M&A速報

日本テレビHD<9404>、スキルアップ・ビデオテクノロジーの映像配信事業を取得

2018/06/28

日本テレビホールディングスは、スキルアップ・ビデオテクノロジー(東京都港区)の映像配信事業を取得することを決議した。傘下の日本テレビ放送網が設立する新会社が吸収分割により同事業を譲り受ける。

スマートデバイスの普及と通信インフラの高速化に伴い市場が急速に拡大しているインターネット動画配信への対応を加速するのが狙い。スキルアップ・ビデオテクノロジーはネット広告大手のオプトホールディングスの子会社。オプトホールディングスは映像配信事業と動画広告事業をグループの二本柱とするが、経営資源を動画広告に集中するのに伴い、映像配信事業を切り離すことにした。対象事業の売上高は22億4000万円。

取得価額は21億6400万円。取得予定日は2018年8月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

スポーツクラブが売り上げ激減、コロナで身の細る思い

スポーツクラブが売り上げ激減、コロナで身の細る思い

2020/08/12

スポーツクラブ大手の2020年4~6月期(第1四半期)決算は前年同期を6割から8割近く下回る記録的な売り上げ減に見舞われた。新型コロナウイルス感染拡大による臨時休業や営業時間の短縮が直撃し、本業のもうけを示す営業損益も赤字転落が続出した。

スポーツクラブが悲鳴! コロナで「入会減・退会増」の八方ふさがり

スポーツクラブが悲鳴! コロナで「入会減・退会増」の八方ふさがり

2020/05/16

スポーツクラブ大手の2020年3月期決算は軒並み、減収減益に見舞われた。新型コロナの感染拡大で3月以降、臨時休業に入ったことで休会者や退会者が急増。さらに春の入会者獲得も完全にあてが外れ、先行きの業績にも暗雲が漂っている。

独自の日本株戦略を持つRMB Capital Managementとは

独自の日本株戦略を持つRMB Capital Managementとは

2020/01/30

日本での活動を消極化させているように見えるRMB Capital Managementは、今後どのような動きにでるのだろうか。大量保有報告書の提出内容を分析してみると、戦略の一端が見えてくる。

日韓関係悪化の中、企業買収が回復傾向に 

日韓関係悪化の中、企業買収が回復傾向に 

2019/10/04

韓国関連のM&A件数が回復傾向にある。2019年上期(1-6月)に2件にとどまっていたのが、7-9月に3件増え、5件となった。 日韓関係の悪化がM&Aに与える影響は小さそうだ。

日本が「中国買い、韓国売り」を打ち出す理由とは

日本が「中国買い、韓国売り」を打ち出す理由とは

2019/07/10

日本企業が中国と韓国で行うM&Aに変化の兆しが現れてきた。中国ではビジネスを拡大するために買収を積極化している一方、韓国では譲渡が買収を上回ってきた。

2019年M&A戦線は波乱含みか? 買収撤回・延期すでに3件

2019年M&A戦線は波乱含みか? 買収撤回・延期すでに3件

2019/01/25

M&Aの中止や延期がここへきて相次いでいる。東証の「適時開示」ベースで調べたところ、1月だけで買収中止が2件、延期が1件あった(24日現在)。2018年は年間を通じてM&A中止は3件(うち1件売却)に過ぎず、年明け以降の突出ぶりが目立つ。

東京オリンピックに期待 -フィットネス業界のM&A事情

東京オリンピックに期待 -フィットネス業界のM&A事情

2017/09/13

2020年の東京オリンピックに照準を合わせている業界は多い。今回は、熱い競争が繰り広げられているフィットネス業界のM&A事情を取り上げてみたい。

【オプトホールディング】投資育成事業が成長の牽引役に

【オプトホールディング】投資育成事業が成長の牽引役に

2017/07/25

インターネットのマーケティング支援企業であるオプトホールディングは、ネット広告業界ではサイバーエージェント、アイレップ、セプテーニと並ぶ主要4社に数えられる。同社はどのようなM&A(資本・業務提携)を活用し、成長軌道を描いてきたのだろうか。

インターネット広告業界大手4社のM&A

インターネット広告業界大手4社のM&A

2017/06/14

インターネット広告業界はM&Aや他社との提携が社運を左右する業界といえる。今回は主要4社であるサイバーエージェント、オプト、セプテーニ、アイレップのM&Aについて近況をまとめてみたい。

【日本テレビホールディングス】テレビ局からの脱皮を図るM&A戦略

【日本テレビホールディングス】テレビ局からの脱皮を図るM&A戦略

2016/08/22

過去に9年連続で視聴率四冠王に輝き、近年も14年、15年と2年連続で年間・年度平均視聴率三冠王を達成している日本テレビ。だが、テレビ視聴者数とそれに伴う広告収入が減少する流れを変えられない今、他事業への多角化が必要となっている。これまでのM&Aと業績、総資産、純資産、自己資本比率の推移を見てみる。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア