トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >スポーツクラブ大手、3年連続で増収も回復途上|今期はルネサンスが売上高トップへ

スポーツクラブ大手、3年連続で増収も回復途上|今期はルネサンスが売上高トップへ

alt
2025年3月期に売上高で業界トップが見込まれるルネサンス(都内の店舗)

スポーツクラブ大手4社の2024年3月期決算は入会者の回復などを受け、売上高を堅調に伸ばした。ティップネスは4年ぶりに営業黒字に転換し、コロナ禍に端を発したトンネルをようやく抜け出した。2025年3月期は同業準大手を買収したルネサンスが売上高でコナミスポーツ、セントラルスポーツを逆転し、業界3位からトップに立つ見通しだ。

3年連続の増収、コナミが首位を維持

2024年3月期は対面によるサービスの正常化や健康増進へのニーズの高まりに伴い、施設利用や新規入会者が上向いた。各社の売上高はコロナ禍が直撃した2021年3月期を大底に反転し、3年連続の増加となった。

コナミスポーツ、セントラルスポーツ、ルネサンスは期中に会費を引き上げたことも増収に寄与した。

ルネサンスの3月末の会員数は前年比5.7%増の39万5000人(うちオンライン会員5万4331人)。内訳はフィットネス会員3.3%増、テニスやスイミングなどのスクール会員1.1%減、オンライン会員47%増だった。セントラルスポーツもスクール会員が減少したものの、フィットネス会員は増加傾向が続いた。

コナミスポーツの売上高(コナミグループのスポーツ事業部門)は前年度比4.7%増の476億円で、セントラル(同4.1%増の453億円)を抑えて首位を維持した。ただ、両社にはコロナ前まで50億円以上の開きがあったが、ここ数年は20億円前後に縮まっている。

その主因の一つとみられるのが経営戦略の違い。コナミがコロナ禍を契機に固定費負担を抑えるため、直営店舗を30程度絞り込んで運営受託に軸足を移したのに対し、セントラルは直営店舗を維持するスタンスを変えていない。

総店舗数をみると、コナミが378施設とセントラルの241施設を圧倒する。ただ、このうち直営店舗についてはセントラルが181施設で、コナミの166施設(スクールを一部含む)を上回る。

ティップネス、4年ぶりに営業黒字

本業のもうけを示す営業損益は光熱費の上昇による施設運営コストの増加をこなし、低水準ながら増益を確保。全社的な省エネ対策や、政府の電気・ガス価格激変緩和措置(電気・都市ガス料金への補助金)が奏功した。

なかでもティップネス(日本テレビホールディングス傘下)は4社中唯一、営業赤字が続いていたが、4億2300万円と4年ぶりの黒字転換(前期は5億5800万円の赤字)を果たした。最終損益にいたっては5年ぶりの黒字(1億2000万円)となった。

オアシス買収のルネサンスが首位へ

2025年3月期は業界地図が塗り替わるエポックの年になりそうだ。長らく3位が“指定席”だったルネサンスがコナミ、セントラルを追い抜き、売上高トップに躍り出ることが確実視される。今年3月末に東急スポーツオアシス(スポーツオアシスに社名変更)を連結子会社化したためだ。

オアシスは首都圏と近畿圏の都市部に合計32店舗を展開し、2024年3月期の売上高は171億円。これが加わることで、ルネサンスの売上高規模は一気に600億円超に拡大する。「業界ナンバーワンになる準備が整い、成長軌道へ向かう転換期を迎えている」と意気込む。

ルネサンスは5月に策定した4カ年の中期経営計画(2024年4月~28年3月)で最終年度に売上高750億円、営業利益55億円を掲げる。続いて2025年4月にはオアシスを本体に吸収合併する予定だ。

ルネサンスが傘下に収めたスポーツオアシス(旧東急スポーツオアシス)の都内店舗)

コナミとセントラル、逆転の可能性も

2025年3月期の売上高予想はルネサンスが18%増の630億円、コナミが2.9%増の490億円、セントラルが7.1%増の486億円(ティップネスは非公表)。

予定通りに着地しても、コナミ、セントラルは売上高500億円を超えていたコロナ前の水準には届かかず、回復半ばであることは否めない。しかも両社の予想は僅差のため、出退店の状況次第で2位、3位が入れ替わる可能性もある。

◎スポーツクラブ大手4社:2024年3月期業績(店舗数のカッコ内は直営店舗)

売上高 営業利益 店舗数
コナミスポーツ 476億円(4.7%増) 20億円(10倍) 378(166)
セントラルスポーツ 453億円(4.1%増) 26.5億円(43%増) 241(181)
ルネサンス 436億円(7.0%増) 12.6億円(85%増) 211(139)
ティップネス 264億円(1.6%増) 4.23億円(-) 154(143)

※ティップネスの直営店舗(カッコ内)には24時間ジム「FASTGYM24」90店舗を含む

文:M&A Online

【M&A Online 無料会員登録のご案内】
6000本超のM&A関連コラム読み放題!! M&Aデータベースが使い放題!!
登録無料、会員登録はここをクリック

NEXT STORY

B1優勝クラブ分析「川崎ブレイブサンダース」

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
| 5/16
2024.05.16

パナ傘下のブルーヨンダー、米ワンネットワークを買収へ 1270億円

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 3/30
2024.03.30

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5