外食・フードサービスの記事一覧

「喫茶店」の休業廃業、2021年は過去最多

「喫茶店」の休業廃業、2021年は過去最多

2021年の「喫茶店」の休廃業・解散が初めて100件に達し、過去最多を記録したことが東京商工リサーチの調査でわかった。

記事を読む
「呪術廻戦」「鬼滅の刃」が牛丼対決 吉野家とすき家がキャンペーン

「呪術廻戦」「鬼滅の刃」が牛丼対決 吉野家とすき家がキャンペーン

アニメ「呪術廻戦」と「鬼滅の刃」が牛丼の販売を巡って対決する。吉野家が「呪術廻戦」と、すき家が「鬼滅の刃」と、それぞれコラボし、特別メニューの販売やカードのプレゼントなどのキャンペーンを実施する。

記事を読む
餃子の王将が業績好調、なぜ競合の日高屋は遅れをとったのか

餃子の王将が業績好調、なぜ競合の日高屋は遅れをとったのか

王将フードサービスの業績が好調です。2022年3月期第2四半期の営業利益は前期比33.5%増の31億9,200万円となりました。冴えないのが日高屋。2022年2月期第2四半期は26億200万円の営業損失(前年同期は20億7,000万円の営業損失)となりました。

記事を読む
続く「吉野家」の子会社売却 次に白羽の矢が立つのは

続く「吉野家」の子会社売却 次に白羽の矢が立つのは

吉野家は、ファストフード事業を手がけるグリーンズプラネットオペレーションズを売却する。同社はコロナ禍で大きく変化した市場環境に対応するため、事業構造の最適化を進めおり、今後も子会社売却が続く可能性は高そうだ。

記事を読む
キャンペーン攻勢をかける「かっぱ寿司」トップを走るスシローに迫れるか

キャンペーン攻勢をかける「かっぱ寿司」トップを走るスシローに迫れるか

かっぱ寿司のカッパ・クリエイトが、キャンペーン攻勢をかけている。話題になった「半額キャンペーン」に続いて「メイプルストーリー」とのコラボや「生ビール半額キャンペーン」を実施する。

記事を読む
かっぱ寿司の半額キャンペーンは集客効果がどれだけあったのか?

かっぱ寿司の半額キャンペーンは集客効果がどれだけあったのか?

かっぱ寿司が2021年9月に1皿半額というキャンペーンを実施しました。常識外れのキャンペーンに客が殺到しました。一部店舗周辺の道路が大渋滞し、16時間待ちという店舗が出たと言われています。その効果はどれだけあったのでしょうか?

記事を読む
「吉野家」に回復の兆し 売却した京樽分を除くと増収に

「吉野家」に回復の兆し 売却した京樽分を除くと増収に

牛丼チェーン「吉野家」などを展開する吉野家ホールディングスに回復の兆しが現れてきた。2022年2月期第3四半期は、売却した京樽の影響を除くと増収になったという。先を走る「すき家」のゼンショーにどこまで迫ることができるか。

記事を読む
WDIが承継した老舗すき焼き店「ちんや」が3月に再オープン

WDIが承継した老舗すき焼き店「ちんや」が3月に再オープン

「カプリチョーザ」や「ハードロックカフェ」を運営するWDIが、2021年8月に老舗すき焼き店「ちんや」を買収しました。閉店していた「ちんや」は2022年3月に創業の地浅草で再オープンする予定です。WDIとはどのような会社なのでしょうか?

記事を読む
米国本社が倒産しても日本のDEAN&DELUCAが存続している理由

米国本社が倒産しても日本のDEAN&DELUCAが存続している理由

米国のDEAN & DELUCAが2020年3月31日米連邦破産法11条の適用を米ニューヨークの裁判所に申し立てました。負債総額は約550億円。倒産から2年半近く経過した後も日本の店舗は通常通り営業をしており、破産の影響は一切受けていません。

記事を読む
【2021年外食業界のM&A】スシローが京樽買収でテイクアウト強化へ

【2021年外食業界のM&A】スシローが京樽買収でテイクアウト強化へ

新型コロナウイルス感染拡大の長期化に苦しんだ2021年の外食企業。集客に苦戦する外食企業各社は焼肉や寿司へと業態の幅を広げ、テイクアウトやデリバリーなど多角的な事業展開をするようになりました。その手法としてM&Aを積極活用する例が目立ちます。

記事を読む
外食・フードサービスの2021年(2021年1月1日~12月21日)のM&A 件数、金額ともに過去10年間で最低に

外食・フードサービスの2021年(2021年1月1日~12月21日)のM&A 件数、金額ともに過去10年間で最低に

2021年(2021年1月1日~12月21日)の外食・フードサービス業界は、コロナ禍の厳しい風にさらされ続けた。M&Aの発表件数は2年連続で減少し、2012年以降の10年間では最低となった。

記事を読む
洋菓子のヒロタが上場廃止カウントダウン、債務超過解消の兆しなく

洋菓子のヒロタが上場廃止カウントダウン、債務超過解消の兆しなく

債務超過に陥っている21LADYの上場廃止がカウントダウンに入りました。2022年3月期で債務超過を解消しなければなりませんが、21LADYは5,900万円の純損失を見込んでいます。増資による資本増強への動きも見えず、危機的状況に追い込まれました。

記事を読む
外食の「ゼットン」を子会社化する衣料の「アダストリア」融合することで生まれるモノとは

外食の「ゼットン」を子会社化する衣料の「アダストリア」融合することで生まれるモノとは

カジュアル衣料のアダストリアがレストラン運営のゼットン子会社化する。ファッションビジネスと飲食ブランドを融合させることで新しい事業を開発するのが狙いという。アパレルとレストランが一体になることで生み出されるモノとは何のか。

記事を読む
増収増益の「スシロー」と営業赤字の「くら寿司」明暗分けたのは何なのか

増収増益の「スシロー」と営業赤字の「くら寿司」明暗分けたのは何なのか

回転ずし大手2社の決算が出そろった。「スシロー」を展開するFOOD & LIFE COMPANIESが2021年11月5日に2021年9月期決算を、「くら寿司」を展開するくら寿司<2695> が12月7日に、2021年10月期決算を発表した。

記事を読む
「椿屋珈琲」が赤字脱却「チーズケーキ」などが好調

「椿屋珈琲」が赤字脱却「チーズケーキ」などが好調

高級喫茶店の「椿屋珈琲」などを展開する東和フードサービスが、当期赤字から脱却できる見通しとなった。本業の儲けを示す営業損益は赤字が避けられないものの、コロナ関連の助成金などで浮上する見込みだ。

記事を読む
小僧寿しが居酒屋と障害者グループホームを運営することへの違和感

小僧寿しが居酒屋と障害者グループホームを運営することへの違和感

債務超過の解消と黒字化を達成した小僧寿しが3社買収を決定しました。居酒屋「とり鉄」のFC展開をするトランセア、障害者グループホーム「わおん」のアニスピホールディングス、食肉加工のミートクレストです。デリバリーに経営資源集中からの急激な方針転換となりました。

記事を読む
広がるGo To Eat キャンペーン食事券の販売再開「オミクロン」流行の懸念も

広がるGo To Eat キャンペーン食事券の販売再開「オミクロン」流行の懸念も

新型コロナウイルス感染者数の減少に伴い、首都圏でGo To Eat キャンペーン食事券の販売を再開する動きが広まってきた。オミクロンの世界的な流行が懸念される中での食事券の販売再開は、感染者数の動向にどのような影響を与えるだろうか。

記事を読む
すしネタにお金をかける回転ずしチェーン 2位は「かっぱ寿司」では1位は?

すしネタにお金をかける回転ずしチェーン 2位は「かっぱ寿司」では1位は?

回転ずし店「スシロー」を展開するFOOD & LIFE COMPANIESが、競合他社よりもコストをかけて品質の高い食材を調達する方針を打ち出した。同社は仕入れに最もお金をかける回転ずしチェーンになれるだろうか。

記事を読む
「いきなりステーキ」が黒字化を達成、不採算店の退店が奏功

「いきなりステーキ」が黒字化を達成、不採算店の退店が奏功

いきなりステーキが息を吹き返しました。2021年12月期にいきなりステーキ事業単体で9,500万円の黒字化を達成しています。その他のレストランが1億1,500万円の赤字を出したため、会社としては1億9,700万円の純損失となりましたが、着実に回復しています。

記事を読む
パン工房ベルべの破産申請が難航 社長と連絡つかず

パン工房ベルべの破産申請が難航 社長と連絡つかず

パン工房のベルベ(大和市)が再度の資金ショートを起こし11月15日、行き詰まりを表面化した。社長と連絡が取れず、代表交代による破産申請を検討している。

記事を読む
出前館、資本金を550億円減資し1億円 中小企業扱いに

出前館、資本金を550億円減資し1億円 中小企業扱いに

フードデリバリーサービスの出前館は11月12日、資本金を約550億円減少し1億円に減資すると発表した。資本金の額のみ減少し、減少分をその他資本剰余金に振り替える。

記事を読む
「スシロー」すしネタの仕入れ価格を引き上げ おいしいすしを追求

「スシロー」すしネタの仕入れ価格を引き上げ おいしいすしを追求

回転ずし「スシロー」を展開するFOOD & LIFE COMPANIESは、競合他社よりもコストをかけて品質の高い食材を調達することで、2021年9月期に45.92%だった原価率を50%に高める。

記事を読む
復活遂げるラーメン「一風堂」新たな収益モデル店などが貢献

復活遂げるラーメン「一風堂」新たな収益モデル店などが貢献

博多ラーメン「一風堂」を展開する力の源ホールディングスが、復活の兆しを見せている。同社は2021年11月15日に2022年3月期第2四半期の業績を修正し、それまでの赤字見通しから黒字に転換すると発表した。

記事を読む
強い「すき家」と「はま寿司」 ゼンショー当期黒字に転換

強い「すき家」と「はま寿司」 ゼンショー当期黒字に転換

ゼンショーホールディングスが好調だ。同社は2021年11月12日に2022年3月期第2四半期の業績を修正、売上高と営業利益は当初の予想を下回るものの、経常利益と当期利益は当初より50-70%もの増益となる。

記事を読む
「串カツ」「焼鳥」「ウナギ」「ラーメン」コラボで巻き返しなるか

「串カツ」「焼鳥」「ウナギ」「ラーメン」コラボで巻き返しなるか

コロナ禍で厳しい状況の続く飲食店で、コラボが相次いでいる。異色のコラボは話題性が高いだけに、コロナ禍を跳ね返し、どこまで売り上げを伸ばすことができるだろうか。

記事を読む