。本書は自社事業や子会社を「売る」ために必要な知識やチェックポイントを図解入りで分かりやすく解説している。

記事を読む
「ザ・M&Aディール 企業買収・売却プロセス実践対策集」|編集部おすすめの1冊

「ザ・M&Aディール 企業買収・売却プロセス実践対策集」|編集部おすすめの1冊

M&Aで失敗しないための実践的な対応策を啓蒙することを目的に、20人を超えるM&AのプロがM&Aに携わる企業担当者や専門家ら向けに、本格的なM&A実務解説書としてまとめ上げた。

記事を読む