menu
Social media

ビジネス

【クレディ・スイス】知っているようで、知らない、外資系金融機関まとめ<3>

Cover 94ee4f49 d39c 4f2a 999d 87ae76cc5ad8

 新聞やテレビのニュースで名前は知っているけれど、街中で店舗を目にすることはあまりないし、敷居もちょっと高そう。そんな「知っているようで、知らない、外資系金融機関」シリーズの第3回は欧州を代表する世界的な金融グループの「クレディ・スイス(CREDIT  SUISSE)」です。

「プライベートバンキング」「投資銀行」「資産運用」が3本柱

 クレディ・スイスはスイスのチューリッヒを本拠に50カ国・地域以上で業務を展開し、従業員数は約4万6000千人。創立は1856年。UBS(スイス銀行とスイス・ユニオン銀行が1998年合併して誕生)と並んでスイスの2大銀行をなしています。スイスの銀行といえば、匿名性と守秘性の高さで語られることがしばしばです。クレディ・スイスも150年を超える歴史と伝統の中で、世界中の富裕層を相手にするプライベートバンキング業務で国際的に高い評価を受けてきました。

 現在は「プライベートバンキング」、「投資銀行」、「アセットマネジメント(資産運用)」の3業務を基軸にさまざまな金融サービスを提供しています。投資銀行業務は株式・債券の売買や引き受け、M&Aのアドバイザリー業務などをいいます。アセットマネジメント業務では、機関投資家向けに株式や債券といった伝統的な投資に代わるオルタナティブ(代替)投資商品の販売などを主力としています。

日本でのクレディ・スイスの沿革(太字は本国での動き)
1856 クレディ・スイスがチューリッヒで設立
1940 スイス国外初の支店をニューヨークに開設
1959 ファースト・ボストン(現クレディ・スイス)が日本政府の戦後初の国債起債で単独引受幹事を務める
1972 ザ・ファースト・ボストン・コーポレーション東京駐在員事務所を開設
1977 クレジット・スイス(現クレディ・スイス銀行)東京支店が銀行免許を取得
1978 クレディ・スイスと米国ザ・ファースト・ボストン・コーポレーションが提携
1985 ファースト・ボストン証券東京支店(現クレディ・スイス証券の母体)を開設
1988 クレディ・スイスがザ・ファースト・ボストン・コーポレーションを買収
1996 持ち株会社名をCSホールディングスから、クレディ・スイス・グループに変更
2006 クレディ・スイスとクレディ・スイス・ファースト・ボストンが統合し、新「クレディ・スイス」が発足
 〃日本法人に移行に伴い、「クレディ・スイス証券」として営業開始
2009 日本国内でプライベートバンキングを開始
2012 英HSBC(香港上海銀行)から、日本国内のプライベートバンキング業務を継承

外資系企業・金融

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

「仮想通貨」の未来は 交換業者のM&Aは仮想か現実か

「仮想通貨」の未来は 交換業者のM&Aは仮想か現実か

仮想通貨の交換業者を規制する動きが強まりそうだ。そうなるとシステムの安全性向上などに多くの資金が必要になることが予想されるだけに、今後これら交換業者のM&Aにもスポットが当たりそうだ。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92