日本テレビ放送網は、マッドハウスが第三者割当増資により発行する新株を引受け、マッドハウスを子会社化する。

マッドハウスは、虫プロダクションに参加していたスタッフを中心としてスタートした老舗中堅アニメ制作会社。

日本テレビ放送網は、マッドハウスの株式10.4%を所有する第二位の株主。

今回、マッドハウスが行う第三者割当増資による新株128,667株を引受ることで、所有株式割合が84.5%となり、筆頭株主となる。

マッドハウスは、一株当り7,772円で発行し、発行総額は999百万円となる。