ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「TOBってなあに? もうかるの?」 第2回

alt

TOBの論点その2 「のれん」って?

 買収価格は「のれん」とも裏腹の関係にあります。買収価格が売買対象の純資産時価よりも高ければ「のれん」が大きくなりますし、その後、買収側の会社の業績にも与える影響が大きいのです。

 参考:「企業結合に関する会計基準 」
 https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/documents/docs/ket...

 もしも償却する方法を採用するならば、営業利益を押し下げかねませんし、買収した後に業績が下がれば、のれんの減損の問題も出てきます。

 東芝のように償却をしない方法であっても減損の問題は出ますし、株主さんから「あの、のれん、大丈夫?」と思われたりもしますしね。

 参考:「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針 」
 https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/documents/docs/imp...

 いずれにせよ、イオンディライトの例では、300円台の株価が800円になるというのですから、これらのプレスリリースがされる前の「企業価値算定」や「打ち合わせ」などの作業は、インサイダー情報なのです。

 もし「800円で売れる」と分かっていたら、フツーは買っちゃおう! と思いますよね。作業に携わる人たちは、ずっと・・・周囲にばれないように・・・情報が漏れないように・・・(フゥ)計算しなければなりません。

 それに通常、このような案件は何カ月も前から進行しています。もちろん会計面や税務面だけでなく、資金の検討も必要ですし、場合によっては公正取引委員会 の審査などが必要なケースもあります。ですから、無事にプレスリリースが出てホッとしたことでしょう。このような事案には、必ず陰で頑張っている裏方さん達がいるのです。

 本日はここまで。次回は「全部買い取ってもらえないバージョン」についてお話しますね。

「TOBってなあに? もうかるの?第1回目、TOBの実例」を読む


[著]節税ヒントがあるかもブログ メタボ税理士さん
[編集]M&A Online編集部
本記事は、「節税ヒントがあるかもブログ」に掲載された記事を再編集しております。
原文をお読みになりたい方は、こちらから
http://ameblo.jp/h-k-tax/entry-12090046068.html

メタボ税理士 さん

節税ヒントがあるかもブログを運営している東京都中央区のメタボ税理士です。少しでも、ホンのちょっとでも、お役に立てたら嬉しいです。よろしくお願いします(^^

ブログはこちらから http://ameblo.jp/h-k-tax/


NEXT STORY

「TOBってなあに? もうかるの?」

「TOBってなあに? もうかるの?」

2016/08/01

KDDIと住友商事によるジュピターテレコム(J:COM)の買収で、海外投資家らがTOBの買い付けに応じない株主から強制的に株を買い取る際の価格が「低すぎる」と申し立てた主張を、最高裁が退けたのは記憶に新しいところ。TOBを投資の目線で見るとどうなるのだろうか?「節税ヒントがあるかもブログ」のメタボ税理士が、全3回でTOBについて分かりやすく解説する。