M&A速報

アルゼ<6425>、ゲーミング機器製造・販売の米Aruze Gaming AmericaをMBOで譲渡

2009/04/01

アルゼは、連結子会社でカジノ向けゲーミング機器の開発・製造・販売を主力とする米国Aruze Gaming America, Inc.(ネバダ州。売上高690万円、営業利益△1億1200万円、純資産13億5000万円)の株式49.95%の全部をアルゼの取締役会長である岡田和生氏へ譲渡することを決議した。

アルゼグループは、カジノ向けゲーミング機器事業を、同社グループの3大主要ビジネスの一つとして位置付け、Aruze Gaming Americaを中心としてカジノ向けゲーミング機器の販売を行ってきた。しかし、金融危機以降厳しい競争環境が続き、赤字を軽減することが大きな課題となっていた。そうした状況から、同社は今回の株式譲渡を決め、財務・経営的な負担を軽減し、経営資源を中心事業であるパチスロ・パチンコ事業に注力する。

譲渡価額は未定。譲渡日は2009年3月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

あの大塚家具も!創業家内紛シリーズ(3) 親子・兄弟の争い編

あの大塚家具も!創業家内紛シリーズ(3) 親子・兄弟の争い編

2017/11/01

今回は「親子、兄弟の争い編」としてロッテ、大塚家具<8186>、ユニバーサルエンターテインメント<6425​>の3社を取り上げる。身内同士の争いであるがゆえに、かえって容赦のない攻防が繰り広げられているようにも映る3社の事例を紹介したいと思う。

「外国法人等株式保有比率」調査 1位は日本オラクルの87.2%

「外国法人等株式保有比率」調査 1位は日本オラクルの87.2%

2017/08/06

東京商工リサーチ調べによると、上場企業3,062社(2016年度決算)の外国法人等株式保有比率は11.4%だった。外国法人等株式保有比率の最高は、米国オラクル社の日本法人で東証1部上場の日本オラクルが87.2%。次いで、リーバイ・ストラウスジャパンが84.1%、ユニバーサルエンターテインメントが79.2%と続いた。