M&A速報

日本駐車場開発<2353>、岐阜県のスキー場を運営するめいほう高原開発を取得

2014/10/20

日本駐車場開発は子会社を通じて、岐阜県郡上市のスキー場を運営するめいほう高原開発(売上高10億8000万円、営業利益1億900万円、純資産4億7300万円)の株式約61.36%を取得し子会社化すると発表した。

めいほう高原開発が運営するめいほうスキー場は名古屋圏からのアクセスが良く、日本駐車場開発を同社を取得し、スキー場運営事業の基盤強化を図る。

取得価額は1億6900万円(アドバイザリー費用などを含む)。取得予定日は10月29日。

M&Aデータベース

関連の記事

【名古屋鉄道】馬車鉄道から大手私鉄への成長の軌跡(後編)

【名古屋鉄道】馬車鉄道から大手私鉄への成長の軌跡(後編)

2019/04/06

名古屋市電気局の経営となった名古屋電鉄市内線。名古屋電鉄はその後、美濃電気軌道を傘下に収め、鉄路を岐阜に延ばしていった。合併後の1930年9月、名古屋電鉄は社名を名岐鉄道と変更した。さらに、愛知東部への進出を狙い、愛知電気鉄道と合併した。

人気テーマパークの華麗な買収アトラクション

人気テーマパークの華麗な買収アトラクション

2017/08/23

テーマパークは、巨額のマネーが動き、地域経済にも多大な影響を与える産業であるがゆえに、M&Aが絡むケースも少なくない。今回は人気テーマパークの東京ディズニーリゾート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、那須ハイランドパーク、ハウステンボスのM&A変遷を追ってみたい。

矢継ぎ早のM&Aで世界市場を狙うパーク24 海外からの評価は?

矢継ぎ早のM&Aで世界市場を狙うパーク24 海外からの評価は?

2017/08/18

パーク24<4666>は日本政策投資銀行と共同で、英駐車場大手のナショナル・カー・パークス(NCP)を買収した。買収金額は総計で約3億1200万ポンド(約460億円)。この買収により、パーク24が展開する駐車場は計8カ国、約120万台に増加した。今回の買収に海外メディアも注目しているようだ。

スキー場再生の日本駐車場開発 1円で買った那須ハイランドを早くも収益化へ

スキー場再生の日本駐車場開発 1円で買った那須ハイランドを早くも収益化へ

2016/12/05

日本駐車場開発が駐車場、スキー場に続く、新たなビジネスに進出している。今年5月に那須ハイランドパークの運営会社の株式をわずか1円で取得した。スキー場の再生で培ってきた運営ノウハウをテーマパーク事業に生かす。初年度から好調な滑り出しを見せている。

関連のM&A速報

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5