M&Aのアドバイザーとしても活躍する外資系金融機関。名前はよく耳にするけど、実はどんな金融機関なのかよく知らないという人もいるのでは? そこで、各社の沿革、日本法人の情報、日本企業に関連した主なM&A案件などをまとめてみました。第1回は、米ニューヨークを本拠地に世界42ヵ国以上にオフィスを展開するモルガン・スタンレーを取り上げます。

モルガン・スタンレー 沿革

グローバル日本
1935年グラス・スティーガル法により銀行・証券業務の分離が定められ、ジョン・ピアポント・モルガンが設立したモルガン商会から債券引受け部門が独立。米ニューヨーク、ウォール街にモルガン・スタンレー・アンド・カンパニーが誕生する
1941年ニューヨーク証券取引所の会員権を取得
1970年東京駐在員事務所を開設
1971年M&A事業に参入
1984年モルガン・スタンレー・インターナショナル・リミテッド 東京支店を設立し、証券業免許を取得
1986年ニューヨーク証券取引所に上場東京証券取引所での取引資格を取得
1987年・大阪証券取引所での取引資格を取得
・モルガン・スタンレー投資顧問株式会社を設立する
1988年商号を「モルガン・スタンレー・インターナショナル・リミテッド」から「モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド」に変更
1989年・東京金融先物取引所での取引資格を取得
・名古屋証券取引所 特別参加者資格を取得 (2012年 資格返上)
1995年投資信託委託業務の免許取得に伴い、「モルガン・スタンレー投資顧問株式会社」から「モルガン・スタンレー・アセット・マネジメント投信株式会社」に商号変更
1996年大手町から恵比寿へ移転
1997年ディーン・ウィッター・ディスカバー・アンド・カンパニーとの合併により、モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター・ディスカバー・アンド・カンパニーとなる
1998年日本での不動産投資をスタート。株式会社モルガン・スタンレー・プロパティーズ・ジャパンを設立
1999年本国でのディーン・ウィッター・ディスカバー・アンド・カンパニーとの合併を受け、モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター・ジャパン・リミテッドとして営業開始
2001年商号を「モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター・アンド・カンパニー」から「モルガン・スタンレー」に変更商号を「モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター・ジャパン・リミテッド」から「モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド(モルガン・スタンレー証券会社)」に変更
2004年ジャスダック証券取引所での取引資格を取得
2005年東京工業品取引所 受託会員資格を取得 (2012年 資格返上)
2006年株式会社制へ移行し、モルガン・スタンレー証券株式会社に
2007年持株会社制へ移行し、日本における持株会社として、モルガン・スタンレー・ホールディングス株式会社を設立。株式会社モルガン・スタンレー・プロパティーズ・ジャパン、その他関係会社の一部業務を承継し、社名をモルガン・スタンレー・キャピタル株式会社に変更
2008年銀行持株会社制へ移行
2010年三菱UFJフィナンシャル・グループと日本における証券合弁事業の開始に伴い、モルガン・スタンレー証券株式会社からモルガン・スタンレーMUFG証券株式会社に社名変更
2012年「モルガン・スタンレー・アセット・マネジメント投信株式会社」から「モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社」に商号変更
2014年恵比寿から大手町へ移転
モルガン・スタンレーHPを基に編集部作成


モルガン・スタンレー 日本法人

日本での展開の歴史を見ても、どうもややこしいモルガン・スタンレーですが、現在、日本におけるモルガン・スタンレーの持株会社、モルガン・スタンレー・ホールディングス株式会社の傘下にある主要会社は次の3社です。

モルガン・スタンレー・ホールディングス所在地:東京・大手

大手町フィナンシャルシティ サウスタワー

モルガン・スタンレーMUFG証券機関投資家や法人向けの金融商品取引業務、リサーチ業務、資本市場業務
モルガン・スタンレー・インベストメント ・マネジメント株式会社公的年金、企業年金、金融機関などの機関投資家向け資産運用業務
モルガン・スタンレー・キャピタル不動産投資関連業務、プライベート・エクイティ業務

なお、M&Aアドバイザリーなどの投資銀行業務は、三菱UFJフィナンシャル・グループと日本における証券合弁事業をスタートさせたことに伴い、同グループの三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が担っています。三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社とモルガン・スタンレーMUFG証券との関係は次のようになっています。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社HPより