M&A速報

乾汽船<9308>、センコー<9069>との共同出資会社である引越事業会社を子会社化

2015/05/19

乾汽船(株)(以下「乾汽船」)は、センコー(株)(以下「センコー」)が保有している、引越事業を営むイヌイ運送(株)(売上高27億円、営業利益6020万円、純資産20億7000万円、持分比率49%、以下「イヌイ運送」)の全株式を取得することを決議した。

乾汽船とセンコーは、2009年より共同してイヌイ運送の成長を目指してきたが、厳しい事業環境の下、さらなる成長には経営の一元化が適していると判断し、乾汽船がセンコーの出資分を引き取ることで合意に至った。

株式取得価額は10億2000万円。

アドバイザリー費用等は500万円。

株式譲渡予定日は2015年7月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

乾汽船・アルファレオ間の攻防整理と今後の動向

乾汽船・アルファレオ間の攻防整理と今後の動向

2020/07/17

乾汽船はアルファレオに対する趣旨と目される買収防衛策(事前警告型ライツプラン)を昨年6月に定時株主総会で再導入して以来、両社の間で攻防が続いている。そこで今回は法務の観点から特に重要と思われる観点についてコメントを試みたい。

従業員平均年収200万、役員報酬4100万円の乾汽船に待った

従業員平均年収200万、役員報酬4100万円の乾汽船に待った

2019/06/14

アルファレオホールディングスが乾汽船の経営陣に揺さぶりをかけています。6日に保有割合を25.28%まで高め、経営体制を批判。従業員の平均年収200万円に対し、役員報酬が2名で8200万円と高額なことなどを疑問視しています。

乾汽船株22.9%を取得した「アルファレオホールディングス」の狙いは

乾汽船株22.9%を取得した「アルファレオホールディングス」の狙いは

2019/02/22

資産運用会社のアルファレオが保有する乾汽船の株式(共同保有者と合わせた保有割合は22.07%)全株を手放し、同時にアルファレオホールディングス合同会社(同)が乾汽船株式の22.9%を保有したことが分かった。

【日本通運】宅配便で惨敗した「物流の雄」の起死回生プランとは

【日本通運】宅配便で惨敗した「物流の雄」の起死回生プランとは

2018/03/15

日本通運がM&Aで新分野に挑戦している。国内最大手の日通も成長市場の宅配便で惨敗し、自社が得意とする法人輸送も国内外の物流会社から「侵略」を受けている。日進月歩の物流業界で生き残り、競合他社を出し抜くにはスピードが必要。そのためのM&Aなのだ。

[運送業界のM&A]生き残りを賭け3PLを目指す

[運送業界のM&A]生き残りを賭け3PLを目指す

2016/01/27

運送業者が3PL(サード・パーティ・ロジスティクス)を推進するには物流以外の付加機能を補完する必要があり、近年、そのためのM&Aが目立つようになっている。運送業界のM&A動向 をレポートする。

【M&Aインサイト】進む運送業界の合併・買収

【M&Aインサイト】進む運送業界の合併・買収

2015/07/08

国内貨物の減少に伴い、物流業界ではM&Aが活発に行われている。また、宅配便市場では、楽天による物流網構築に向けたM&Aが活発化。海外進出を巡っても運送・物流各社事業拡大を積極的に進めている。運送業界のM&Aの現状は?

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5