木村屋の暖簾分け

今では、暖簾分け制度は廃止となっていますが、この制度のおかげで全国に“キムラヤ”ブランドは広がっていきました。主な暖簾分けは次のとおり。

<木村屋の主な暖簾分け>

蔵六餅本舗木村屋1882(明治15)年に銀座木村家の2号店として千葉県佐倉市で創業。現在は和菓子店となっている。
つるおか菓子処木村屋1887(明治20)年に山形県初のパン屋として鶴岡市で創業。現在は和洋菓子中心のラインナップ。
田村町木村屋1900(明治33)年に東京都港区新橋にて創業。1920(大正9)年にはパン食促進のため喫茶部を併設した。「バナナケーキ」が名物。
築地木村家1910(明治43)年に東京都中央区築地で創業。パン生地にビールホップを使ったあんぱんは50種類もある。
岡山木村屋1919(大正8)年に岡山市で創業。直営店と専売店を合わせて約100店舗を展開。
札幌キムラヤ1927(昭和2)年に札幌市南区で創業。2002年に民事再生法を申請し、現在は木村屋總本店が支援し、経営再建中。
ヨーロッパンキムラヤ1927(昭和2)年に福井県鯖江市で創業。今年で90周年を迎える。


独自に開発した看板商品はご当地パンに

銀座本店から暖簾分けした各地の“キムラヤ”の中には、オリジナルの商品を生み出し、地域の名物になっているものもあります。

名物の「ホットドッグ」。Photo by toshifukuoka

昨年末、福岡県久留米市を拠点とする「木村屋」が全店閉鎖するというニュースが久留米市民に大きな衝撃を与えました。同店の名物「ホットドッグ」やメロンパンのような菓子パン「まるあじ」は、まさに久留米のソウルフード。店舗には、最後に食べておきたいと買い求める人が後を絶たなかったそうです。
岡山県にある岡山木村屋では、岡山名物ともいわれる「バナナクリームロール」や素朴な味のうずまきパン「スネーキ」、「さくらあんぱん」といったロングセラーも。時代に合った美味しいパンを作るべく、年間50種以上の新作パンを作っているのだとか。
福井県鯖江市のヨーロッパンキムラヤには、大福をブリオッシュ生地で丸ごと包んで焼き上げた「大福あんぱん」なるとてもユニークなパンも。この「大福あんぱん」も30年以上もの歴史があるというから驚きです。
こうした独創的で美味しいパンを追求する姿勢は、まさに「酒種あんぱん」を生み出した創業主のスピリットを引き継いでいるよう。今後も各地の“キムラヤ”から美味しいオリジナルパンが出てくることに期待したいものです。

文:M&A Online編集部