少額でもモノ言う株主に投資できるマネックス・アクティビスト・ファンドとは?

alt
マネックスグループの本社があるアーク森ビル

2021年4月以降で組入銘柄を変更したか?

2021年3月末時点で組入比率が最も高かったのは、ベンチャーキャピタルのジャフコグループ<8595>でした。

マネックス・アクティビスト・ファンド 組入上位10銘柄

マネックス・アクティビスト・ファンド 組入上位10銘柄
マネックス・アクティビスト・ファンド「投資信託説明書(交付目論見書)」より引用

2021年6月末時点での業種構成比率を見ると21.5%のトップが情報通信・サービスその他となっており、ここ3カ月ほどで組入銘柄を大きく変更したようです。ジャフコの株価は2020年6月末時点で3,635円でした。2021年5月28日に8,260円の高値をつけた後に下落し、2021年7月9日には6,090円まで下がっていました。

マネックス・アクティビスト・ファンド 業種構成比 上位5業種

マネックス・アクティビスト・ファンドの業種構成比上位5業種
マネックス・アクティビスト・ファンド 月次レポート(2021年6月30日)より引用

新型コロナウイルスで企業のデジタル化が推進されました。DX銘柄の人気上昇を背景として、投資先を大きく変更したものと予想されます。

他ではマネできない唯一無二のファンド

2014年に日本版スチュワードシップ・コードが策定されました。これは、機関投資家に対し、中長期的な視点に立って企業と投資家が建設的な対話を促す行動原則を定めたものです。2015年からは上場企業に対して中長期的な収益力の改善を求める行動原則として、コーポレート・ガバナンスコードが策定されました。

これにより、投資家は分析による企業価値の算出だけでなく、価値を向上するための対話が重視されるようになりました。企業側も社会情勢や外部環境を意識しつつ、建設的に利益を出すことが求められています。そのためには、経営陣だけでなく外部(特に株主)との対話が不可欠です。

松本氏はアクティビスト・ファンド立ち上げ時に、人脈や経験、経営、投資のあらゆる経験を使う総力戦だと語りました。マネックスを立ち上げ、金融業界に限らず、経済界で幅広く活躍する松本氏だからこそ実現できたファンドだと言えます。将来的には1兆円ファンドに育てる目標を掲げています。積極的に広告を出して認知活動をしており、個人投資家の資金をどれだけ集められるのか、注目が集まっています。

文:麦とホップ@ビールを飲む理由

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

大学発ベンチャーの「起源」(11)   Sportip

大学発ベンチャーの「起源」(11)  Sportip

2020/06/27

Sportipは整体師・トレーナー向けAI解析アプリを手がける筑波大学発のスタートアップ。2018年9月に設立、同大学との産学連携で生まれた高度な姿勢推定技術を応用し、個人に最適化された整体やフィットネスなどの指導が受けられる世界を目指す。

関連のM&Aニュース