外食・フードサービスの記事一覧

飲食時の新型コロナ感染防止策「ハウステンボス」などが次々と

飲食時の新型コロナ感染防止策「ハウステンボス」などが次々と

菅義偉首相が食事中の会話の際にマスクを着用するよう呼びかけるなど、飲食時の新型コロナウイルス感染防止策に注目が集まる中、企業によるさまざまな取り組みが現れてきた。

記事を読む
いきなりステーキ、事業売却益73億を計上するも債務超過を脱せず

いきなりステーキ、事業売却益73億を計上するも債務超過を脱せず

いきなりステーキのペッパーフードサービスの2020年12月期第3四半期の純損失額は33億400万円となりました。ペッパーランチの売却益73億2,000万円を計上しましたが、依然として2億5,000万円の債務超過と苦しい状況に追い込まれています。

記事を読む
コロナ禍を逆手にラックランドがデリバリー専業の「クラウドキッチン」支援事業に参入

コロナ禍を逆手にラックランドがデリバリー専業の「クラウドキッチン」支援事業に参入

飲食店や商業施設、食品工場などの企画、設計、施工などを手がけるラックランドは2020年11月末までに、飲食スペースを持たないデリバリー(出前)専業の「クラウドキッチン」に対する支援事業に参入する。

記事を読む
「すかいらーく」「ロイヤル」「サイゼリヤ」のファミレス大手3社が揃って赤字に転落

「すかいらーく」「ロイヤル」「サイゼリヤ」のファミレス大手3社が揃って赤字に転落

すかいらーくホールディングス、ロイヤルホールディングス、サイゼリヤのファミリーレストラン大手3社が揃って赤字に転落する。売り上げは戻りつつあるものの、業績の回復状況はまちまちだ。

記事を読む
コロナ禍の中、しゃぶしゃぶの「木曽路」が焼肉店「大将軍」を買収する狙いとは

コロナ禍の中、しゃぶしゃぶの「木曽路」が焼肉店「大将軍」を買収する狙いとは

木曽路が首都圏で焼肉店「大将軍」など35店ほどを展開する大将軍(千葉市)の買収に踏み切った。木曽路が見込むしゃぶしゃぶと焼肉とのシナジー(相乗効果)とはどのようなものなのか。

記事を読む
幸楽苑が通年の賞与不支給を決定、競合日高屋と差がついた理由は

幸楽苑が通年の賞与不支給を決定、競合日高屋と差がついた理由は

幸楽苑の上期売上高が前期比37.4%減の129億4,600万円となりました。上期売上高の減少幅は競合日高屋の33.1%減を上回りました。営業損失は12億300万円で、純損失は9億4,300万円。幸楽苑は冬のボーナスカットを決定しています。

記事を読む
牛丼大手の「ゼンショー」が「吉野家」「松屋」を上回る回復力を発揮 その理由とは?

牛丼大手の「ゼンショー」が「吉野家」「松屋」を上回る回復力を発揮 その理由とは?

ゼンショーホールディングス、吉野家ホールディングス、松屋フーズホールディングスの牛丼大手3社の収益力に差が現れてきた。黒字を確保するゼンショーと、赤字転落が避けられない吉野家、松屋との差はどこにあるのだろうか。

記事を読む
「王将フードサービス」「カッパ・クリエイト」「木曽路」も業績悪化 赤字転落も

「王将フードサービス」「カッパ・クリエイト」「木曽路」も業績悪化 赤字転落も

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、2021年3月期の業績予想を未定としていた、王将フードサービス、カッパ・クリエイト、木曽路の3社がそろって、厳しい内容の予想数値を公表した。

記事を読む
牛丼チェーン大手「松屋」新型コロナの影響受け14年ぶりの赤字へ

牛丼チェーン大手「松屋」新型コロナの影響受け14年ぶりの赤字へ

牛丼チェーン「松屋」などを展開する(株)松屋フーズホールディングスは11月4日、2021年3月期通期(連結)の決算見通しを、26億円の赤字になりそうだと発表した。当期利益の赤字転落は2007年3月期以来、14年ぶり。

記事を読む
ゼットンを連結から外したDDHD、ワラントで瀬戸際経営が続く

ゼットンを連結から外したDDHD、ワラントで瀬戸際経営が続く

居酒屋運営のDDホールディングスが、ワラントによって28億3,900万円を調達します。同じ時期に連結子会社ゼットンが第三者割当増資を実施。それにより、ゼットンは持分法適用会社となりました。DDは本体の立て直しに必死です。

記事を読む
ロイヤルHDも希望退職、外食企業で募集は昨年のゼロから5社に

ロイヤルHDも希望退職、外食企業で募集は昨年のゼロから5社に

「コロナ禍」を受け、外食産業で希望退職者を募る動きが広がっている。ロイヤルホールディングスが約200人を募る計画を発表。これにより、今年に入り希望退職者を募集する外食の上場企業は5社を数える。同様の例は昨年ゼロだったが、状況は様変わりだ。

記事を読む
希望退職の募集に踏み切った「ロイヤルホスト」が打ち出す経営再建策とは

希望退職の募集に踏み切った「ロイヤルホスト」が打ち出す経営再建策とは

新型コロナウイルスの影響で200人の希望退職者を募集するロイヤルホールディングスが、グループ内再編に乗り出した。1セグメント1事業会社とすることで、苦境に陥っている事業を立て直すのが狙いだ。

記事を読む
昭和食堂の海帆、増資で得た資金を返済にあてる自転車操業状態に

昭和食堂の海帆、増資で得た資金を返済にあてる自転車操業状態に

居酒屋「昭和食堂」を運営する海帆が第三者割当増資を実施します。発行株式総数は750万株で希薄化は192.9%にも及びます。発行価額は80円。大幅なディスカウントでの発行となりました。海帆は調達資金を借入金の返済などに充当する予定です。

記事を読む
業績悪化が止まらない飲食業「ドトール」「リンガーハット」「サイゼリヤ」も

業績悪化が止まらない飲食業「ドトール」「リンガーハット」「サイゼリヤ」も

飲食業の業績悪化が止まらない。赤字に転落する企業は数多く、倒産も過去最多のペースで推移している。飲食業界は次のステージとしてコロナ後をにらんだM&Aなどの業界再編の動きが浮上してきそうだ。

記事を読む
「コロナ不況」にもかかわらず希望退職に申し込みが殺到する理由

「コロナ不況」にもかかわらず希望退職に申し込みが殺到する理由

新型コロナ禍に伴う景気低迷で、希望退職の募集が相次いでいる。景気が悪くなれば企業が希望退職を募るのは当たり前だが、事前想定を大きく上回る応募者が殺到する事例が目立つ。かつては従業員を震え上がらせた希望退職に、なぜ応募が殺到するのだろうか?

記事を読む
「山小屋ラーメン」のワイエスフード、赤字脱せず上場廃止一歩手前に

「山小屋ラーメン」のワイエスフード、赤字脱せず上場廃止一歩手前に

ラーメン店を展開するワイエスフードに上場廃止危機が訪れました。4期連続で営業赤字、営業キャッシュフローがマイナスとなったため。2022年3月末までにマイナスが解消できない場合、上場廃止となります。恒常的な赤字体質にコロナが襲い掛かりました。

記事を読む
コロナ禍で「ラーメン」も撃沈 倒産や閉店が相次ぐ 山場は来年前半か

コロナ禍で「ラーメン」も撃沈 倒産や閉店が相次ぐ 山場は来年前半か

新型コロナウイルスの影響で苦境に陥っている飲食業の中にあって根強い人気を誇っていたラーメンだが、さすがに今回のコロナ禍は避けることができなかった。このままラーメン店は減り続けるのだろうか。

記事を読む
【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

新型コロナウイルスの感染拡大で飲食業界に激震が走りました。その一方で、火中の栗を拾うように外食企業のM&Aも盛んに行われています。売り手の多くはノンコアの外食事業の切り離し。買い手は外食を専門で手掛けていた企業や経営者です。

記事を読む
旅行会社のHISはなぜ「そば屋」を開業するのか

旅行会社のHISはなぜ「そば屋」を開業するのか

旅行会社のエイチ・アイ・エスは2020年10月2日に埼玉県川越市で、そば屋「満天ノ 秀そば」を開店する。新規事業として飲食業に進出するもので、事業承継の形でそば屋のM&Aに踏み切った。

記事を読む
ラーメンはうどん、そばの穴を埋められるか「グルメ杵屋」が80店を閉店

ラーメンはうどん、そばの穴を埋められるか「グルメ杵屋」が80店を閉店

グルメ杵屋は2020年10月以降に、うどん、そば業態を中心に全店の2割ほどに当たる80 店程度を閉店する。新型コロナの影響で業績が悪化しており、収益の改善が見込めない店舗を中心に事業を縮小することにした。

記事を読む
横浜ラーメンの「六角家」が破産開始決定

横浜ラーメンの「六角家」が破産開始決定

横浜ラーメンの「六角家」が9月4日、横浜地裁より破産開始決定を受けた。「六角家」戸塚店は別法人が営業中で、その他「六角家」を屋号とする姉妹店なども営業中である。​

記事を読む
赤字転落の「銚子丸」が復活 そのシナリオとは

赤字転落の「銚子丸」が復活 そのシナリオとは

新型コロナウイルスの影響で2020年5月期に最終赤字に陥っていた回転すし店「すし銚子丸」を運営する銚子丸が2021年5月期に黒字転換する。復活のシナリオはどのようなものなのか。

記事を読む
雪国まいたけの再上場を仕掛けた投資ファンド「ベインキャピタル」とは

雪国まいたけの再上場を仕掛けた投資ファンド「ベインキャピタル」とは

ベインキャピタルは1984年に米国で設立されたPEファンドです。キリン堂のMBO、東芝のメモリ事業のカーブアウトとキオクシアの上場、雪国まいたけの再上場など、話題のM&Aに欠かせない存在となっています。精鋭が集うベインキャピタルとはどのようなファンドなのでしょうか。

記事を読む
「業務スーパー」の神戸物産、絶妙なタイミングで外食子会社を売却

「業務スーパー」の神戸物産、絶妙なタイミングで外食子会社を売却

「業務スーパー」を運営する神戸物産の2020年10月期第3四半期の売上高が前期比17.7%増の2593億6200万円、営業利益が28.9%増の186億7900万円と好調。4月1日という絶妙なタイミングで外食子会社を経営陣に売却していました。

記事を読む
コロワイドによる大戸屋ホールディングスに対する敵対的買収の攻防

コロワイドによる大戸屋ホールディングスに対する敵対的買収の攻防

9月8日、コロワイドによる大戸屋ホールディングスに対する公開買付け(TOB)が成立した。わが国では極めて珍しい、敵対的公開買付けの成立となる。本稿では本公開買付けの経緯、そして法務の観点から印象的だった点についてコメントを試みたい。

記事を読む