外食・フードサービスの記事一覧

「いきなり!ステーキ」運営のペッパーFS、米国子会社が倒産

「いきなり!ステーキ」運営のペッパーFS、米国子会社が倒産

「いきなり!ステーキ」などを展開するペッパーフードサービスは、米連結子会社のKuni’s Corporationを米国連邦倒産法第7章に基づき破産申請した。負債総額は約3000万ドル(約32億円)。

記事を読む
身売りと退店、子会社の破産、いきなりステーキの未来は明るいか?

身売りと退店、子会社の破産、いきなりステーキの未来は明るいか?

ペッパーフードサービスが生き残りをかけて大規模な再編へと乗り出しています。屋台骨となるペッパーランチを85億円で投資ファンドに売却し、いきなりステーキ114店舗を閉鎖。ナスダックにも上場した米子会社は破産となりました。過去の栄光を取り戻せるのでしょうか。

記事を読む
2期連続最終赤字のペッパーフードサービスが「ペッパーランチ」売却で行き着く先は

2期連続最終赤字のペッパーフードサービスが「ペッパーランチ」売却で行き着く先は

2期連続で最終赤字に陥っているペッパーフードサービスが、ついに事業売却に踏み切った。同社では2009年にモスフードサービスからハンバーグやステーキを提供するステファングリル事業を譲り受けたほかには、M&Aに馴染みがなかった。

記事を読む
緊急事態宣言後の飲食チェーン、勝者が実施している秘策は?

緊急事態宣言後の飲食チェーン、勝者が実施している秘策は?

緊急事態宣言が解除され、県をまたいでの移動も緩和されました。一部観光地やショッピング街に人が戻り始め、リベンジ消費が始まろうとしています。2月から冷え込み始めた飲食店に、遅い春がやってきました。売上の戻りが早い業態にはどんな特徴が?

記事を読む
赤字転落相次ぐ飲食業「はなの舞」「さかなや道場」のチムニーは最終赤字28億円

赤字転落相次ぐ飲食業「はなの舞」「さかなや道場」のチムニーは最終赤字28億円

居酒屋の「はなの舞」や「さかなや道場」を運営するチムニーは2020年6月23日に、2020年3月期の当期損益が28億1200万円の赤字に転落したと発表した。

記事を読む
【アークランドサービスHD】「かつや」に次ぐ新業態開発へ  M&Aのギアを上げる

【アークランドサービスHD】「かつや」に次ぐ新業態開発へ M&Aのギアを上げる

とんかつ専門店「かつや」を展開するアークランドサービスホールディングス(HD)がM&Aのギアを上げている。今年に入り、2件の企業買収を発表した。新業態や新事業の取り込みを加速する構えだ。

記事を読む
赤字転落の「JBイレブン」がラーメン店など6店を閉店 戦略の変更は 

赤字転落の「JBイレブン」がラーメン店など6店を閉店 戦略の変更は 

ラーメン専門店「一刻魁堂」や、麻婆豆腐と炒飯の専門店「ロンフーダイニング」などを運営するJBイレブンは2020年7月から、全92店中収益の改善が見込めない6店ほどを順次閉店する。

記事を読む
大戸屋・コロワイド「決戦」、25日の結末は?

大戸屋・コロワイド「決戦」、25日の結末は?

内紛に端を発する定食大手、大戸屋ホールディングスをめぐる攻防戦は6月25日に最大のヤマ場を迎える。大戸屋の定時株主総会で、会社側、筆頭株主のコロワイドの双方が取締役案の賛否を諮る。経営陣の刷新を求めるコロワイドに大戸屋は猛反発している。

記事を読む
鳥貴族が持ち株会社体制へ移行、居酒屋企業は多角化不可避の時代へ

鳥貴族が持ち株会社体制へ移行、居酒屋企業は多角化不可避の時代へ

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言後、従来の在り方そのものが問い直されている居酒屋業界。テイクアウトなど新たな道を探る中、エー・ピーカンパニーと鳥貴族が次々と持ち株会社への移行を発表しました。それは一体何を意味するのでしょうか?

記事を読む
追い詰められた安楽亭 傘下に入った「ステーキのどん」「フォルクス」の動きは

追い詰められた安楽亭 傘下に入った「ステーキのどん」「フォルクス」の動きは

2020年2月29日に安楽亭の傘下に入ったアークミールが運営する「ステーキのどん」と「フォルクス」が攻勢をかけている。予想外のコロナ禍の中、狙い通りの買収効果を上げることができるだろうか。

記事を読む
コロナ禍の中、寿司チェーン買収に踏み切った「東京一番フーズ」の勝算は

コロナ禍の中、寿司チェーン買収に踏み切った「東京一番フーズ」の勝算は

​東京一番フーズは豊田(東京都豊島区)が運営する寿司チェーン「寿し常」など首都圏26店舗の事業を6月1日に取得した。コロナ禍の中あえてM&Aに踏み切る同社の勝算は。

記事を読む
ピザを食うドーナツ「赤字転落」のダスキンが宅配事業を買収

ピザを食うドーナツ「赤字転落」のダスキンが宅配事業を買収

2021年3月期に赤字に転落するダスキンは、いちごホールディングスと同社子会社のストロベリーコーンズが展開する宅配ピザ事業を譲り受け、食品の宅配事業に乗り出す。宅配ピザは業績回復に貢献できるのか。

記事を読む
利用者も加盟店も?じわじわと広がる「スマホ決済離れ」の予兆

利用者も加盟店も?じわじわと広がる「スマホ決済離れ」の予兆

急成長を続けてきたQR・バーコード決済サービスに「曲がり角」の兆しが見えてきた。これまで増え続けてきた加盟店に、脱退の動きが広がっているのだ。巨額のキャンペーンコストをかけて市場を育ててきたスマホ決済だが、刈り取り直前の失速も懸念される。

記事を読む
レストランひらまつが赤字転落、元マクドナルド執行役員が新社長に

レストランひらまつが赤字転落、元マクドナルド執行役員が新社長に

レストラン運営のひらまつが19億5300万円の純損失を計上しました。新型コロナウイルスで売上が激減したことに加え、収益性の悪化した9店舗に対して19億7500万円の減損損失を計上したため。それを受けて経営陣を一新する新体制を打ち出しています。

記事を読む
M&Aは加速する?コロナウイルス終息後の居酒屋産業はこう変わる

M&Aは加速する?コロナウイルス終息後の居酒屋産業はこう変わる

新型コロナウイルスの終息が見え始め、一部繁華街にもにぎわいが少しずつ戻りました。緊急事態宣言を受けて大打撃を受けた居酒屋の営業時間が引き延ばされるなど、本格営業に向けた準備が進んでいます。しかし、売上がかつての水準まで戻る兆しはありません。

記事を読む
コロナの「のれん」減損が大打撃となりそうな居酒屋企業ランキング

コロナの「のれん」減損が大打撃となりそうな居酒屋企業ランキング

新型コロナウイルスの自粛要請により、居酒屋企業は大ダメージを受けました。今後懸念されるのは「のれん」の減損による大規模な特別損失の計上と、それによって債務超過に陥る企業が出てしまう可能性があること。「のれん」の比率が高い居酒屋企業はどの会社でしょうか。

記事を読む
新型コロナウイルスとの闘い「串カツ田中流」のやり方とは

新型コロナウイルスとの闘い「串カツ田中流」のやり方とは

新型コロナウイルスの影響で多くの飲食店が苦境に陥る中、あの手この手でコロナ禍を乗り切ろうとする企業がある。他社とのコラボやクラウドファンディングに取り組むなど、他の飲食店も参考になりそうだ。

記事を読む
幸楽苑が夏のボーナス不支給を決定、他の企業にも影響は広がるか

幸楽苑が夏のボーナス不支給を決定、他の企業にも影響は広がるか

ラーメン店運営の幸楽苑が新型コロナウイルスによる売り上げ減の影響で、社員の給与減額を決定しました。5月から7月までの3か月間20%減、夏季賞与なしとなります。サービス業を中心に役員報酬減額の動きが活発化。今後社員の給与にも波及する可能性があります。

記事を読む
「すき家」「松屋」2ケタの大幅落ち込み 4月の既存店売上高

「すき家」「松屋」2ケタの大幅落ち込み 4月の既存店売上高

牛丼チェーン店のすき家と松屋の2020年4月の既存店の売上高、来店客数(5月3日時点で吉野家は未発表)が、いずれも前年同月比2ケタ減の大幅な落ち込みとなった。

記事を読む
5分でわかる 大戸屋とコロワイドが経営権を巡って揉めている理由

5分でわかる 大戸屋とコロワイドが経営権を巡って揉めている理由

コロワイドが大戸屋に対して株主提案を行います。経営陣の刷新や、セントラルキッチンの活用、株主優待の拡充などを求めます。大戸屋は創業者の息子・三森智仁氏の社外取締役就任に難色を示すなど、慎重な姿勢を崩していません。一体何があったのでしょうか?

記事を読む
ピザハットを買収した投資ファンド「エンデバー・ユナイテッド」とは?

ピザハットを買収した投資ファンド「エンデバー・ユナイテッド」とは?

2002年にフェニックス・キャピタルとして設立された投資ファンド「エンデバー・ユナイテッド」は日本の独立系投資ファンドの中では最古参の一つ。ファンド総額3,000億円、投資先企業は50社。いったいどのようなファンドなのでしょうか?

記事を読む
3月の売上高前年対比108%を叩き出したケンタッキーの勝因は?

3月の売上高前年対比108%を叩き出したケンタッキーの勝因は?

3月のケンタッキーの既存店売上高が、前年同月比108.2%となりました。コロナ禍で外食企業の売上が急減する中で、この数字は驚異的。ハレの日需要から日常食へと舵を切った、ケンタッキーの戦略が奏功。コロナでその効果が色濃く浮かび上がりました。

記事を読む
ラーメン店「一風堂」の力の源HDが上場来初の赤字に転落 新型コロナが直撃

ラーメン店「一風堂」の力の源HDが上場来初の赤字に転落 新型コロナが直撃

ラーメン店「一風堂」などを運営する力の源ホールディングスが2017年3月の上場以来、初めてとなる最終赤字に転落する。2025年までに国内外600 店舗の達成を目指す中期計画の見直しも。

記事を読む
すき家と吉野家の「牛丼」大手2社が新施策 新型コロナ対策で

すき家と吉野家の「牛丼」大手2社が新施策 新型コロナ対策で

すき家と吉野家の牛丼大手2社が、新型コロナウイルス対策の一環として新しい施策を打ち出した。他の飲食店でも同様の動きがあるが、国民食とも言われる牛丼を巡る取り組みだけに関心を集めそうだ。

記事を読む
【コロナ倒産】飲食、宿泊業まとめ。「点と線」で有名なあの店も

【コロナ倒産】飲食、宿泊業まとめ。「点と線」で有名なあの店も

4月7日に新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令され、映画館やライブハウス、運動施設だけでなく、居酒屋、カラオケ、マンガ喫茶なども休業が要請されることとなります。また、休日の旅行は大幅に制限され、飲食店や宿泊施設は甚大な影響を受けます。

記事を読む