M&Aのニュース記事一覧

事業者の自己変革をテーマに 2022年版中小企業白書

事業者の自己変革をテーマに 2022年版中小企業白書

政府は4月26日、2022年版の中小企業白書・小規模企業白書を閣議決定した。今回の白書では事業者の「自己変革」をテーマに、ウィズコロナ、アフターコロナの各フェーズにおいて事業者にとって必要な取り組みを紹介・分析している。

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 4月18日〜4月22日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 4月18日〜4月22日

2022年4月18日から2022年4月22日までのM&Aニュースをまとめました。【詳細はこちら】 https://maonline.jp/news/summary20220423

記事を読む
「日本電産」2025年までに工作機械メーカー3社を買収 機械事業を5000億円規模に

「日本電産」2025年までに工作機械メーカー3社を買収 機械事業を5000億円規模に

日本電産が工作機械事業に本格参入する。同社は2025年までに工作機械メーカー3社を買収し、プレス機械や減速機などの部品関連を含めて機械事業グループを構成し、日本電産の一つの大きな柱に育てる計画だ。

記事を読む
東北のM&A勢力図が塗り替わる? 目下、「岩手県」が躍進中

東北のM&A勢力図が塗り替わる? 目下、「岩手県」が躍進中

東北6県のM&Aをめぐる勢力図がここへきて塗り替わりつつある。めきめき頭角を現しているのが岩手県。今年に入って同県の企業がかかわるM&Aは8件(上場企業の適時開示ベース)を数え、2位の宮城県3件を引き離して断トツだ。岩手県躍進の理由は?

記事を読む
「吉野家」が「ラーメン」を次の柱に 企業買収を再開 不適切発言の役員解任の影響は

「吉野家」が「ラーメン」を次の柱に 企業買収を再開 不適切発言の役員解任の影響は

吉野家ホールディングスが攻勢に転じる。コロナ禍で足場が固まったとして、企業買収を再開するとともに、ラーメンを牛丼(吉野家)、うどん(はなまる)に次ぐ第3の柱に育てる方針を打ち出した。

記事を読む
 [新版]企業戦略論【下】全社戦略編|編集部おすすめの1冊

[新版]企業戦略論【下】全社戦略編|編集部おすすめの1冊

あなた自身がM&Aを検討している場合、あるいは、あるM&A案件の有用性を外部または内部に説明しなければならない立場である場合、「新版 企業戦略論 戦略経営と競争優位(下)」は役に立つだろう。

記事を読む
カジュアル衣料のアダストリア「企業買収」に本腰 2026年2月期に売上高2800億円に

カジュアル衣料のアダストリア「企業買収」に本腰 2026年2月期に売上高2800億円に

アダストリアが、企業買収を積極化する方針を打ち出した。同社は2026年2月期を最終年とする4カ年の中期経営計画の中で「不足していた検討プロセスと専任チームは整備済み」とし、M&Aに本腰を入れる姿勢を示した。

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 4月11日〜4月15日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 4月11日〜4月15日

4月11日から4月15日までのM&Aニュースをまとめました 【詳細はこちら】 https://maonline.jp/news/summary20220416

記事を読む
実は顧客が悪い?「全く勝てない」阪神が抱える意外な弱点とは…

実は顧客が悪い?「全く勝てない」阪神が抱える意外な弱点とは…

阪神タイガースが今シーズンは4月14日時点で1勝15敗1分けと、プロ野球ワースト記録を更新する不名誉な出だしとなった。もちろん監督の采配など球団自身の問題が最大の要因だが、「マーケティング」という視点からは、別の問題が浮かび上がってくる。

記事を読む
【藤久ホールディングス】手芸出版・教育の「日本ヴォーグ社」買収、反転攻勢の“号砲”となるか

【藤久ホールディングス】手芸出版・教育の「日本ヴォーグ社」買収、反転攻勢の“号砲”となるか

手芸専門店の藤久ホールディングスが同社として初の本格的なM&Aに取り組む。手芸に関する出版・教育事業の日本ヴォーグ社(東京都中野区)を傘下に収めることになった。藤久は1月に持ち株会社制に移行し、M&Aによる業容拡大を打ち出していたが、早速実行に移した形だ。

記事を読む
新訂版「会社のたたみ方」|編集部おすすめの1冊

新訂版「会社のたたみ方」|編集部おすすめの1冊

登山中に「これはマズい!」と思ったら、すぐに山を降りるのが鉄則だという。企業経営も同じかもしれない。早い段階で経営から「降りる」決断ができれば、取引先や従業員、そして経営者自身や家族にとっても「どん底」に堕ちるリスクを最小限に抑えられる。

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 4月4日〜4月8日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 4月4日〜4月8日

4月4日から4月8日までのM&Aニュースをまとめました 【詳細はこちら】 https://maonline.jp/news/summary20220409

記事を読む
M&Aバリュエーションを考える サム・オブ・ザ・パーツ(SOTP)分析

M&Aバリュエーションを考える サム・オブ・ザ・パーツ(SOTP)分析

東芝の経営が混乱している。2021年3月の臨時総会、同年6月の定時株主総会に続き、2022年3月の臨時株主総会(意思確認)も会社提案の議案が否決された。ことの始まりは「株主アクティビズム」である。

記事を読む
【木曽路】コロナ後を見据えM&Aで出店を加速

【木曽路】コロナ後を見据えM&Aで出店を加速

しゃぶしゃぶの「木曽路」や、焼肉の「大将軍」などを展開する木曽路が、コロナ後を見据えて攻勢に転じた。木曽路や大将軍などの出店拡大を計画しており、こうした今後の出店戦略を踏まえて、食肉加工会社を傘下に収めることにしたのだ。

記事を読む
「全プレミアム平均」と「ポジティブプレミアム平均」どう違う?

「全プレミアム平均」と「ポジティブプレミアム平均」どう違う?

M&A Onlineの人気コンテンツ「TOBプレミアム」に、1年ごと(今年はその時点での)のプレミアム平均が表示されている。このプレミアム平均には「全プレミアム平均」と「ポジティブプレミアム平均」の2種類がある。それぞれの違いは何なのか?

記事を読む
東洋建設と大豊建設の買収劇、共通キーワードは「旧村上ファンド系」

東洋建設と大豊建設の買収劇、共通キーワードは「旧村上ファンド系」

建設業界でここへきて大型M&Aが連続している。ターゲットは東洋建設と大豊建設。前者には前田建設工業を中核とするインフロニア・ホールディングス、後者には九州の企業グループ「麻生」(福岡県飯塚市)が買収者として名乗りを上げた。一見無関係に見える二つ買収劇だが、実は共通するキーワードがある。それは、「旧村上ファンド系」だ。

記事を読む
「弊社は買収されました!」|編集部おすすめの1冊

「弊社は買収されました!」|編集部おすすめの1冊

企業買収は買収成立がゴールではなく、そこがスタートとなる。文化の異なる2社の経営を統合する作業がそこから始まるからだ。本作品はフィクションだが、PMIを追体験できる内容に仕上がっている。

記事を読む
2022年1月から3月に出版された「M&A関連本」をすべて紹介します

2022年1月から3月に出版された「M&A関連本」をすべて紹介します

今年も1月~3月の3カ月間で、40冊以上の書籍やM&Aの特集記事を組んだ雑誌が出版されました。

記事を読む
スポーツクラブ事業、日立・大阪ガス・ブリヂストンが相次いで売却

スポーツクラブ事業、日立・大阪ガス・ブリヂストンが相次いで売却

長引くコロナ禍を受け、スポーツクラブ業界がサバイバルを賭けた激動期に突入している。それを象徴するのがM&Aの広がりだ。日立製作所、大阪ガス、ブリヂストン…。売り手企業にはそうそうたる顔ぶれが並ぶ。

記事を読む
M&A法制を考える 反アクティビスト・ピル(The Anti-Activist Pill)の許容性

M&A法制を考える 反アクティビスト・ピル(The Anti-Activist Pill)の許容性

近年、日本では株主アクティビズムが活発化し、「市場内買付け」による敵対的買収が現れ、最高裁判所でこの防衛策が議論されている。買収防衛策を許容し、裁判所がその範囲を決定する米国デラウェア州の裁判所はどのような判断をしているか。

記事を読む
子会社2社が倒産したオンキヨー、かつて手がけた「意外な商品」

子会社2社が倒産したオンキヨー、かつて手がけた「意外な商品」

オンキヨーホームエンターテイメント(旧オンキヨー)の連結子会社であるオンキヨーサウンドとオンキヨーマーケティングが、3月18日付で大阪地方裁判所へ自己破産を申請して倒産した。オンキヨーはTOBで変わった事業にも挑戦していた。果たして何を…。

記事を読む
M&Aバリュエーションを考える 類似上場会社の選定

M&Aバリュエーションを考える 類似上場会社の選定

過去にBumpitrageの対象となったアルプス電気とアルパインの経営統合で争点となったバリュエーション・アプローチの下での前提や数値の設定は、Appraisal Litigationではどう判断されているか、紹介する。

記事を読む
元メガバンク行員が語る、事業承継型M&Aの相談相手としての銀行とは

元メガバンク行員が語る、事業承継型M&Aの相談相手としての銀行とは

事業承継のアドバイザーには様々な専門機関があるが、どのアドバイザーが自分にとって良いのかわからない方も多いのではないだろうか。また、何を相談すべきか分からない方もいるだろう。そこで今回は相談機関として銀行がおすすめな理由を説明する。

記事を読む
「M&A後の組織・職場づくり入門」|編集部おすすめの1冊

「M&A後の組織・職場づくり入門」|編集部おすすめの1冊

近年、M&A件数は伸びているが、「M&Aの失敗」も目立つようになってきた。こうした「もったいないM&A」を少しでも減らしたいとの思いから、実際の現場調査と学術的な研究をもとにPMI(合併・買収後の統合プロセス)の手法について解説した1冊だ。

記事を読む
【十六銀行】最古の「ナンバーバンク」として威信を保ち、成長路線をまい進|ご当地銀行のM&A

【十六銀行】最古の「ナンバーバンク」として威信を保ち、成長路線をまい進|ご当地銀行のM&A

日本最古のナンバーバンクである岐阜県の十六銀行。明治期から第二次大戦前にかけて、周辺地域の数多の金融機関と合従連衡を繰り広げた。最近は単独で銀行持ち株会社を設立した。

記事を読む