新型コロナウイルスの記事一覧

15分で感染診断が可能なキットを投入「デンカ」の新型コロナビジネスの勝算は

15分で感染診断が可能なキットを投入「デンカ」の新型コロナビジネスの勝算は

デンカは8月13日から15分で新型コロナウイルス感染の陰性、陽性が分かる新型コロナウイルス感染診断キットの​販売を始める。販売提携先の大塚製薬も9 月1 日から販売に乗り出す。

記事を読む
新型コロナ「ワクチン」の国内生産が一気に5億回分に 武田薬品も米社製で参入​

新型コロナ「ワクチン」の国内生産が一気に5億回分に 武田薬品も米社製で参入​

新型コロナウイルス向けワクチンの量産体制が整いつつある。厚生労働省はワクチン生産体制の緊急整備事業として、国産ワクチンの開発を手がける4社と外国製ワクチンの量産にかかわる2社に助成金を交付する。

記事を読む
スポーツクラブが売り上げ激減、コロナで身の細る思い

スポーツクラブが売り上げ激減、コロナで身の細る思い

スポーツクラブ大手の2020年4~6月期(第1四半期)決算は前年同期を6割から8割近く下回る記録的な売り上げ減に見舞われた。新型コロナウイルス感染拡大による臨時休業や営業時間の短縮が直撃し、本業のもうけを示す営業損益も赤字転落が続出した。

記事を読む
結婚式場・フォトスタジオ運営のウエストが破綻 コロナの影響で

結婚式場・フォトスタジオ運営のウエストが破綻 コロナの影響で

名古屋市中区の「ザ・グローオリエンタル名古屋」と栃木県小山市の「アルファーレグランシャトー」の2カ所の結婚式場を運営していた(株)ウエストは7月28日、東京地裁に破産を申請し同月29日、保全管理命令を受けた。

記事を読む
赤字転落の「牛丼」大手3社 回復には明暗が

赤字転落の「牛丼」大手3社 回復には明暗が

ゼンショーホールディングス、吉野家ホールディングス、松屋フーズホールディングスの牛丼大手3社の第1 四半期決算が出そろい、3社ともに営業損益、経常損益、当期損益がいずれも赤字に陥った。

記事を読む
「コスト削減」のはずが…レジ袋有料化とセルフレジで万引増に?

「コスト削減」のはずが…レジ袋有料化とセルフレジで万引増に?

小売店でプラスチック製レジ袋の有料化が義務づけられた。さらにコンビニではセルフレジが増設。小売店やコンビニにとってはレジ袋購入費や人件費などのコストを削減できるのではないかとの期待もあったが、その期待を打ち砕く懸念が出てきた。万引の増加だ。

記事を読む
新型コロナウイルス向け「国産ワクチン」 大量生産に新たな助っ人

新型コロナウイルス向け「国産ワクチン」 大量生産に新たな助っ人

アンジェスと大阪大学が共同で進めている新型コロナウイルス向けのワクチン開発に、ベルギーのバイオ企業であるカネカユーロジェンテックが参画することになった。どのような企業なのか。

記事を読む
アドバンテッジから100億円調達のペッパーフードに再興の兆し

アドバンテッジから100億円調達のペッパーフードに再興の兆し

ペッパーフードサービスは2020年12月期第2四半期で79億1100万円の純損失を計上しました。これにより、55億5900万円の債務超過に陥りました。アドバンテッジを引受先とする100億円の第三者割当増資を実施して立て直しを図ります。

記事を読む
「PCR検査」が受けやすくなる 効率アップ機器が続々と登場

「PCR検査」が受けやすくなる 効率アップ機器が続々と登場

PCR検査の作業効率を高める機器が続々と登場している。これら機器によって、いつでも何度でも手軽にPCR検査が受けられるようになれば、ビジネスでの出張や、お盆の帰省、GoToトラベルによる旅行などを安心して実行に移せる。

記事を読む
日本の新型コロナ「ワクチン開発」に新たな顔ぶれ

日本の新型コロナ「ワクチン開発」に新たな顔ぶれ

新型コロナウイルスワクチン開発に新たな顔ぶれが加わることになった。ユナイテッド・イミュニティが、京都大学、長崎大学の両大学と連携して、ナノ粒子型たんぱくワクチンの開発に乗り出した。

記事を読む
【希望退職者募集】シチズン・ペッパーフード・三菱自動車…7月も続々

【希望退職者募集】シチズン・ペッパーフード・三菱自動車…7月も続々

7月も産業界では希望退職者を募集する動きが加速した。シチズン時計、ミツバの製造業2社が500人規模で募集するのをはじめ、6社が計画を発表した。外食大手のペッパーフードサービスは主力の「いきなりステーキ」事業の縮小で200人程度を募る。

記事を読む
新型コロナウイルスと全面対決「富士フイルム」の勝算は

新型コロナウイルスと全面対決「富士フイルム」の勝算は

富士フイルムホールディングスが、新型コロナウイルスに関する検査、治療、予防の全領域で積極策を推し進めている。今後も新型コロナウイルスと戦う武器はさらに増えそうだ。全面対決の勝算は。

記事を読む
結婚式場でコロナ発生、業界が恐れる秋の大量キャンセルに繋がるか

結婚式場でコロナ発生、業界が恐れる秋の大量キャンセルに繋がるか

滋賀県の結婚式場で婚礼客が新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。列席者の中から感染者が出たことは、婚礼業界が恐れる秋シーズンの大量キャンセルに繋がる事例の一つとなるかもしれません。

記事を読む
最大で29兆円?東京五輪「コロナ中止」が引き起こす経済損失は

最大で29兆円?東京五輪「コロナ中止」が引き起こす経済損失は

新型コロナウイルス感染症のパンデミックで2021年7月に延期された東京オリンピック・パラリンピックに中止の可能性が高まっている。問題はそれに伴う経済損失だ。オリ・パラ準備局の試算に従えば、29兆円超に膨れ上がる。実際にそうなるのか?

記事を読む
新型コロナウイルスの「ワクチン開発」日本が置かれた状況は

新型コロナウイルスの「ワクチン開発」日本が置かれた状況は

新型コロナウイルスワクチンを巡る動きが慌ただしくなってきた。日本政府は海外製ワクチンの確保に動き出しており、日本での実用化の時期が早まる可能性もある。日本が置かれた状況を見てみると。

記事を読む
大幅減益の「サーティワン」アイスのサブスクで巻き返しなるか

大幅減益の「サーティワン」アイスのサブスクで巻き返しなるか

アイスクリームチェーンのB-R サーティワン アイスクリームが新型コロナウイルスの影響で苦戦している。2021年12月期には回復を見込むが、第2波が押し寄せているコロナに打ち勝つ戦略とは。

記事を読む
「医療崩壊どころではない」コロナ下で病院の大量破綻が始まる?

「医療崩壊どころではない」コロナ下で病院の大量破綻が始まる?

わが国初となる新型コロナウイルス感染症による病院倒産が発生した。岸本整形外科(岡山県真庭市)がそれ。病院の経営状況は厳しく、コロナ禍が追い打ちをかける。これから病院の破綻は多発するだろう。地域医療を担う病院を破綻から救う道はM&Aしかない。

記事を読む
【会計コラム】諸行無常とアフターコロナ

【会計コラム】諸行無常とアフターコロナ

世の中は絶えず変わりゆくものです。とはいえ世の中の変化が緩やかであればいいのですが、現在は時代の節目なのか、100年に1度と言われるような想定外の事象が頻繁に起きています。

記事を読む
澤田ホールディングスのTOB期間延長はいつまで?

澤田ホールディングスのTOB期間延長はいつまで?

澤田ホールディングスの株式公開買付け(TOB)が異例の10回目の延長となったことで話題を呼んでいます。延長の狙いはどこにあるのでしょうか。

記事を読む
「寿し常グループ」運営会社破産 事業は東京一番フーズ子会社へ

「寿し常グループ」運営会社破産 事業は東京一番フーズ子会社へ

首都圏に展開する寿司店チェーン「寿し常グループ」を運営する豊田と関連会社の益子食品は7月13日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債は、豊田が30億679万円、益子食品が15億6240万円。

記事を読む
債務超過のカラオケの鉄人、創業者の資産管理会社から15億を調達

債務超過のカラオケの鉄人、創業者の資産管理会社から15億を調達

「カラオケの鉄人」を運営する鉄人化計画にGC注記が付きました。新型コロナ感染拡大で第3四半期で3億4800万円の営業損失を計上。通期で9億5000万円の営業損失、純損失を16億円を計上します。同社は創業者の資産管理会社から15億円を調達しました。

記事を読む
ブルックスブラザーズ、本社倒産でも日本で営業できるのはなぜ?

ブルックスブラザーズ、本社倒産でも日本で営業できるのはなぜ?

米国流スーツスタイルの象徴的存在だったブルックスブラザーズが2020年7月8日、日本の民事再生法に当たる米連邦破産法第11条適用をデラウェア州の破産裁判所に申請し、事実上倒産した。ここで気になるのはブルックスブラザーズの日本での営業だ。

記事を読む
「新型コロナ」検査キットやワクチン開発が加速

「新型コロナ」検査キットやワクチン開発が加速

新型コロナウイルス感染症の検査キットやワクチン開発が加速してきた。デンカは新型コロナウイルス感染症簡易検査キットの体外診断薬としての国内薬事承認を医薬品医療機器総合機構に申請した。

記事を読む
新日本建物が破産したファーストキャビンに見出した「商機」とは

新日本建物が破産したファーストキャビンに見出した「商機」とは

新日本建物は自己破産したファーストキャビンが保有する高級カプセルホテル「ファーストキャビン」のフランチャイズ事業と運営受託事業を取得した。コロナ禍で苦境にあえぐカプセルホテル業界。なぜ、新日本建物がファーストキャビンの事業を引き継いだのか。

記事を読む
2.3倍の最終利益を掲げる「ヨシムラ・フードHD」その強気の理由は

2.3倍の最終利益を掲げる「ヨシムラ・フードHD」その強気の理由は

食品の製造や販売を行う中小企業をグループ化しているヨシムラ・フード・ホールディングスが強気だ。同社の2021年2月期第1四半期の最終利益は99.7%減のほぼ0に落ち込んだが、通期の最終利益見通しは前年度比約2.3倍の4億2000万円を掲げる。

記事を読む