ミネベアは、FDKの子会社からステッピングモーター事業を取得すると発表した。ステッピングモーターとは、パルス電力により回転を制御できるモーターで、対象事業の直近売上高は73億2000万円。

ミネベアは、世界最小径のステッピングモーターの開発など小型モーター分野を強化している。 一方、FDKは、小型モーターでの技術優位性を活かしてステッピングモーター事業を展開してきたが、同事業の一層の発展を図るためには、ミネベアへ譲渡することが最適であると判断した。

取得価額は非公表。取得日は未定だが、2008年10月下旬に最終契約書を締結予定。