日本テレビ放送網は、インデックスの子会社でアニメーションの製作を手がけるマッドハウス(東京都中野区。売上高36億円、営業利益8800万円、純資産2億900万円)の株式を追加取得し子会社化することを決めた。マッドハウスが実施する第三者割当増資を引き受け、株式の所有割合を10.4%から84.5%に引き上げる。取得価額は9億9900万円。取得予定日は2011年2月18日。

マッドハウスは1972年に虫プロダクションに参加していたスタッフを中心としてスタートした老舗中堅アニメ制作会社。「メトロポリス」「バンパイアハンターD」などの劇場作品や「カードキャプターさくら」「初めの一歩」といったTVシリーズなど多彩なアニメ作品を発表している。日本テレビはマッドハウスを傘下に取り込み、映画や放送、VOD配信などのグループ事業を強化する。またコンテンツビジネスに精通した人材を経営陣として派遣し、3年後に向けて年間営業利益3億円を目指す。