menu
Social media

ビジネス

編集部おすすめの1冊~ランキング編~ 【2017年3月】

Cover 7151348f 1efa 4a83 b3c4 0a4159479382

売れているのには理由がある――。数多あるビジネス書の中から、どの本をいま読むべきか決めるのはなかなか難しい作業。ならば、世間で売れている本に注目してみようというわけで、ハイブリッド型書店サービス「honto(ホント)」の協力のもと、ビジネス書の月間ランキングを毎月お届けする。

<2017年3 月ビジネス書ランキング>

ランキングタイトル/著者/出版社
第1位会話もメールも英語は3語で伝わります Simple English for Everyone
中山裕木子/ダイヤモンド社
第2位野村證券第2事業法人部
横尾宣政/講談社
第3位はじめての人のための3000円投資生活
横山光昭 /アスコム
第4位やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける
アンジェラ・ダックワース /ダイヤモンド社
第5位弘兼流60歳からの手ぶら人生
弘兼憲史/海竜社

honto調べ(集計期間:2017年3月1日~2017年3月31日)

もはやランキングの常連ともいえる「はじめての人のための3000円投資生活」「やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける」は根強い人気が続く。前回のランキングで発売早々にランクインしてきた「野村證券第2事業法人部」も着実に票を伸ばし、第2位にまで上りつめた。

会話もメールも英語は3語で伝わります Simple English for Everyone

そんな中、突如としてランキングに登場したのが「会話もメールも英語は3語で伝わります Simple English for Everyone」だ。2月末に日本テレビ系「世界一受けたい授業」に著者が出演し、日本人が苦手意識の強い英語をたったの3語を使って話すコツを披露。大原則は、英文法の基本ともいえるSVO、つまり主語、動詞、目的語を並べるだけでいいという、何とも斬新な英会話方法で、話題となった。その反響がこのランキングにも表れているといえる。

SVOの中でも決め手となるのが、動詞とのこと。しかも、中学1年生で習うような簡単な動詞を駆使すれば大抵のことは伝わるというから、かなりシンプルなメソッドだ。日本人は文法にこだわりすぎて会話ができないことが多いので、そういう意味では文法という構造を単純化することで、英語での円滑なコミュニケーションを叶えてくれそうだ。ただし、ビジネスシーンやアカデミックな場ではやや稚拙な印象に映ってしまうので、あくまでも英会話入門編としての位置づけの本だと言える。とにかく英語で意思疎通をしたいという人にはオススメの1冊だ。今年こそ、英語を何とかしたいという人は一度手にしてみてはどうだろうか。

まとめ:M&A Online編集部

【関連リンク】その他の「編集部おすすめの1冊」はこちら

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


おすすめ本

NEXT STORY

ファイナンスおすすめ本「コーポレートファイナンス実務の教科書」

ファイナンスおすすめ本「コーポレートファイナンス実務の教科書」

M&A Online編集部がおすすめの書籍を紹介する「編集部おすすめの1冊」。実務編と題して、今回はファイナンス分野からピックアップ。読みどころを著作者の松田千恵子先生にお聞きしました。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344