外食・フードサービスのニュース記事一覧

大赤字が続く出前館は配達員の報酬を引き下げるのか?

大赤字が続く出前館は配達員の報酬を引き下げるのか?

出前館の2022年8月期第2四半期は224億2,200万円の営業損失となりました。前年同期間は85億4,300万円の営業赤字で、100億円以上赤字幅が拡大したことになります。出前館は50%近いシェアを獲得しており、黒字化を目指す次のステージが見えてきました。

記事を読む
「吉野家」が「ラーメン」を次の柱に 企業買収を再開 不適切発言の役員解任の影響は

「吉野家」が「ラーメン」を次の柱に 企業買収を再開 不適切発言の役員解任の影響は

吉野家ホールディングスが攻勢に転じる。コロナ禍で足場が固まったとして、企業買収を再開するとともに、ラーメンを牛丼(吉野家)、うどん(はなまる)に次ぐ第3の柱に育てる方針を打ち出した。

記事を読む
コロワイド買収後の大戸屋、集客苦戦で早くも目標未達となるか

コロワイド買収後の大戸屋、集客苦戦で早くも目標未達となるか

2020年9月にTOBが成立してコロワイドの傘下に入った大戸屋。2021年5月に新中期経営計画を掲げ、新たなスタートを切りましたが、2022年3月期の目標達成に早くも黄色信号が灯っています。新生大戸屋は復活を遂げられるのでしょうか?

記事を読む
客数減を値上げでカバー「CoCo壱番屋」コロナ前の水準を回復

客数減を値上げでカバー「CoCo壱番屋」コロナ前の水準を回復

カレーハウスCoCo壱番屋を運営する壱番屋の2023年2月期の業績が、コロナ前の2020年2月期の水準に回復する見通しだ。

記事を読む
閉店ラッシュ?「高級パンブーム終焉」の意外な真実と、これから

閉店ラッシュ?「高級パンブーム終焉」の意外な真実と、これから

一世を風靡し、店頭に長蛇の列ができるほどの活況を呈していた高級食パン業界に逆風が吹いているという。プレミアム食パンを販売するベーカリーの閉店が相次いでいると言うのだ。「高級食パンブーム」は本当に終わったのか?ベーカリー業界で何が起こるのか?

記事を読む
「くら寿司」回転ずしをエンタメ化 巨大ガチャとデジタル射的を投入

「くら寿司」回転ずしをエンタメ化 巨大ガチャとデジタル射的を投入

くら寿司 は2022年3月31日に、コロナ後の経済活動の再開に先駆け、射的などのゲームアトラクションを拡充した、世界最大規模の回転ずし店を、東京都墨田区のスカイツリー近くにオープンする。

記事を読む
「すき家」「はま寿司」のゼンショー、フェアトレードコーヒーの小売りに挑戦

「すき家」「はま寿司」のゼンショー、フェアトレードコーヒーの小売りに挑戦

牛丼の「すき家」や、回転ずしの「はま寿司」などを展開するゼンショーホールディングスが、コーヒー豆の取引相場が下がっても事前に決められた適切な値段で買い取るフェアトレードコーヒーの新たな取り組みを始める。

記事を読む
昼はうな丼店、夜は居酒屋「二毛作」店舗の行方は?

昼はうな丼店、夜は居酒屋「二毛作」店舗の行方は?

ウナギ専門店「名代 宇奈とと」などの飲食店の運営や飲⾷店の出店支援などを手がけるG-FACTORYが、昼間と夜の営業内容を変える「二毛作体制」の強化に乗り出した。

記事を読む
「AI桜鯛」がいよいよ口に「細胞培養クロマグロ」とどちらが美味しい?くら寿司とスシローのハイテクな戦い

「AI桜鯛」がいよいよ口に「細胞培養クロマグロ」とどちらが美味しい?くら寿司とスシローのハイテクな戦い

「スシロー」と「くら寿司」すしネタの新たな供給源開発でハイテク競争 https://maonline.jp/articles/sushiro_kurazusi_hightec20220201 https://maonline.jp/articles/sushiro_kurazushi20211113

記事を読む
業績不振の小僧寿し「企業買収で黒字化」の思惑は実現するのか

業績不振の小僧寿し「企業買収で黒字化」の思惑は実現するのか

業績不振の小僧寿しが、2022年12月期に前年度比1.5倍の大幅増収と、営業、経常、当期の全段階で黒字転換を見込む。企業買収が業績回復を後押しする構図だが、果たして思惑通りに進むだろうか。

記事を読む
”爆弾ハンバーグ"がガストとサイゼを引き離して一人勝ちした理由

”爆弾ハンバーグ"がガストとサイゼを引き離して一人勝ちした理由

爆弾ハンバーグのフライングガーデンが2022年3月期第3四半期で2億3,300万円の営業利益(前年同期間は1億2,300万円の営業利益)を出しました。ファミリーレストラン業界において、時短協力金に頼らないで黒字化を果たしている数少ない企業です。

記事を読む
「ロボット」が身近に 宅配や配膳で実用化へ

「ロボット」が身近に 宅配や配膳で実用化へ

ロボットがまた一歩、日常生活に近づいてきた。自動配送ロボットを活用した配送サービスの普及を目指す「ロボットデリバリー協会」が発足したほか、飲食業界では自動配膳ロボットの実用化が進んでいる。

記事を読む
「一風堂」米社との合弁解消で利益増加 米国では全店を直営に

「一風堂」米社との合弁解消で利益増加 米国では全店を直営に

博多ラーメン店「一風堂」を運営する力の源ホールディングスが、米国のレストランチェーンのPanda Restaurant Group, Inc.との合弁事業解消で、600万円の特別利益を計上することになった。

記事を読む
買収した「京樽」は赤字に FOOD & LIFE COMPANIESの第1四半期は減益

買収した「京樽」は赤字に FOOD & LIFE COMPANIESの第1四半期は減益

回転すし「スシロー」などを運営するFOOD & LIFE COMPANIESが、2021年4月に吉野家ホールディングスから買収した持ち帰りずしの京樽の業績が振るわない。

記事を読む
上方修正の「吉野家」 下方修正の「すき家」その実態は

上方修正の「吉野家」 下方修正の「すき家」その実態は

すき家を展開するゼンショーホールディングスが、2022年3月期の業績予想を下方修正した。吉野家ホールディングスは、2022年2月期の業績予想を上方修正している。両社の実態は。

記事を読む
松屋の牛丼値上げ効果は限定的か? 客単価の底上げできず

松屋の牛丼値上げ効果は限定的か? 客単価の底上げできず

牛丼の松屋フーズホールディングスの業績が冴えません。2022年3月期第3四半期の売上高は前期比1.1%減の703億4,500万円でした。吉野家の2022年2月期第3四半期の牛丼事業の売上高は前期比0.1%増の789億2,300万円でした。

記事を読む
不適切会計に揺れた梅の花、2022年4月期は黒字浮上なるか

不適切会計に揺れた梅の花、2022年4月期は黒字浮上なるか

梅の花の2022年4月期第2四半期純利益が4億3,500万円(前年同期は12億2,200万円の純損失)となり、コロナ禍で黒字転換しました。2019年4月期から通期で純利益を一度も出していない梅の花は通期の黒字化を実現できるのでしょうか。

記事を読む
「スシロー」と「くら寿司」すしネタの新たな供給源開発でハイテク競争

「スシロー」と「くら寿司」すしネタの新たな供給源開発でハイテク競争

回転ずし大手の「スシロー」を運営するFOOD & LIFE COMPANIESと、「くら寿司」を運営するくら寿司 が、すしネタの新しい供給源開発でしのぎを削ることになった。

記事を読む
「喫茶店」の休業廃業、2021年は過去最多

「喫茶店」の休業廃業、2021年は過去最多

2021年の「喫茶店」の休廃業・解散が初めて100件に達し、過去最多を記録したことが東京商工リサーチの調査でわかった。

記事を読む
「呪術廻戦」「鬼滅の刃」が牛丼対決 吉野家とすき家がキャンペーン

「呪術廻戦」「鬼滅の刃」が牛丼対決 吉野家とすき家がキャンペーン

アニメ「呪術廻戦」と「鬼滅の刃」が牛丼の販売を巡って対決する。吉野家が「呪術廻戦」と、すき家が「鬼滅の刃」と、それぞれコラボし、特別メニューの販売やカードのプレゼントなどのキャンペーンを実施する。

記事を読む
餃子の王将が業績好調、なぜ競合の日高屋は遅れをとったのか

餃子の王将が業績好調、なぜ競合の日高屋は遅れをとったのか

王将フードサービスの業績が好調です。2022年3月期第2四半期の営業利益は前期比33.5%増の31億9,200万円となりました。冴えないのが日高屋。2022年2月期第2四半期は26億200万円の営業損失(前年同期は20億7,000万円の営業損失)となりました。

記事を読む
続く「吉野家」の子会社売却 次に白羽の矢が立つのは

続く「吉野家」の子会社売却 次に白羽の矢が立つのは

吉野家は、ファストフード事業を手がけるグリーンズプラネットオペレーションズを売却する。同社はコロナ禍で大きく変化した市場環境に対応するため、事業構造の最適化を進めおり、今後も子会社売却が続く可能性は高そうだ。

記事を読む
キャンペーン攻勢をかける「かっぱ寿司」トップを走るスシローに迫れるか

キャンペーン攻勢をかける「かっぱ寿司」トップを走るスシローに迫れるか

かっぱ寿司のカッパ・クリエイトが、キャンペーン攻勢をかけている。話題になった「半額キャンペーン」に続いて「メイプルストーリー」とのコラボや「生ビール半額キャンペーン」を実施する。

記事を読む
かっぱ寿司の半額キャンペーンは集客効果がどれだけあったのか?

かっぱ寿司の半額キャンペーンは集客効果がどれだけあったのか?

かっぱ寿司が2021年9月に1皿半額というキャンペーンを実施しました。常識外れのキャンペーンに客が殺到しました。一部店舗周辺の道路が大渋滞し、16時間待ちという店舗が出たと言われています。その効果はどれだけあったのでしょうか?

記事を読む
「吉野家」に回復の兆し 売却した京樽分を除くと増収に

「吉野家」に回復の兆し 売却した京樽分を除くと増収に

牛丼チェーン「吉野家」などを展開する吉野家ホールディングスに回復の兆しが現れてきた。2022年2月期第3四半期は、売却した京樽の影響を除くと増収になったという。先を走る「すき家」のゼンショーにどこまで迫ることができるか。

記事を読む