ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【祝優勝】親会社を持たない広島カープ。資金繰りに奔走したその歴史

alt
※画像はイメージです

■中日ドラゴンズ(1936年1月15日創設)

1936年1月15日 新愛知新聞社を親会社に「大日本野球連盟名古屋協会(名古屋軍)」が誕生。
1942年 新愛知新聞社と名古屋新聞社が統合され、中部日本新聞社に。
1944年 理研工業傘下となり、球団名を「産業軍」に改称。
1946年 中部日本新聞社が球団を取り戻し、球団名を「中部日本」に変更。
1947年 中部日本新聞社の杉山虎之助社長の干支が辰年であることから、「中部日本ドラゴンズ」に改称。
1948年 「中日ドラゴンズ」に改称。
1951年 名古屋鉄道(名鉄)が球団経営に参加することになり、球団名を「名古屋ドラゴンズ」に変更。
1954年 名鉄が球団経営から撤退し、再び「中日ドラゴンズ」となる。

1936年1月15日、読売新聞社社長の正力松太郎の働きかけにより、新愛知新聞社を親会社として「大日本野球連盟名古屋協会(名古屋軍)」が誕生。同じころ、新愛知新聞社傘下の國民新聞社でも大東京軍(のちに横浜DeNAベイスターズへと繋がる松竹ロビンスの前身)を結成し、「大日本野球連盟」というプロリーグ結成を画策していたが、実現せずに両球団とも正力が進めていた「日本職業野球連盟」に加盟する。1942年に新愛知新聞社と名古屋新聞社との統合で中部日本新聞社となると、球団経営が見直され、1944年に球団は理研工業(旧理化学研究所が母体)の傘下へ。球団名を「産業軍」に変え、選手は工場で働く傍ら、試合に出場していた。

戦後1946年にプロ野球リーグが再開されると、中部日本新聞社が球団を取り戻し、球団名は「中部日本」に。1947年、当時の中部日本新聞社社長・杉山虎之助の干支が辰年であることから、「中部日本ドラゴンズ」へ改称。翌1948年には「中日ドラゴンズ」となった。1951年には名古屋鉄道(名鉄)が球団経営に加わり、「名古屋ドラゴンズ」に改称。名鉄と中日新聞が隔年で交互に経営をすることになるが、1953年には中日新聞に球団経営が集約されることが決定し、翌1954年に商号を「中部日本野球協会」に、球団名を「中日ドラゴンズ」に戻すこととなった。

■横浜DeNAベイスターズ(1949年11月22日設立)

1949年11月22日 大洋漁業(現マルハニチロ)が「まるは球団」を設立。
1950年3月 「大洋球団」に商号変更し、「大洋ホエールズ」に球団名も改称。
1953年1月 松竹ロビンスと合併。商号を「大洋松竹球団」、球団名を「大洋松竹ロビンス」に変更する。
1954年 球団名を「洋松ロビンス」に改称。12月には、松竹が球団経営から撤退し、「大洋ホエールズ」に戻る。
1976年 横浜スタジアム建設、本拠地移転のため、国土計画(現プリンスホテル)の出資を受ける。
1992年11月 「横浜ベイスターズ」に改称。
2002年1月 マルハからTBSへ球団株譲渡。
2011年12月 筆頭株主がTBSからDeNAとなり、「横浜DeNAベイスターズ」となる。

前身となるのは、林兼商店(後の大洋漁業、現マルハニチロ)の実業団チーム。1949年11月22日に、「まるは球団」を設立し、暫定的に同名の球団名でセ・リーグに加盟する。1950年3月に商号を「大洋球団」に変更し、球団名は「大洋ホエールズ」に。1953年1月には、同じセ・リーグの松竹ロビンスと合併し、商号を「大洋松竹球団」、球団名を「大洋松竹ロビンス」に変更した。翌1954年には球団名を愛称であった「洋松ロビンス」に改称。同年12月に松竹が球団経営から撤退したことを受け、再び「大洋ホエールズ」となり、川崎球場を本拠地として再スタートする。

1976年、本拠地を横浜へ移すことを計画していた球団は、国土計画(現プリンスホテル)の出資を受け、1978年に横浜スタジアムに本拠地を移して、「横浜大洋ホエールズ」に改称した。同年、国土計画がパ・リーグの「クラウンライターライオンズ」(現西武埼玉ライオンズ)を買収。同一企業による複数球団の株式の保有は野球協約に反することになるため、同社が保有する大洋球団の株はニッポン放送とTBS(東京放送)に売却される。

1992年、球団名を「横浜ベイスターズ」に改称。翌年には、親会社の大洋漁業がマルハに改称することに伴い、球団運営会社の商号も同じく「横浜ベイスターズ」変更した。

2001年11月、親会社マルハの経営不振から、ニッポン放送への球団株譲渡が発表されるも、ニッポン放送の関連会社フジテレビジョンがヤクルトの球団株を所有していたことから野球協約に抵触するとして頓挫。一転して、2002年1月に第3位株主のTBSへと譲渡された。 2010年9月、TBSと住生活グループ(現LIXILグループ)との間で売却交渉が行われていると報じられるも、交渉は決裂。2011年12月に、TBSが球団株の大半をDeNAに譲渡し、現在の「横浜DeNAベイスターズ」となった。

NEXT STORY

「マネーボール」(2011年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<10>

「マネーボール」(2011年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<10>

2017/07/15

ビジネスパーソンなら一度は見ておきたい、おすすめの経済・金融映画を紹介する。今回取り上げるのは「マネーボール」。野球を統計学的な視点から見直し、予算のない中で最強のチームを作っていった実話をベースとした作品だ。