ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【ベンチャーM&A】フィンテックM&Aの最新動向2017

alt

Ant Financialが買収したMoneyGram(マネーグラム)は、米国のNASDAQ公開企業で、国際送金サービスを世界各地で展開しています(日本ではSBIレミットと提携)。ちなみにPayPalは2015年7月にMoneyGramの同業者であるXoomを$890M(約1011億円)で買収しています。

今回のM&Aにより、Ant FinancialはライバルのPayPalに対して国際送金サービスでも肩を並べ凌駕しつつあるといえます。

フィンテック分野のスタートアップの資金調達動向は?

昨年の同時期に比べると調達金額は減っている印象がありますが、今のところフィンテック分野のベンチャー投資は活発と言えそうです。

オンライン融資、個人財務/資産運用アプリ、モバイル決済などが相変わらず多く、また、デジタル銀行プラットフォーム、金融アプリ開発、市場データ解析など金融機関をターゲット顧客とするビジネスも目立ちます。(→ 個別の案件については米国IPO週報をご参照ください。)

PayPalの株価推移

PayPalによるM&A

2017年2月 TIO Networks(通信/公共料金決済;$233M)
2015年8月 Modest(モバイルコマース)
2015年7月 Xoom(国際送金;$890M)
2015年3月 CyActive(セキュリティ;$60M)
2015年3月 Paydian(お財布アプリ;$280M)

Ant FinancialによるM&A、ベンチャー投資

2017年1月 MoneyGram(国際送金;買収$880M)
2016年9月 EyeVerify(生体認証;買収)
2017年2月 Kakao Pay(韓国モバイル決済;出資)
2017年1月 UrWork(中国コワーキングスペース;出資)

NEXT STORY

【メタップス】上場直後から怒涛のM&A データを学習する世界の頭脳へ

【メタップス】上場直後から怒涛のM&A データを学習する世界の頭脳へ

2017/02/17

データ分析や決済サービスを運営するメタップスが2015年の株式上場以降、M&Aを矢継ぎ早に重ねて事業を急拡大させている。2020年の目標売上高は1000億円。データを学習して意思決定を支援する「世界の頭脳」となることをめざす。