ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【ウェルズ・ファーゴ】知っているようで、知らない外資系金融機関<15>

alt

日本では証券・銀行の2拠点、後発だが伸びしろに期待

日本拠点を置くビル(右の建物)

日本では旧ワコビアの拠点を引き継ぐ形で、ウェルズ・ファーゴ証券(日本法人)とウェルズ・ファーゴ銀行東京支店があります。いずれも東京駅前の丸の内トラストタワー本館24階にオフィスを構えています。

ウェルズ・ファーゴ証券は2009年に現在の社名になりました。元々、2007年にワコビア証券として設立され、債券・株式発行の引き受け、販売、トレーディング、M&A、ローン・シンジケート業務などを展開していました。

ウェルズ・ファーゴ銀行東京支店としては2010年、外国銀行支店の営業免許を得て、外国送金に伴うコルレス・バンキングや貿易金融サービスを主力業務に営業を開始しました。

同じ米国勢でもJPモルガン、シティグループ、バンク・オブ・アメリカは戦前から、あるいは戦後いち早く日本で営業をスタートし、実績を積んでいます。ウェルズ・ファーゴは日本で後発だけに認知度や知名度がまだまだですが、その分、伸びしろがあるといえます。

実際、調査会社トムソン・ロイターがまとめている日本企業のM&Aに関するアドバイザー業務の年間ランキング(上位25社。公表ベース)をみると、2016年に20位(金額3465億円、案件4件)に初めてランクインしました。日本企業による海外M&Aが活発化する中、この方面でも活躍が大いに期待されます。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。