M&A速報

東京急行電鉄<9005>、スキー場経営の白馬観光開発を日本スキー場開発へ譲渡

2012/09/28

東京急行電鉄は、連結子会社でスキー場経営、旅館業、食堂業などを主力とする白馬観光開発(長野県北安曇郡)の株式の95.46%を日本スキー場開発(東京都千代田区)へ譲渡することを決議した。

白馬観光は1958年に設立され、長野県北安曇郡白馬村および小谷村の3地域でスキー場を経営し、近年の経営環境の変化に対応すべく経営の効率化を推進してきた。東京急行電鉄は、中期3カ年経営計画における取り組みの一環として、白馬観光の今後の事業戦略について検討してきた。今回、同社は長野県内に複数のスキー場を運営している日本スキー場開発に株式を譲渡することが、事業上の相乗効果をもたらし、白馬観光の事業基盤を強化につながると判断した。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2012年11月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

東急が取り組むコロナ後の「都市型鉄道」|人とものを「運ぶM&A」

東急が取り組むコロナ後の「都市型鉄道」|人とものを「運ぶM&A」

2021/07/02

“渋谷の大家”と呼ばれた東急電鉄(東急)。東京メトロでさえ小田急と組んでロマンスカーを運行しているのに、誰もが連想する箱根や日光など首都圏の行楽地に自社ではアクセスしていない。加えて空港アクセスもない。さらに特急もない…。有名だけど、きっと、別のことを考えているはずだ。

【東宝】会社分割が「世界の三船」を生んだ−M&Aシネマ繁盛記

【東宝】会社分割が「世界の三船」を生んだ−M&Aシネマ繁盛記

2019/10/24

東宝の歴史はM&Aの歴史だ。1932年に阪急電鉄創業者の小林一三氏が東京宝塚劇場を設立、これが「東宝」の語源である。設立早々に東急を立ち上げた五島慶太氏から渋谷・道玄坂の東横映画劇場を買収したのを皮切りに、映画産業内でのM&Aを加速する。

【京王井の頭線】戦前の合併劇に揺れた東京郊外の路線(後編)

【京王井の頭線】戦前の合併劇に揺れた東京郊外の路線(後編)

2018/09/30

東京郊外鉄道は1933年8月に渋谷~井の頭公園間の営業が開始。その後、社名を帝都電鉄と改称したが、その営業は困難をきわめた。小林一三、五島慶太を迎え、京王井の頭線は小田急の傘下に。その後、東急を経て京王の傘下に入ったのは、戦後のことだった。

人気テーマパークの華麗な買収アトラクション

人気テーマパークの華麗な買収アトラクション

2017/08/23

テーマパークは、巨額のマネーが動き、地域経済にも多大な影響を与える産業であるがゆえに、M&Aが絡むケースも少なくない。今回は人気テーマパークの東京ディズニーリゾート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、那須ハイランドパーク、ハウステンボスのM&A変遷を追ってみたい。

矢継ぎ早のM&Aで世界市場を狙うパーク24 海外からの評価は?

矢継ぎ早のM&Aで世界市場を狙うパーク24 海外からの評価は?

2017/08/18

パーク24<4666>は日本政策投資銀行と共同で、英駐車場大手のナショナル・カー・パークス(NCP)を買収した。買収金額は総計で約3億1200万ポンド(約460億円)。この買収により、パーク24が展開する駐車場は計8カ国、約120万台に増加した。今回の買収に海外メディアも注目しているようだ。

スキー場再生の日本駐車場開発 1円で買った那須ハイランドを早くも収益化へ

スキー場再生の日本駐車場開発 1円で買った那須ハイランドを早くも収益化へ

2016/12/05

日本駐車場開発が駐車場、スキー場に続く、新たなビジネスに進出している。今年5月に那須ハイランドパークの運営会社の株式をわずか1円で取得した。スキー場の再生で培ってきた運営ノウハウをテーマパーク事業に生かす。初年度から好調な滑り出しを見せている。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア