『メルシャン』の誕生

日清醸造は1949年、新しいブランド名を引っさげてワインを発売した。『メルシャン』。そのブランド名は国産ワインの代名詞ともいわれるようになった。

ここで、国産ワイン産業の舞台は宮崎の大黒葡萄酒から日清醸造に移ったかに思える。だが、同じ勝沼の地であり、同じ宮崎光太郎の生家の敷地内で始まったことだ。

日清醸造は『メルシャン』を全国ブランドに育て上げるとともに、1961年、大型合併を果たした。秘数3の第2幕、三楽との合併だ。

それに対抗するかのように、同年、大黒葡萄酒はオーシャンと社名変更した。そして翌1962年、三楽はオーシャンとも合併する。三楽オーシャンの誕生である。昭和30年代の後半、日本が高度成長に突入する時期、その前震のように山梨・勝沼では日清醸造、三楽、オーシャンの3社がM&A劇を繰り広げていたのである。そして、その果実が、日清醸造が発売した『メルシャン』であったということができる。

この大M&Aストーリーをメルシャンという会社から見てみよう。メルシャンは1934年、味の素の創業者・鈴木三郎助の次男・鈴木忠治が昭和酒造として創業した。ブランド名の1つに『三楽』があった。1949年には三楽酒造と社名変更し、1961年には『メルシャン』を発売する日清醸造に対してM&Aを行い、翌1962年にはオーシャンに対してM&Aを行った……ということになる。

高度成長の初期、オーシャンは長野・軽井沢の地でウイスキーを製造していたというから、『メルシャン』『オーシャン』というブランドを擁した三楽酒造のベンチマークのターゲットは明確だったに違いない。現在のサントリーである。宮崎ら3人が上越のワイン葡萄の父・川上善兵衛にワイン醸造を教え、川上がサントリー創業者の鳥居信治郎に教えたといわれるワイン醸造の技術。量産体制のなかで新たな歴史が繰り広げらたということになる。

1990年、三楽酒造はメルシャンと社名変更した。ブランド名が組織を飲み込んだということもできる。現在、メルシャンはキリンホールディングス<2503>の直接子会社となっている。