M&Aのニュース記事一覧

M&A法制を考える 買収防衛策の適法性を巡る議論(下)

M&A法制を考える 買収防衛策の適法性を巡る議論(下)

買収防衛策を巡って活発な議論が行われるのは、日本の買収やその防衛策の法理は欧米とは異なるため、当然であり、今後のM&Aマーケットの発展のためには有益なことであると思われる。

記事を読む
【10月M&Aサマリー】今年3番目の83件と増勢続く|「ほっともっと」のプレナスはMBOで非公開化

【10月M&Aサマリー】今年3番目の83件と増勢続く|「ほっともっと」のプレナスはMBOで非公開化

2022年10月のM&A件数は前年同月を13件上回る83件と今年に入り9月、3月に次ぐ3番目の高水準だった。一方、取引金額は2330億円。こちらは下から数えて今年2番目で、件数の割に金額は盛り上がりを欠いた。

記事を読む
5分で簡単にわかるステークホルダーの意味とビジネス、M&Aでの使い方

5分で簡単にわかるステークホルダーの意味とビジネス、M&Aでの使い方

ステークホルダーとは「利害関係者」のこと。企業や行政などの利害と行動に直接あるいは間接的な利害関係がある個人や団体などを指す概念だ。しかしこの概念は極めて広く、企業や状況に応じてさまざまな使われ方をする。ステークホルダーとは何かを解説する。

記事を読む
【駅探】M&Aで事業領域を拡大

【駅探】M&Aで事業領域を拡大

列車の発着時間などを検索できる「乗換案内」を運営する駅探が、M&Aで事業領域を拡げている。2024年3月期の売上高は、2年間で倍増という強気の計画。M&Aが果たす役割は大きいそうだ。

記事を読む
医療法人のM&Aについて ー医療法人・病院のM&Aスキームや最新動向を解説、評価額の算出方法も紹介ー

医療法人のM&Aについて ー医療法人・病院のM&Aスキームや最新動向を解説、評価額の算出方法も紹介ー

医療法人(病院やクリニック)のM&Aが活発に行われていることをご存じですか。この記事では医療法人の特徴や需給動向、M&Aスキーム、M&A事例、承継時における評価の算出方法などについて解説します。

記事を読む
「新釈 成功するM&Aの進め方」|編集部おすすめの1冊

「新釈 成功するM&Aの進め方」|編集部おすすめの1冊

M&A Online編集部が今回取り上げるのは「新釈 成功するM&Aの進め方」(坪井孝太著、ダイヤモンド社刊)。中規模以上のM&Aをシームレスに進め、成功に導くための要諦を解説した一冊。

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 10月17日〜10月21日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 10月17日〜10月21日

10月17日から10月21日までのM&Aニュースをまとめました 【詳細はこちら】 https://maonline.jp/news/summary20221022

記事を読む
「ハゲタカ」の真山仁氏、次回作は「台中問題と半導体」がテーマ

「ハゲタカ」の真山仁氏、次回作は「台中問題と半導体」がテーマ

「ハゲタカ・シリーズ」で知られる経済小説家の真山仁さんが都内で開かれたセミナーで、「『ハゲタカ』著者が語るM&Aの可能性」と題して講演した。新型コロナ禍やウクライナ侵攻など時代の大きな変化の中で、日本経済の立て直しに必要となる条件を語った。

記事を読む
M&A法制を考える 買収防衛策の適法性を巡る議論(中)

M&A法制を考える 買収防衛策の適法性を巡る議論(中)

米国デラウェア州の判例法は日本の判例法と異なり、買収防衛策の導入・発言を「取締役会」のみで決するが、買収防衛策の適法性はどのように判断しているか。

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 10月11日〜10月14日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 10月11日〜10月14日

10月11日から10月14日までのM&Aニュースをまとめました 【詳細はこちら】 https://maonline.jp/news/summary20221015

記事を読む
100億円超の大型M&A、6年ぶりに年間80件を上回るハイペース

100億円超の大型M&A、6年ぶりに年間80件を上回るハイペース

取引金額が100億円を超える大型M&Aの件数がハイペースで推移している。1~9月段階で前年比8件増の63件と、このままいけば、2022年は2016年(87件)以来6年ぶりに年間80件を上回る見通しだ。1000億円超の案件は今のところ7件と、前年(19件)の半数以下にとどまるが、数百億円規模の案件が積み上がっている。

記事を読む
「再興 THE KAISHA」|編集部おすすめの1冊

「再興 THE KAISHA」|編集部おすすめの1冊

バブル崩壊から「失われた30年」を過ぎ、急激な円安も相まって、このまま日本経済は没落していくのではないかとの懸念が高まっている。しかし、本書の著者で米カリフォルニア大学のウリケ・シェーデ教授は、日本を依然として重要な経済大国だと述べている。

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 10月3日〜10月7日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 10月3日〜10月7日

10月3日から10月7日までのM&Aニュースをまとめました 【詳細はこちら】 https://maonline.jp/news/summary20221008

記事を読む
あの「ホワイトハウスコックス」も!後継者不足が名門企業を殺す

あの「ホワイトハウスコックス」も!後継者不足が名門企業を殺す

世界的な名門皮革加工品メーカーの英ホワイトハウスコックスが、2022年末で生産を終了することが明らかになった。147年も続く老舗企業だが、同社マネージングディレクターのステファン・コックス氏に後継者がいないことから、自主廃業を決めたという。

記事を読む
【アイスタイル】アマゾン、三井物産の支援で競争力アップへ

【アイスタイル】アマゾン、三井物産の支援で競争力アップへ

化粧品口コミサイトや、化粧品の実店舗、EC(電子商取引)サイトなどを運営するアイスタイルが、180億円を超える資金調達を実施し、メディア、店舗、ECの連携や、ネットワークの拡充などを通じた競争力強化に乗り出した。

記事を読む
M&A法制を考える 買収防衛策の適法性を巡る議論(上)

M&A法制を考える 買収防衛策の適法性を巡る議論(上)

2021年は、敵対的買収が過去最高の8件となり、買収防衛策の適法性が裁判となるケースが急増したが、今年に入っても新たに買収防衛を導入する会社や株主がその防衛策の適法性を裁判に持ち込むケースが相次いでいる。

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 9月26日〜9月30日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 9月26日〜9月30日

9月26日から9月30日までのM&Aニュースをまとめました。 【詳細はこちら】 https://maonline.jp/news/summary20221001

記事を読む
聞いてみた。M&Aの専門家はどんな電卓を使っているの。大川泰蔵・日本リンクス代表取締役は?

聞いてみた。M&Aの専門家はどんな電卓を使っているの。大川泰蔵・日本リンクス代表取締役は?

M&Aアドバイザリー会社のGCAに入社した際に購入した電卓(CASIOのMW-12A)を今でも使っています。もう14、5年になります。工学部出身で、ロボットやAI(人工知能)などをやっていたことから、当時はNTTでSEとして働いていました。

記事を読む
さよなら「東急ハンズ」「日立金属」 買収で長年親しまれた社名に別れ

さよなら「東急ハンズ」「日立金属」 買収で長年親しまれた社名に別れ

東急ハンズ、日立金属が社名変更を発表した。東急ハンズは「東急」を外して10月1日に「ハンズ」に。日立金属は来年1月に「プロテリアル」に名前を改める。長年慣れ親しまれた社名に別れを告げる理由はM&A。買収で親会社が変わることになったからだ。

記事を読む
マツダ、トヨタ…ロシア撤退相次ぐ。日本車メーカーには痛手?

マツダ、トヨタ…ロシア撤退相次ぐ。日本車メーカーには痛手?

マツダがロシア極東部での現地生産から撤退する交渉に入ったことが分かった。日本車メーカーではトヨタ自動車が9月23日にロシア西部の工場を閉鎖し、撤退すると発表している。相次ぐ日本車メーカーのロシア撤退だが、世界戦略で痛手にならないのだろうか?

記事を読む
ゴルフ場の買収は成長に必要「アコーディア・ゴルフ」石井歓社長に聞く

ゴルフ場の買収は成長に必要「アコーディア・ゴルフ」石井歓社長に聞く

アコーディア・ゴルフは2022年10月1日に、ネクスト・ゴルフ・マネジメントを吸収合併する。今年6月にアコーディアの社長に就任した石井歓社長に、合併効果などについてお聞きした。

記事を読む
機能訓練型デイサービス「ステップぱーとなー」関連倒産が相次ぐ

機能訓練型デイサービス「ステップぱーとなー」関連倒産が相次ぐ

介護サポートサービスと関連の4社は8月31日、東京地裁より破産開始決定を受けた。同社は機能訓練型デイサービス「ステップぱーとなー」の経営とFC事業を展開していた。ステップぱーとなーは8月5日に破産開始決定を受け、関連倒産はこれで7社となった

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 9月5日〜9月9日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 9月5日〜9月9日

9月5日から9月9日までのM&Aニュースをまとめました 【詳細はこちら】 https://maonline.jp/news/summary20220911

記事を読む
インサイダー取引の課徴金 過去最高の1億9625万円

インサイダー取引の課徴金 過去最高の1億9625万円

金融庁は9月1日、イノテック株でインサイダー取引を行ったとして香港の投資会社・CVPホールディングスの役職者に課徴金1億9,625万円の納付を命じた。金融庁によると、内部者取引への課徴金額としては過去最高。

記事を読む
買収を加速する「小僧寿し」Taco Bell効果は?

買収を加速する「小僧寿し」Taco Bell効果は?

持ち帰りずしチェーンを運営する小僧寿しが企業買収のアクセルを踏み込んでいる。同社は2022年10月3日にJFLAホールディングスの傘下企業からメキシカン・ファストフード「Taco Bell」事業を譲り受ける。

記事を読む