M&A速報

内外トランスライン<9384>、インドの国際物流会社を子会社化

2011/01/24

内外トランスラインは、インドで国際物流事業を展開するLOGISTICS PLUS INDIA PRIVATE LIMITED(ニューデリー)の株式80%を取得し子会社化したと発表した。取得価額は非公表。取得日は2011年1月21日。

LOGISTICS PLUS INDIA PRIVATE LIMITEDは、米国ペンシルバニア州に本拠を置くLOGISTICS PLUS INC.グループの傘下企業。米国・インド間の物流を主に取り扱うほか、インド国内での米国系企業の物流サービスを手がける。内外トランスラインは同社の買収により、米国・インド間の輸送サービスに加え、日本を始めとしたグループ会社とインド間のネットワークを強化する。2月末に商号をNTL LOGISTICS PLUS INDIA PRIVATE LIMITEDに変更する予定。

M&Aデータベース

関連の記事

日本が「中国買い、韓国売り」を打ち出す理由とは

日本が「中国買い、韓国売り」を打ち出す理由とは

2019/07/10

日本企業が中国と韓国で行うM&Aに変化の兆しが現れてきた。中国ではビジネスを拡大するために買収を積極化している一方、韓国では譲渡が買収を上回ってきた。

【日本通運】宅配便で惨敗した「物流の雄」の起死回生プランとは

【日本通運】宅配便で惨敗した「物流の雄」の起死回生プランとは

2018/03/15

日本通運がM&Aで新分野に挑戦している。国内最大手の日通も成長市場の宅配便で惨敗し、自社が得意とする法人輸送も国内外の物流会社から「侵略」を受けている。日進月歩の物流業界で生き残り、競合他社を出し抜くにはスピードが必要。そのためのM&Aなのだ。

【M&Aインサイト】進む運送業界の合併・買収

【M&Aインサイト】進む運送業界の合併・買収

2015/07/08

国内貨物の減少に伴い、物流業界ではM&Aが活発に行われている。また、宅配便市場では、楽天による物流網構築に向けたM&Aが活発化。海外進出を巡っても運送・物流各社事業拡大を積極的に進めている。運送業界のM&Aの現状は?

M&A速報検索

クリア