記事一覧

「マイナンバー義務化」は、財政破綻を想定した国民負担増の準備

「マイナンバー義務化」は、財政破綻を想定した国民負担増の準備

マイナンバーカードの普及に向けて、政府の動きが活発になってきた。健康保険証や運転免許証をマイナンバーカードと統合し、健康保険証については廃止を打ち出している。このマイナンバーだが「本丸」はカードではなく、個人の銀行口座との紐付けだ。なぜか?

記事を読む
「新釈 成功するM&Aの進め方」|編集部おすすめの1冊

「新釈 成功するM&Aの進め方」|編集部おすすめの1冊

M&A Online編集部が今回取り上げるのは「新釈 成功するM&Aの進め方」(坪井孝太著、ダイヤモンド社刊)。中規模以上のM&Aをシームレスに進め、成功に導くための要諦を解説した一冊。

記事を読む
心温まるSFヒューマン映画『アフター・ヤン』

心温まるSFヒューマン映画『アフター・ヤン』

近未来が舞台でありながら、ド派手な視覚効果やスペクタクルは一切出てこないSFヒューマン映画『アフター・ヤン』。本作を手がけたのは、韓国系アメリカ人のコゴナダ監督。オリジナル・テーマ曲は監督が敬愛する坂本龍一、フィーチャリング・ソングは小林武武史の「グライド」を新バージョンでよみがえらせた。

記事を読む
「ハゲタカ」の真山仁氏、次回作は「台中問題と半導体」がテーマ

「ハゲタカ」の真山仁氏、次回作は「台中問題と半導体」がテーマ

「ハゲタカ・シリーズ」で知られる経済小説家の真山仁さんが都内で開かれたセミナーで、「『ハゲタカ』著者が語るM&Aの可能性」と題して講演した。新型コロナ禍やウクライナ侵攻など時代の大きな変化の中で、日本経済の立て直しに必要となる条件を語った。

記事を読む
新iPad、新iPad Proで見えたiPhoneの値上げ幅

新iPad、新iPad Proで見えたiPhoneの値上げ幅

アップルが発表したタブレット端末の最廉価モデル「iPad」の価格を前モデルから38%も値上げした。同時に現行「iPad Air」と「iPad mini」も値上げされている。そうなると気になるのは最もユーザーが多い「iPhone」の値上げだ。

記事を読む
食堂車、無人島、天守閣…意外な「貸し切り」のお値段は?

食堂車、無人島、天守閣…意外な「貸し切り」のお値段は?

10月16日に池袋の「サンシャイン60ビル」内のレストランを貸し切ったグループが乱闘する騒ぎがあった。その貸し切り、意外なサービスでも利用できる。もちろんスペシャルだけにお値段はそれなりにする。さて、いくらで借りられる?

記事を読む
「会計士・税理士のための伝わるプレゼン術」|編集部おすすめの1冊

「会計士・税理士のための伝わるプレゼン術」|編集部おすすめの1冊

こんなことはないだろうか。受け取ったプレゼン資料が「字が小さすぎて読めない」「レイアウトがごちゃごちゃしている」「何が言いたいのかわからない」…。本書は「会計士」と「税理士」を対象に「伝わるプレゼン術」について書かれためずらしい本である。

記事を読む
放射線研究に生涯取り組んだ『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』

放射線研究に生涯取り組んだ『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』

1903年にノーベル物理学賞、1911年に同化学賞を受賞。同賞を2度受賞したのはキュリー夫人だけ。『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』は彼女の輝かしい業績とは裏腹に、知られざる波乱に満ちた激動の人生の光と影に焦点を当てた作品である。

記事を読む
「再興 THE KAISHA」|編集部おすすめの1冊

「再興 THE KAISHA」|編集部おすすめの1冊

バブル崩壊から「失われた30年」を過ぎ、急激な円安も相まって、このまま日本経済は没落していくのではないかとの懸念が高まっている。しかし、本書の著者で米カリフォルニア大学のウリケ・シェーデ教授は、日本を依然として重要な経済大国だと述べている。

記事を読む
振り込め詐欺の手口をリアルに描くクライムサスペンス『声/姿なき犯罪者』

振り込め詐欺の手口をリアルに描くクライムサスペンス『声/姿なき犯罪者』

振り込め詐欺を題材にした韓国映画『声/姿なき犯罪者』が10月7日から公開される。企画・製作のミン・ジンス氏は、「実際に振り込め詐欺で使用されている事例と最近の手口を調査し、なるべく現実に起こっている犯罪事例を映画に描き入れようとした」と語る

記事を読む
Web3.0とDAO|ブロックチェーンについて解説

Web3.0とDAO|ブロックチェーンについて解説

Web3.0という新世代のインターネットが考案されつつあります。その中でもDAO(分散型自立組織)についてニュース等で耳にする機会が増えてきました。今日はWeb3.0やDAOについて、できるだけわかりやすく考え方を解説します。

記事を読む
【元銀行員が語る】銀行員の新人がまず行う事はクレジットカード営業!

【元銀行員が語る】銀行員の新人がまず行う事はクレジットカード営業!

大きな期待を持って銀行に入行をする新人は非常に多い。世界的な大きな会社を担当したい。地権者やオーナーの資産運用をしてみたい。果ては、支店長や法人営業部長になりたい…。そんな希望に満ち溢れた新人がまず最初に行うのはクレジットカードの営業だ。

記事を読む
「名門再生 太平洋クラブ物語」|編集部おすすめの1冊

「名門再生 太平洋クラブ物語」|編集部おすすめの1冊

経営破綻した太平洋クラブの社長に就任した、マルハン創業者子息の韓俊氏が、どのように名門ゴルフ場を再建していったが綴られているのが本書。グリーンキーパーやキャディユーチューバーらの声も収録している。

記事を読む
【2022年10月公開映画】編集部おすすめ5作品 アカデミー賞有力作品も

【2022年10月公開映画】編集部おすすめ5作品 アカデミー賞有力作品も

10月の興行はというと、ハリウッド大作映画はちょっと一息といったところ。その代わりバリエーション豊かな作品が公開されているので、選ぶ側としては楽しみが拡がります。アカデミー賞有力作品の公開も控えています。

記事を読む
政府が主張する「投機筋の動き」を抑えれば円安は解消するのか?

政府が主張する「投機筋の動き」を抑えれば円安は解消するのか?

政府・日銀による「円買いドル売り」の為替介入から1週間を迎えようとしている。政府は為替介入に踏み切った理由を「投機による過度な変動を見過ごすことはできない」と説明した。だが、日米の政策金利差も大きい。なぜ円安の原因を「投機」と主張するのか?

記事を読む
「小説 兜町(しま)」|編集部おすすめの1冊

「小説 兜町(しま)」|編集部おすすめの1冊

今回、紹介するのは清水一行著「小説兜町(しま)」。半世紀以上も前の1966年に出版された経済小説の名作。今回、角川文庫から改版して発刊されることになった。今や歴史書ともいえる本書だが、兜町の今昔を知るうえで格好の一冊だ。

記事を読む
新たな時代への幕開けを感じさせる最新作『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』

新たな時代への幕開けを感じさせる最新作『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』

20世紀初頭のイングランド郊外にたたずむ大邸宅を舞台に、そこで暮らすクローリー家と使用人らの群像劇を描いた人気テレビドラマシリーズ「ダウントン・アビー」。その最新作となる映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』が9月30日に公開となる。

記事を読む
アップル、アプリ値上げで気になる新iPad Proの「価格」

アップル、アプリ値上げで気になる新iPad Proの「価格」

米アップルは10月5日から「iPhoneシリーズ」や「iPadシリーズ」などで利用するアプリケーションソフトの価格を一律で値上げすると発表した。為替安に伴う措置で、対ドルで通貨安になった円やユーロによる決済が対象だ。そうなると気になるのは、来月に発売される「iPad pro」シリーズの価格だ。

記事を読む
アップルウォッチ新モデル「Ultra」は買い?それとも待ち?

アップルウォッチ新モデル「Ultra」は買い?それとも待ち?

米アップルは新モデルの「Apple Watch Ultra」を発売する。ウォッチは従来の本流モデル「8」と低価格モデルの新型「SE」を含めて3本立てとなる。コンセプトを一新した「Ultra」だが、果たして「買い」か、それとも「待ち」なのか?

記事を読む
財務省、政府保有のNTT株を3600億円で売却 保有義務は維持

財務省、政府保有のNTT株を3600億円で売却 保有義務は維持

財務省は14日、政府保有のNTT株を同社の自社株買いに応じる形で売却すると発表した。売却総額は約3602億円

記事を読む
「取締役会での議論に使える会計・ファイナンス」|編集部おすすめの1冊

「取締役会での議論に使える会計・ファイナンス」|編集部おすすめの1冊

2015年より全上場企業で適用されることになったコーポレートガバナンス・コードの導入により、取締役会に対する要求水準が高まっている。上場会社のマネジメント層に知っておいてほしい会計やファイナンスの実践的な知識がコンパクトにまとまっている。

記事を読む
「実に面白い」9年ぶりの映画版ガリレオ|『沈黙のパレード』

「実に面白い」9年ぶりの映画版ガリレオ|『沈黙のパレード』

『沈黙のパレード』が9月16日より全国公開となりました。東野圭吾原作・福山雅治主演のガリレオシリーズ最新作として映画では9年ぶりとなります。内海薫役の柴咲コウが復活、今まで以上に北村一輝演じる草薙俊平のウェイトが重い作品となっています。

記事を読む
ソフトバンクG、アリババ株譲渡で2.6兆円の売却益

ソフトバンクG、アリババ株譲渡で2.6兆円の売却益

9月15日、ソフトバンクグループは、アリババ株式の譲渡で、2023年3月期の単体決算に約2兆6000億円の売却益を計上することが確定したと発表した。

記事を読む
iPhone 14は「5c」と並ぶ「歴史的失敗作」となるのか

iPhone 14は「5c」と並ぶ「歴史的失敗作」となるのか

アップルファンにとっては待ちに待った秋がやってきた。毎年恒例の新型iPhoneが登場するからだ。発売当初は予約が殺到し、しばらくは品薄が続くのが常だった。が、「iPhone 14」は少々勝手が違うようだ。早くも「大ゴケ」の予感が漂っている。

記事を読む
コロナ入国制限の完全解除で「品切れしそうなもの」リスト

コロナ入国制限の完全解除で「品切れしそうなもの」リスト

政府が新型コロナの水際対策で実施してきた入国制限の完全撤廃に向けて動き出した。厳しい入国制限に苦しめられてきたインバウンド需要も、ようやく正常化しそうだ。一方、消費者の立場からは大量の外国人観光客がやって来る前に「買っておくべき物」がある。

記事を読む