トップ > ビジネスと経済 > 上場企業の横顔 >「横浜ライト工業」杭抜き日本一を標榜する“ハマのスグレモノ”|【東証PRO】 

「横浜ライト工業」杭抜き日本一を標榜する“ハマのスグレモノ”|【東証PRO】 

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
横浜みなとみらい界隈、新旧の建造物にはどんな杭が打たれているのか(写真はイメージです。中山/写真ac)

横浜ライト工業(横浜市保土ヶ谷区)<1452>は地中深くまで打ち込まれた杭を引き抜くことを専業とする。現社長の浜口伸一氏は創業者の子息、2代目である。

創業から2代にわたり着実に実績を伸ばし続け、2020年2月に東京プロマーケットに上場した。従業員は50人ほど。杭の引き抜きに特化した事業展開と小回りの良さを身上とする。

直近の業績は下記のとおりで、堅調に推移しているといってよい(売上高、経常利益の単位は百万円)...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY