M&Aのアドバイザーとしても活躍する外資系金融機関。名前はよく耳にするけど、実はどんな金融機関なのかよく知らないという人もいるのでは? そこで、各社の沿革、日本法人の情報、日本企業に関連した主なM&A案件などをまとめてみました。第2回は、1869に創業、米ニューヨークを本拠地とするゴールドマン・サックスを取り上げます。

ゴールドマン・サックス 沿革

グローバル日本
1869年ユダヤ系ドイツ人、マーカス・ゴールドマンが信用手形引受を行う「マーカス・ゴールドマン商店」を創業
1882年マーカスの義理の息子、サミュエル・サックスが加わり、「M.ゴールドマン・サックス」に社名変更
1885年「ゴールドマン・サックス」に社名変更
1896年ニューヨーク証券取引所に参入
1906年シアーズ社の株式公開IPO)を皮切りに、以降さまざまな企業のIPOを手掛けるように
1956年11月フォード社のIPOに共同幹事として参加
1967年10月アルキャン社株のブロック取引を行う
1974年1月東京駐在員事務所開設
1981年アーロン商会を吸収合併
1983年11月証券業免許を取得。ゴールドマン・サックス証券会社東京支店として営業開始
1986年2月 東京証券取引所に加入
1988年11月大阪証券取引所に加入
1989年4月東京金融先物取引所に加入
1999年5月IPOを行い、ニューヨーク証券取引所に上場。「ザ・ゴールドマン・サックス・グループ・インク(The Goldman Sachs Group, Inc.)」となる
2004年9月ジャスダック証券取引所に加入
2005年・8月に東京工業品取引所に加入
・9月に国内法人化に向けて、ゴールドマン・サックス証券準備株式会社を設立
2006年・1月、証券業及び金融先物取引業にゴールドマン・サックス証券準備株式会社として登録
・10月、ゴールドマン・サックス証券会社東京支店から、ゴールドマン・サックス証券準備株式会社が営業の全部を譲り受け、ゴールドマン・サックス証券株式会社に商号を変更
2008年銀行持ち株会社制へ移行

ゴールドマン・サックスHPを基に編集部作成